梅雨の季節は、お出かけする時に場所選びの工夫が必要ですよね。雨を気にせずに、親子で楽しみたい。
 
そんなアクティブ派の親子には「体験型」施設ならぴったり!乗り物好きのこどもなら、きっとはまるスポットです。
 

「電車とバスの博物館」


東急田園都市線宮崎台駅に直結している「電車とバスの博物館」。中では東急線の旧型車両・バスの運転や、飛行機の操縦体験ができます!
 
乗り物に興味を持ち始めるころの子どもだけでなく、大人もはまること間違いなしの体験ブースと展示ブースがあります。
 
電車とバスの博物館

出典:http://www.tokyu.co.jp/museum/#floor-introduction

 
 

最初からワクワクさせる入口!


入館すると、さっそくワクワク感をあげてくれる電車と駅。車内アナウンスを操作できるコーナーは子どもと一緒にぜひ!!1・2階の展示コーナーは、バスや電車の乗車&運転体験ができたり、電車を休憩スペースに開放されていて、お弁当を食べることもできます。
 
子どもと一緒に撮影したくなるスポットが満載なので、ぜひカメラ持参で!
 

電車とバスの博物館の入口
出典:http://www.tokyu.co.jp/museum/#floor-introduction
 
 

パパがはまる!?HOゲージ模型


3・4階には、大きな鉄道ゲージがあり、子どもだけでなく、パパがはまりそうなパノラマ感です。シアター制になっているので、上映時間を確認しながら楽しんでくださいね。
 

電車とバスの博物館のHOゲージ模型
出典:http://www.tokyu.co.jp/museum/#floor-introduction
 
 

懐かしい風景を再現!


昭和30~40年代の風景などが再現されているので、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に来ても楽しめます。若い頃の思い出話なんかも出てきてしまうかも♪家族みんなで記念写真を撮りたくなる素敵な駅舎です。
 

電車とバスの博物館の懐かしい風景
出典:http://www.tokyu.co.jp/museum/#floor-introduction
 

 

気分はパイロット!


「イベント館」では、飛行機の操作体験ができちゃいます!なかなか味わえないことなので、ここは外さずに体験したいスポット。日祝日には図書室も利用できるので、休憩しつつゆっくりと乗り物の本を楽しむのも、小さな子連れにはピッタリだと思います。

 

電車とバスの博物館のイベント館
出典:http://www.tokyu.co.jp/museum/#floor-introduction
 
 

最後に


あっという間に1日過ぎちゃうこと必至の博物館です。長居しそうだなぁと思っても大丈夫☆お弁当を食べるスペースがあるので、事前に用意をすればリーズナブルに楽しめます♪
是非、子鉄教育に励んでください!!

 

 

今回、ご紹介したスポットはこちら


電車とバスの博物館


 

 
・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。