気になる調査結果のポイントは?

●ママの大多数は赤ちゃんを連れて公共交通機関を利用することにためらいを感じる
●一方で、約8割のママは赤ちゃんの泣き声が気にならない
●さらに、公共交通機関での周りの人の反応は話しかけてくれたなど親切なものも多い
●また、抱っこする、おもちゃで遊ばせるなど泣き止ませるための様々な工夫がある

赤ちゃんを連れての公共交通機関利用について

利用にためらいを感じているママパパが大多数

公共交通機関利用,赤ちゃん,泣き声,公共交通機関

まずは、赤ちゃんを連れて公共交通機関を利用したことがあるかどうか調査しました。「はい」と答えた方が62%、「いいえ」と答えた方が38%でした。

次に、赤ちゃんが泣くことを想定して公共交通機関を利用しなかったことがあるか調査しました。

23%の方は「利用しなかったことがある」と回答。「ためらいを感じつつ利用したことがある」と合わせると、85%の方が利用することに引け目を感じていると考えられます。

赤ちゃんを連れて公共交通機関を利用したことがない方が約4割、利用にためらいを感じる方に関しては8割以上と、利用しづらさがはっきりと表れる結果になりました。

公共交通機関で赤ちゃんが泣いてしまった経験

「泣いてしまったことがある」のが多数派

泣いてしまったことがあるか,赤ちゃん,泣き声,公共交通機関

公共交通機関を利用する際、赤ちゃんが泣いてしまったことがあるかについては、66%の方が「はい」と回答しました。

次に、赤ちゃんの泣き声が迷惑になっていると感じたことがあるかについて。9割近くの方が「はい」と答えました。大多数の方が周りの人に引け目を感じているようです。

ほとんどのママパパが、多かれ少なかれ不安やストレスを感じながら赤ちゃんを連れて公共交通機関を利用しなければならない現状が伺えます。

「さまざまな工夫をしても、泣いてしまうときは仕方ない」という声が多かったです。泣くことをどう防ぐかよりも、泣いてしまった時にどうするかを考えて利用することが重要なようです。

公共交通機関で他の人の赤ちゃんの泣き声が気になるか

約8割のママが「気にならない」

気になるか,赤ちゃん,泣き声,公共交通機関

公共交通機関を利用する際、赤ちゃんの泣き声が気になったことはあるか調査したところ、「気になる」が22%、「出産後気にならなくなった」が22%、「出産前から気にならない」が56%という結果になりました。

「出産前から気にならない」方だけでも半数を超え、「出産後気にならなくなった」方も合わせると約8割の方が気にならないということになります。

もちろん、周りへの配慮や迷惑をかけないようにする努力は必要ですが、ママパパが思っているほど周りの人は気にしていないのかもしれません。

※この調査はお子さまのいるママを対象としています。

公共交通機関で赤ちゃんが泣いてしまったときの周りの反応、泣き止ませる工夫

回答者の3分の2が親切な対応をされる

反応,赤ちゃん,泣き声,公共交通機関

公共交通機関で赤ちゃんが泣いてしまったとき、周りの人がどのような反応をしたかについては、「視線を感じた」が67%と最も多かったです。

しかし、「話しかけてくれた」が50%、「あやしてくれた」が38%、「席を代わってくれた」が22%と、親切な対応を受けた方も多くいました。

上記3つの親切な対応のいずれかをされたことがあると回答した方は64%と、回答者の約3分の2を占めました。

「泣いてしまったら周りにすみませんなどの声をかけたり、泣き止まそうと努力していれば、温かく見守ってくれる人、親切な人はたくさんいる」という声が聞かれました。

「抱っこをする」など様々な泣き止ませるための工夫

工夫,赤ちゃん,泣き声,公共交通機関

赤ちゃんを泣き止ませるための工夫については、「抱っこをする」が83%、「おもちゃで遊ばせる」、「おやつや飲み物を与える」、「席を立つ」が50%以上となりました。

回答者一人当たり平均4つ以上の選択肢を回答しており、ママパパが非常に多くの工夫をしていることが分かります。「混んでいる時間を避ける」、「途中で降りてもいいように時間に余裕をもつ」などの工夫も見られました。

また、「授乳の時間を考えて、赤ちゃんが寝ている時間に利用できるようにする」という工夫も多くの方がしていました。

赤ちゃんを連れて公共交通機関を利用する際には様々な準備が必要だということを示す一方で、しっかりと準備をすればこれだけの工夫が出来るとも考えられます。

【参考】公共交通機関の利用理由

「目的地に車では行きづらいから」が47%

理由,赤ちゃん,泣き声,公共交通機関

参考として、赤ちゃんを連れて公共交通機関を利用する理由についての調査結果を載せます。

「目的地に車では行きづらいから」、「徒歩、自転車では遠いから」という回答がそれぞれ4割以上となりました。やはりほかの交通手段が使いづらいときに利用する場合が多いですね。

「経済的負担が軽いから」と答えた方は10%にとどまりました。金銭面ではなく、公共交通機関を使わざるを得ない理由がある場合が多いと推測されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今の日本で赤ちゃんを連れて公共交通機関を利用するには、不便なこと、大変なことがたくさんあると思います。しかし、本来は不安もなく堂々と利用できるものであるべきですよね。

大切なことは、赤ちゃんのためを思い、周りへの配慮を忘れないことではないでしょうか。頑張っている姿を見れば、周りの人が手を貸してくれたり、気を遣ってくれるはずです。

先輩ママパパに、みんなが公共交通機関を気持ちよく利用するためには何が必要か聞いたところ、「お互いの思いやりだと思う。私自身、親切にされる事が多いので周りの方々には感謝しかないです。」という回答がありました。

周りの人への思いやりを忘れず、堂々と気持ちよく公共交通機関を利用してくださいね!

※期間:2017年6月12日~20日、有効回答数:1,449、質問方法:webアンケート

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。