今、話題の「液体ミルク」 ここがすごい!けど、こんな不安も

2019年の春、長く待ち望まれていた液体ミルクがついに発売。その魅力を再確認しながら、液体ミルクの印象について先輩ママパパに聞いてみた結果をご紹介いたします!

液体だから、哺乳瓶に注いでそのまま飲んでもらえる

液体ミルク最大のメリットはやはり、常温でそのまま赤ちゃんに与えることができる点にあります。

これまでのように粉ミルクで必要だった「調乳」が要らないため、授乳の時間が大幅に減ることへ大きな期待が寄せられています。消毒された哺乳瓶に注げば、すぐ赤ちゃんのおなかを満たせてあげられるなんて、素晴らしいですよね。

ママのおっぱいが出なくなってしまった時、パパやじぃじやばぁばがミルクをあげる時、おでかけの時など、日常的な「いざ」という時にももちろん大助かり。

それだけでなく災害などの緊急時に役立つことから、子育て家庭だけでなく、社会的な話題となりつつあるのです。

先輩ママパパはどんな反応?興味はあるけど、まだ不安…

ところで、先輩ママパパはどのような印象を持っているのでしょうか。

とても便利なため興味しんしんの方、好意的なコメントが多い反面、日本ではようやく販売が開始されたばかりということもあり、未知のことに対する不安があるのも確かです。

「液体ミルクに関してあまり知識がなく知らないことが多いため安易に使ってみようとは思わない」(chiaki0266さん)

「まだ日本に出てきたばかりなので不安」(rieko1991さん)

今まで日本に存在しなかったわけですから、慎重な方がいるのも無理はありません。

コズレが行ったアンケート(※)では、日常的にすぐ使いたい!方よりも「災害時などの緊急時」での使用をイメージしている方のほうが多い(下図)という結果が得られました。

使用するシーン,液体ミルク,

※【液体ミルク】に関するWebアンケート※実施期間2018.12.28-2019.01.07※n=2,664

普段、意識することはあまりないかもしれませんが、今回はそうした災害時など緊急時の授乳について考えてみましょう。

日本は季節を問わず、自然災害が…。その時、赤ちゃんを守るには!?

台風や大雨、地震などが全国各地で発生

雷雨,液体ミルク,

ここ数年、台風や大雨による水害や各地で起こる地震のニュースを耳にすることが少なくありません。

しかも、そうした自然災害は日本中で発生するため、もはや誰にとっても「他人事」ではないと言えること。そんな時、いちばん助けが必要なのは自ら栄養を摂ることができない、赤ちゃんです。

水が出ない!電気が消えて暗い!場所がない!など、調乳ができないケースも

地震で避難する母子,液体ミルク,

災害の状況によっては断水や停電、ガスが止まることなどにより「水が出ない」「お湯を沸かせない」「暗くて調乳が思うようにできない」ことが十分に考えられます。

そのような事態ではたとえ粉ミルクなどの用意があったとしても、赤ちゃんの空腹を満たすことができず、わが子につらい思いをさせてしまいます。

避難所や戸外など自宅以外ではそもそも、ミルクを作ったり授乳したりするのにふさわしい場所さえないかもしれないのです。

もしもミルクが入っている容器に衝撃が加わったら大変

また、仮に液体ミルクを備蓄していても、その容器に何らかの衝撃が加わってしまった場合、中身のミルクが傷んだり、こぼれたりする可能性すらあるのです。

ミルクは赤ちゃんにとって、命にかかわる大切なもの。どのような状況下でも、ミルクとしての品質が悪くなるようなことがあってはなりません。

さらに、災害はいつ起こるか予測できないため長期の保存に適した容器でなければなりません。

ミルクNO.1の『明治ほほえみ』からついに液体ミルクが誕生!

そのような不安を解消してくれる液体ミルクとして、粉ミルクNo1.(※1)のブランド『明治ほほえみ』が満を持して液体ミルクを発売!

