荒野に立つ旅人は、青年にできるだけ遠くに跳ぶように伝えます。青年は2度目に跳ぶ際にポケットから「お金」(お札と硬貨)を取り出します。すると、1度目より遠くに飛べたのでした。

いかがだったでしょうか?

この動画がテーマとしているのは「お金」という概念です。普段は現金を使ってお買い物をしている方が多いと思います。現金さえお財布に入っていれば、どこに行ってもなんとかなるという安心感を持っているからかもしれません。

しかし毎日の生活を振り返ってみると、現金を使うことによって生まれる「不便」も実は存在しているんじゃないでしょうか。もしかしたら、現金を使うことが当たり前になりすぎていて、「不便」を感じなくなってしまっているのかも…。

レジの会計の際に財布の中から小銭を探す…これも現金ならではの「不便」です。

キャッシュレス決済であればカードを渡すだけ、QRコードを見せるだけで会計を済ませることができます。「じっとしてて!」なんて子どもに怒らなくても大丈夫です。

国も後押しする「キャッシュレス」社会を考えるムービー

最近は政府もキャッシュレス化に力を入れているということもあり、現金を持たなくてもいい環境ができつつありますし、アプリなどでお金の管理や支出の見直しなどがしやすくなっています。

電子マネーやクレジットカード決済では、様々なポイント付与やキャンペーンなどが実施されており、現金を使うよりもお得。うまく活用していけば日々の生活の中でいつのまにかポイントが貯まっているなんてことも!

もちろん、決して現金を持つことを否定しているわけではありません。「Thinking Man」はプロローグ篇も入れて計4話が制作されています。第3話において、青木崇高さん演じる旅人が「お金を持っているのはむしろ特別な時って考えたら?いつもは身軽に。時々、思い出の印に」と小栗旬さん演じる青年に言葉を投げかけています。お年玉やお小遣いのように特別な瞬間は現金の方が子どもも喜びを感じやすいでしょう。

便利なキャッシュレス決済を上手に使うことで、子どもとのお買い物やちょっとしたおでかけを、今よりもっと楽しい時間にしてみてはいかがでしょうか?

なお、以下の特設サイトから全ての動画を見ることができます。「お金」や「キャッシュレス」について興味が湧いてきたなら、一度ご覧になってみてください。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード