ツロブテロール貼付薬 (ホクナリンテープ、セキナリンテープ、ツロブテロールテープなど) の正しい使い方

子ども 熱,

ツロブテロール貼付薬(ホクナリンテープ、セキナリンテープ、ツロブテロールテープ)は、体に貼るお薬です。

この貼るお薬は手軽ではありますが、危険も付き物。お子さんにとって、本当に必要なお薬を必要な時に使うことがお子様の健康を守ることにつながります。

365日年中無休で診療をする小児科クリニック「キャップスクリニック」では、小児科受診前に保護者の皆さんに知ってほしい病気と健康の知識として、貼るお薬の使い方について、以下のように説明をしています。

ツロブテロール貼付薬について知っておくべきポイント

・ツロブテロール貼付薬は、咳を止める薬ではありません。

・狭くなった気管支を広げる効果があります。

・気管支炎で気管支が狭くなった状態を緩和したり、気管支喘息長期コントロール薬として使用します。

・薬の効果が出るまでに6~8時間程度かかります。24時間以上持続して気管支を広げる効果があります。

・副反応、副作用として、体液の中に入っているカリウムという大切な物質が体外に出て、筋力の低下や動悸、不整脈などを引き起こしたり、重篤なアレルギー症状を呈する場合もあります。

,

※365日年中無休で開院する小児科「キャップスクリニック」提供

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。