お台場にある「トリックアート迷宮館」も人気スポットですが、都内にはもうひとつ、大きなトリックアートの美術館があります。それが、京王線の高尾山口駅からすぐそばにある「トリックアート美術館」です。
トリックアートとはそもそも、遠近法や陰影術を用いて作られた「だまし絵」です。 そんなトリックアートを眺めるのもよし、自分が作品の中に入りこんじゃうことだって可能!写真撮影もOKなので、たくさん記念撮影したいですね。
アトラクション顔負けに、アクティブに遊びながらアートを楽しむことができるスポットです。

トリックアート美術館|東京・高尾山

古代エジプトフロア|1F


トリックアート美術館の東京・高尾山の館内画像01出典:http://www.trickart.jp/floormap.html
こちらの美術館の目玉は、古代エジプトフロアです。 古代エジプトの遺跡がテーマにされており、ドキドキハラハラの大冒険が楽しめますよ!
天空にある古代神殿がテーマとなった「空中神殿」では、空を飛んだり、神殿から落っこちそうになったりしている写真も撮影できます。

NEWフロア|B1~2F


トリックアート美術館の東京・高尾山の館内画像02出典:http://www.trickart.jp/floormap.html
オリジナル作品が進化し、新しい展示エリアとしてお披露目されました。テーマはこちらもエジプトであり、さまざまな楽しみ方ができちゃうエリアとして人気を集めています。
「スフィンクス」では、こんな写真も撮影できちゃう!スフィンクスの顔からぶら下がったり、ビューンと空を飛んでみたり。工夫次第でいろんな写真が撮れちゃいます。
トリックアート美術館の東京・高尾山の館内画像03出典:http://www.trickart.jp/floormap.html
スリル満点の写真が撮りたいなら「恐怖のアラブの牢獄」はいかがでしょうか。ライオンに頭からかじられちゃいそうな、迫力満点の写真を撮ることができます。

トリック体験フロア|2F


トリックアート美術館の東京・高尾山の館内画像04出典:http://www.trickart.jp/floormap.html
トリックアートのなぜ?どうして?がわかりやすく説明された展示フロアです。 実際に触ったり、体感したりしながらトリックアートの仕組みが学べます。
トリックアート美術館では有名な「エイムズの部屋」です。片方に立つと大きく見えてしまい、もう片方に立てば小さく見えてしまいます。
「水のない水族館」では、絵から飛び出してきた魚やサメ、クジラたちと写真が撮影できます。まるで絵から飛び出してきたような動物たちと、一緒にパチリ。とってもいい記念になりそうです。
トリックアート美術館の東京・高尾山の館内画像05出典:http://www.trickart.jp/gallery.html
また、ちょっぴりユニークなしかけがあるのもトリックアート美術館ならでは。あっ、千円札!と思って拾おうとしても、そこには床しかありません。よーく目を凝らしてみて下さい。これもなんと、トリックアートなんですよ。
こんな面白い工夫が、そこかしこにされているんです。

まとめ


いかがでしたか?アートを体験しながら、楽しむという貴重な経験ができるトリックアート美術館。高尾山に登ったついでに立ち寄ってもいいですし、ドライブがてら立ち寄るのもおすすめです。素晴らしい景色を楽しみながら、トリックアートを満喫しましょう!

「今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら」


トリックアート美術館|高尾山


「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード