旅行先選びで気をつけたいポイント3選

【1】直行便

飛行機のウイング,子連れ,旅行,海外

ひとつ目は、日本からの直行便があることです。

異国の空港で、小さい子どもを連れての乗り継ぎは、想像以上に疲れます。
その先に待っている旅行を存分に楽しむためにも、できるだけ直行便を選ぶほうが賢明です。

予約時には、直行便かどうかもチェックして、おくことをおすすめします。

【2】フライト時間

,子連れ,旅行,海外

ふたつ目は、フライト時間が短めなこと。

機内で過ごす時間を、“旅最大の難関”と捉えているママ&パパは多いようです。
すぐに飽きてしまったり、大声を出したりと、親のほうが泣きたくなることもしばしば(涙)。

子連れ海外旅行デビュー戦ならば、まずは3~4時間で着く旅先をおすすめします。
ちなみに、人気のグアムは約3時間40分のフライト時間!

ハワイは約6時間45分と長めですが、日本発が夜便なので、機内でぐっすり眠ってくれれば意外とあっという間です。

【3】時差

手に乗った地球儀,子連れ,旅行,海外

最後は、時差が少ないこと。

いつも寝ている赤ちゃんでさえ、時差は体のリズムを乱すものです。

ヨーロッパなどかなり時差のあるエリアでは、日中はオネムで、夜中に目が覚めて親のほうが疲れ果てる、なんていう体験談をよく聞きます。

人気のハワイは、時差がマイナス19時間。午前中に到着するので、午後のお昼寝は早めに切り上げ、夜しっかり寝かせてあげることがポイントですよ!

より深く情報を知りたい方は『子どもと一緒に海外旅行!』をご覧ください!

ダイヤモンド・セレクト『子どもと一緒に海外旅行!』

,子連れ,旅行,海外

ここまでの3つのポイントを参考に、次はいよいよ旅先を選びましょう。

『子どもと一緒に海外旅行!』では、家族旅行におすすめしたい世界15の国とエリアを紹介しています。
ハワイやグアムといった人気のエリアはもちろん、パラオやドバイなどちょっと意外?な旅先も入っています。

子どもの年齢別にできることや、現地の設備などをチェックしながら、家族で行きたいところを探してくださいね。

【紹介エリア】
ハワイ/シンガポール/グアム/台湾/サイパン・テニアン・ロタ/セブ/ソウル/パラオ/ケアンズ/コタ・キナバル/プーケット/バリ島/ドバイ/アメリカ西海岸/パリ

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

エアライン選び1つでも、様々な選択肢がありますので、ご自身のプランにあった条件で、エアラインを選んでみてください!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。