Q.1歳9ヶ月の息子が今ちょうどイヤイヤ期で疲れきっています

avator
特に食事の時は皿やコップをひっくり返す始末です。まだ2歳になっていないので、ママ友からは「早いね、大変だね」って言われます。
対応に困っているのですがどうすれば良いでしょうか。また、大体どのくらいまで続くのかも知りたいです。

ピックアップアンサー,イヤイヤ期,1歳,

A.子どもと一緒にイヤイヤ言ってみたら、親子で笑えるようになった!

avator
私はイヤイヤってなった時は、自分もイヤイヤって子どもみたいになってやってみます。
そしたらなんかバカみたいって思えて笑えてきて、そしたら子どもも何か面白くなってきて元々嫌だったことを忘れてしまうみたいです。

編集部のコメント

子どもがイヤイヤした時は、自分もイヤイヤしてみる、という先輩ママのユニークな体験談をピックアップしてみました。

結果、子どもも笑顔になってくれたということは、効果はあったようですね。

みなさんから寄せられた対策の中で多かったのが「共感してみる」「子どもの気持ちに寄り添う」という内容でした。

一緒にイヤイヤしてみるというのも一種の「子どもの気持ちに寄り添う」という方法なのかもしれません。

イラっとしてしまうのは当たり前という前提で、心にゆとりを持てる時には、違った方法でアプローチしてみてはいかがでしょうか?

A.イヤイヤに直面した時のイヤイヤ期対策

イヤイヤに直面した時の対策を教えてくれたママ達からの口コミ

avator ayk616さん
叱るとますます反抗するので楽しい雰囲気でやってほしいことに誘導します。
例えばお布団で寝よう?やだ!となった場合は、寝なさいと叱っても泣くだけです。
そこでぬいぐるみとお布団に入るまで競争だ!とゲーム感覚でお布団に行かせる感じで。

avator mmmsさん
試行錯誤をして、そのときの機嫌に合わせどうしたらイヤイヤが悪化しないかなど心がけて接するようにしています。
おむつ替えをイヤイヤするときは終わったら〇〇しようかー!など好きなことを提案して気をそらしながら行います。

avator chaa1015さん
我が子もまさにイヤイヤ期です。
こちらの意思が伝わるようになってきたと思っているからこそ子どもが言うことを聞かなかったりすることにイライラしてしまうことも増えています。
私はできるだけ子どもの立場に立って考え共感することを意識しています。
大抵の場合はこちらの都合に合わないことをされるとイライラしてしまうのではないでしょうか。
こちらの都合を一度忘れ「もっと◯◯したいんだね?」とか「今日は◯◯な気分じゃないんだね?」なんてこちらが一歩譲ることで子どもも自然に歩み寄ってくる気がしています。

avator ゆっちー1188さん
本人が満足するまで自分でやらせるように心掛けました。
悪い事はしっかりと叱りますが、時間が許す限りはやらせたいようにやらせています。
また、片付けや上手に食べれた時などはいっぱい褒めて、出来る事が増えるようにしています。

avator ぼーちゃんマンさん
イヤイヤ真っ最中は、何を言っても怒り狂っていて、地面に寝そべって大泣きしている娘。
いつもは、〇〇したい?これとあれ、どっちがいい?などと質問したりしていたが全てイヤで返されて効果はまったくなし。
何を求めているのかよくわからなくて途方にくれていたが、ある日、そうだね辛かったね。と共感するように語りかけるとスーッと落ち着いた。
毎回この手が通じる訳ではないけど、理解して欲しかったのか!と対処法が一つ増えてとてもうれしかった。

編集部からのコメント

外出先や急いでいる時などに子どもにイヤイヤをされてしまうと、親としては焦ったりイライラしてしまいがちですよね。

そんな時は子どもの気持ちに同調してあげたり、一度譲ってあげてみると効果がありそうです。

また、悪いことをした時は叱り、良いことをしてくれた時はたくさん褒めるなど小さな成功を積ませてあげることも大切ですね。

A.事前にできるイヤイヤ期対策

イヤイヤ期 1歳,イヤイヤ期,1歳,

事前にイヤイヤ対策しているママ達からの口コミ

avator Aloha111さん
私のスマホいじりが大好きな1歳8ヶ月の娘。
なるべくスマホを触らせたくないため、また外出時のクズリ対策に100均で新しいおもちゃやシールを購入しておき外出時に与えてます。
長くは続かないですが、スマホ画面を長時間ジーっと見るよりは良いかなと。