※1 インテージSDI ベビー専門店含む全国全業態、育児用ミルク市場 2018年1月~2018年12月メーカーシェア(物量・金額)

栄養成分はママの母乳がお手本!だから安心なのです

『明治ほほえみ らくらくミルク』,液体ミルク,

その名も『明治ほほえみ らくらくミルク』。『明治ほほえみ』といえば、粉ミルクやキューブタイプなど利用者のさまざまなニーズに合わせた幅広いラインナップを展開する信頼のブランド。

ママのおっぱいをお手本にした「母乳サイエンス」から生まれたミルクブランドとして不動の地位を築いています。

母乳調査,液体ミルク,

これまでに4千人以上もの「母乳調査」(写真上)、40年以上にわたる「発育調査」を実施、延べ20万人以上!の赤ちゃんの発育を調べ続けて、その成果をもとに開発された理想的なミルクなのです。

液体ミルクの『明治ほほえみ らくらくミルク』はそれら既存の『明治ほほえみ』各アイテムと栄養の基本設計は同じなんです!

タフなスチール缶で、中身のミルクはしっかりガード!

赤ちゃんにとって理想的なミルクを液体にして商品化。このチャレンジで採用された堅牢な容器がこちらです。

災害発生下の過酷な状況においてもミルクの品質を守ることが可能なスチール缶は頼もしく、備蓄にふさわしいのがポイント。液体ミルクそのものは缶へ充填された後に高温で殺菌処理がされ、密閉されているから衛生面でも安心

しかもスチール缶は光や酸素を全く通さないので中身の品質を実際に使う時までちゃんとキープしてくれるのです。つまり、保存性もばつぐん!

使い方がわかりやすい!あわてずに赤ちゃんの授乳ができる

液体ミルクを注ぐ,液体ミルク,

缶に汚れなどがないかを確認、飲み口を拭いてからプルタブを開け、消毒済みの哺乳瓶へと注ぐ。使い方はいたってシンプル、簡単なのですが、災害時に使う際は気が動転したり、一刻を争うため焦ったりしてしまう可能性も。

誤用のリスクだって決してないわけではありません。けれども『明治ほほえみ らくらくミルク』は使用方法が明快!缶の前面に使用上の注意点とともに分かりやすく記載されているのです。

※開封した後は缶、移し替えた哺乳瓶ともに飲み残しは与えないでください。

いつ起こるかわからないからこそ、ミルクの備蓄が大きな安心を生み出します

最長で1年も!保存ができるから、おうちにストックして「いざ」への備えを

防災用の備蓄,液体ミルク,

外からの衝撃に強く耐久性と保存性に優れている『明治ほほえみ らくらくミルク』。

製造工程の工夫により賞味期限は1年!国内で入手できる液体ミルクとしては最も長く保存が可能です。

前述の通り、災害はいつどこで、どのような状況下で起こるかを予想できないもの。「いざ」という時のために備蓄としてストックしておけば、それだけで大きな安心を手に入れることができるのでおすすめ。

日本気象協会も『明治ほほえみ らくらくミルク』を応援!

日本気象協会トクする!防災!,液体ミルク,

災害時のさまざまな事態を想定した『明治ほほえみ らくらくミルク』の特性から、日本気象協会も備蓄用のアイテムとして大注目しているんですよ!

明治ほほえみ らくらくミルク防災プロジェクト,液体ミルク,

協会が推進する、ちょっと楽しくちょっとおトクに防災アクション「トクする!防災」プロジェクトでお互いに防災意識を高めるパートナーとなっているのが『明治ほほえみ』防災プロジェクト。

かねてより、日本気象協会が必要性を説いてきたローリングストック法(※2)の考えに液体ミルクはぴったり合うのです。

※2 普段から少し多めに食材、加工品を買っておき、使った分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法。古いものから使い、使った分は必ず補充することで防災備蓄となる(トクする!防災より)

まとめ

少しずつその名が広まりつつある液体ミルク。知れば知るほど、「いざ」という時に頼れる存在ということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

育児の負担が軽減されるだけでなく、災害時の備えとしても大きな期待が寄せられていることを『明治ほほえみ らくらくミルク』を通じてぜひ実感してみてくださいね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。