アニメや映像は、いつの時代も子ども心を捉えて離しませんよね。「もっとアニメや映像ができる仕組みについて知りたい! 学びたい!」
という子どものぴったりな施設がありますよ。東京都と埼玉県にある代表的なアニメ&映像ミュージアムをご紹介します。

【1】杉並アニメーションミュージアム


大好きなアニメについて学べる


杉並アニメーションミュージアムは、大好きなアニメについて簡単に学べる、都内でも有名なミュージアムです。今年で10周年だそうです。
迫力の映像や音響でアニメが楽しめる「アニメシアター」や、体験プログラムが充実していることでも有名。 アフレコブースでは、アニメの吹き替えに挑戦することもできますよ。

簡単なアニメ作りができちゃう


何かと今、話題のパラパラ。簡単なアニメ制作にチャレンジできるパラパラアニメコーナーも見逃せないですよ。簡単な棒人間さえ描ければできるみたいです。チャレンジしてみましょう。

赤塚不二夫のアニメ展なのだ


おそ松くんや、天才バカボンなどでお馴染みのギャグ漫画の天才、赤塚不二夫先生の生誕80年を記念し、2015年5月24日(日)まで企画展が開催されています。
アニメ上映や、レレレのおじさんと一緒に写真が撮れるコーナーもあります。パパママ世代には、懐かしく、子どもには新しい世界を満喫してはいかがですか。
ワークショップは、いろいろ開催されています。大人も子どもも入場無料なので、何度でも気軽に遊びに行きたくなりますね。
2015年6月中旬~7月中旬まで、耐震補強工事のため臨時休館の予定です。おでかけの際は、ご注意ください。

住所や電話番号など詳細はこちら


杉並アニメーションミュージアム


パラパラアニメ体験


赤塚不二夫生誕80年! 赤塚不二夫のアニメ展なのだ


【2】SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム


テレビ・映画の仕組みが学べる


SKIPシティ 映像ミュージアムは、埼玉県川口市にあるSKIPシティ、彩の国ビジュアルプラザの中にあります。映像の歴史について学べたり、仕組みについて知ったりしながら知識を深められるミュージアムです。
入場料金は、大人510円、小中学生250円、常設展示・企画展示共通です。ベビーカーを利用でき、授乳施設やおむつ交換台もあります。
常設展の映像学習ゾーンでは、車と背景の合成映像を体験できるおもしろコーナーがあります。2D・3Dアニメ制作体験コーナーでは、画面の中の映像や人形などを動かしながらアニメーションを作ることもできます。
映像制作ゾーンでは、「空飛ぶ魔法のじゅうたん」の体験ができます。 まるで映画のような合成が楽しめますよ。家族で盛り上がりながら遊びましょう。

忍たま乱太郎ミュージアム


2015年8月30日(日)まで、人気のアニメ「忍たま乱太郎」のミュージアムが開催しています。アフレコブースでは、憧れの声優体験もできちゃいます。
 
アニメ「忍たま乱太郎」の作り方コーナーでは、最新シリーズのアニメ台本、絵コンテなどの展示があり、シナリオ会議やアフレコ現場などの貴重な映像が見られます。

映像制作ゾーンではワークショップが充実!


映像制作ワークショップも充実しています。子ども達自身で映像を作る「キッズムービー」や、クレイアニメで映像を作る体験、編集を学べる体験などができます。クリエイター志望の子どもにぴったりです!
 
パソコンでオリジナル映像作品を作ることもできますよ。オリジナルメッセージビデオを作って、おじいちゃん、おばあちゃんにプレゼントするのも素敵ですね。

住所や電話番号など詳細はこちら


SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム


忍たま乱太郎ミュージアム


まとめ


アニメや映像のことを学ぶことで、お子さんの新たな才能を見つけることができるかもしれませんね!ワークショップや体験を通じて、楽しみながらキッズの才能を伸ばしましょう!

今回ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1-1】杉並アニメーションミュージアム


【1-2】パラパラアニメ体験


【1-3】赤塚不二夫生誕80年! 赤塚不二夫のアニメ展なのだ


【2-1】SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム


【2-2】忍たま乱太郎ミュージアム


「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。