avator 匿名さん
娘の場合はおむつがいやいや、服がいやいやになってしまい…最初から2種類用意してどっちがいい?と選べる状況にしたり、おむつに関しては絵を書いてあげたりしました。
アンパンマンが好きだったので、おむつの種類を変えたこともあります。
服に関しても、猫がいい日もあればパンダがいい、キティちゃんがいいなど、日によって要望が違いましたが、なんとか乗りきれそうです。

avator 匿名さん
携帯にあらかじめ撮ってある、本人が泣いている動画を見せると少し落ち着きます。
ギャン泣きしていても気づいたら夢中で見ていたりします。なんで泣いてるんだろ!と冷静になります。笑
毎回だと飽きますがたまに見せるとききます。

avator 匿名さん
3歳になる娘がいます。イヤイヤはまだ続いています。
嫌がられると困ることがある時は前もってお話しします。うちの場合カッパを着たがらず、困りました。
雨が降りそうな時は前の日から「明日は雨が降るからカッパ着て行こうね。」朝起きてから、「今日は雨降ってるからカッパ着ようね。」と伝えて了解を得られるとイヤイヤ言う時もありますが、さっきお話していいよって言ってくれたよね?と話すと納得してくれることが多かったです。
あとは好きなキャラクターに着せてみたりやお友達が来ているのみて、着れるのカッコいいね。
着てみようか?とほめながら誘うと着てくれます。

avator りっとん☆さん
2歳3ヶ月のイヤイヤ真っ只中です。
ウチの場合、イヤイヤ時には叱ったりムリに何かさせようとするとエスカレートしてしまうので、周りの迷惑にならない程度に見守っています。
毎日朝ごはんのときに、今日は◯◯へ行くよ。△△出来るかな?。など、当日の予定などを話す様にしています。
聞いていないようで、子どもは意外とちゃんと覚えています。
それから、何をするにも通常の倍以上の時間がかかる想定で時間に余裕をもって行動すれば、親側もイライラせずに見守ることが出来ると思います。
少し落ち着いたタイミングで◯◯したかったね。など気持ちを代弁した上で、ダメの理由を説明して、次の行動へ促す説得をしています。

編集部からのコメント

毎回突然はじまるように見えるイヤイヤでも、何度か繰り返す内にママも子どものイヤイヤ発動スイッチのパターンが掴めてくるもの。

事前にイヤイヤがおさまりそうなグッズを用意したり、「これはイヤ!」に備えて選択肢を用意しておくと役立ちそう。

また、何かをする前に説明したり、一日の予定を伝えておくと子どもも見通しが立てやすくスムーズに動いてくれるかもしれませんね。

A.パパができるイヤイヤ期対策

パパにイヤイヤの相手をしてもらっているママ達からの口コミ

avator こな&ももさん
2歳7ヶ月になる娘が絶賛イヤイヤ期の真っ只中です。5月に弟が生まれたんですが酷くなったような気がします。
私は赤ちゃんの世話でいっぱいいっぱいで暴れたりするとついイライラしてしまい叱ってしまいます。
それにひきかえ旦那は娘の話をしっかり聞いて優しく諭してます。

avator RiiiSaaaさん
パパと話し合って決めたのは逃げ道を作ることです。イライラしながらの対応は悪循環しかなく、こまめに対応を交代することで、余裕もできます。
パパは仕事で疲れているのだから、ママが対応しなければならないと思っていましたが、そうではなく、余裕がある方が対応することで、子どもの気も収まりやすくなったと思います。

avator えり67さん
我が子はかわいいとはいえ、やはり毎日イヤイヤが続くと精神的に参ってしまう日もあります。
休みの日に子どもを見るからと一人の時間をくれたり、家事を少し手伝ってくれたり、そんな時にパパが手助けしてくれるだけで、だいぶ違います。

編集部からのコメント

毎日子どものイヤイヤが続くと、ママもだんだん疲れやストレスがたまってしまいますよね。そんな時はパパにバトンタッチするのもおすすめです。

パパの休みにゆっくりさせてあげたいとつい遠慮してしまいがちですが、子どもの成長に向き合ってもらうことでパパも育児スキルが上がりそう。

ママもたまには一人の時間を作ってリフレッシュすることで、イヤイヤに付き合う余裕を持てるようになるかもしれませんよ。

まとめ

今回は「1歳のイヤイヤ」への対策をご紹介しました。

1歳の赤ちゃんにイヤイヤをされると、まだ言葉も伝わりにくいのでママも参ってしまいがち。そんな時は時間に余裕を持って行動したり、1人で抱え込まずパパや家族、支援センターなどに頼ると息抜きできそう。

「イヤイヤが始まったみたいだけど、どうすればいいかな」としんどい時は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード