ポイント

3980円以上のお買い物で送料が無料に

◎一つの店舗で3980円以上の商品を購入した場合、一律で送料無料
◎沖縄、離島は対象外となる予定


※公正取引委員会が出店者側の事情聴取を開始し、独占禁止法の禁じる「優越的地位の乱用」に該当しないか調査中

半数のママパパは楽天市場の利用頻度は変わらない

質問

「 3月18日以降、あなたの家族が楽天市場でお買い物をする頻度は増えると思いますか? 」

回答

送料無料後の楽天使用頻度,楽天,送料無料,

・はい    37%
・変わらない 53%

・いいえ   10%

「変わらない」「減る」という回答の方が6割を占め、多数派でした。
無料化のために3980円以上の購入が必要なことや、沖縄県・離島は対象外といった条件があるために利用頻度を増やすまではいかないのかもしれません。

一方で、4割近くが「増える」と回答しており、無料化によって普段の買い物の負担が減ることや、送料込みの値段が表示されるため検索がしやすくなるとの声も聞かれました。

口コミ

無料化賛成派

「送料って何気に気になるし無料は本当に大きいと思うことなので、すごく嬉しいし少しでも安くなるならもちろん利用すると思うので、とても良いと思います。」(0歳児のママ)

「お店側としては利益が少なくなるから嫌な話かもしれないがこちらとしては送料が無料になるのはうれしい。がんばって3980円にして送料無料になるようにする人が増えてお店側としても長い期間で見れば得になるのではないかと思う。」(1歳児のママ)

無料化反対派

「送料を楽天が負担するのなら嬉しかったが、ニュースを見てしまうと楽天で買い物をするとお店が困るのではないかと思い、楽天を利用しにくくなる。」(1歳児のママ)

「楽天市場は送料がかかるのが普通だと思ってたから、今さら制度を変える必要もなかったのかなと思う。それによって楽天市場から撤退した店もあるようだし、今回の楽天市場の決断は失敗だったのではないかと思う。」(0歳児のママ)

その他の意見

「価格がもう少し低ければ使用すると思う。例えば2000円とか。」(0歳児のママ)

「送料を無料にすることより、楽天の商品ページや注文ページの見づらさ・使いづらさを改善してほしいと思った。」(0歳児のママ)

調査概要

※調査手法:Webアンケート
※調査対象:コズレ会員
※実施期間2020.02.03
※n=190

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード