赤ちゃんと一緒に注目のキャリートラベルシステム(CTS)を体験!

赤ちゃんとのおでかけの”あるある”を解消!

アップリカベビーカーを選んでいる様子,アップリカ,海遊館,赤ちゃん

赤ちゃんとおでかけしてみて気づくことの1つ。赤ちゃんのご機嫌がコロコロと変わること。

そして、ベビーカーがいいか、抱っこひもがいいかは、その時の赤ちゃんの気分次第。だから、ベビーカーも抱っこひもも両方持ってでかけたいとは思うものの、荷物は少なくしたい。

いざでかけてみると、抱っこひもで寝ている赤ちゃんをベビーカーで寝かせようと思ったら起きてしまったり、長時間ベビーカーに乗せているとグズりだしたり…。そんなママの悩みを解決するのが、今注目のアップリカの「キャリートラベルシステム(CTS)」。特徴は、”ベビーカーに抱っこひもをセット”できること。

イベントでは、プロがお手本を披露したあと、キャリートラベルシステム(CTS)をママが赤ちゃんと体験!

赤ちゃんと一緒にベビーカーから抱っこひものまま抱っこしてみたり、抱っこひものままベビーカーに降ろしてみたり、キャリートラベルシステム(CTS)を体験してみました。

ベビーカーから抱っこひもごとサッと抱っこできる!外す必要なし!

キャリートラベルシステム(CTS)の体験の様子,アップリカ,海遊館,赤ちゃん

参加したママの生の声をご紹介。
“これまでは、やっとベビーカーにおろした…となった途端に目を覚まして泣くの繰り返しだったのに、、、。これなら抱っこひもごと寝かせられるのがラクだし、赤ちゃんもほんとうに起きなかったのがビックリ。”
“ひもがたくさんあって難しそうに思うけれど、留めないといけないバックル同士が色づけしてあるからわかりやすい。バックル部分が直接赤ちゃんにあたらないようにカバーされている配慮もさすがって感じ。”
“抱っこひもの脱着は、もう少し練習が必要そう。今日だけでマスターできたかどうかはちょっと自信がないです。これから、練習します!”今、キャリートラベルシステム(CTS)を使っている先輩ママからは、“抱っこひもの脱着は、動画を見て練習しましたよ。今はバッチリです!”といったアドバイスもありながら、様々な月齢のお子さまを持つママ同士も会話が弾みました。

”片手で押せるし、片手でラクにたためる!”

乗せ替え後にベビーカーを片手で持つ様子,アップリカ,海遊館,赤ちゃん

キャリートラベルシステム(CTS)だけでなく、ベビーカーは軽いことや操作しやすいこと、抱っこひもは素材が柔らかいことなど、それぞれの製品が、進化して使い勝手がよくなっていることに、ママから驚きの声も。
“軽いベビーカーといえば、ちょっとの段差でもひっかかってガクってなるのに、このベビーカーはとっても軽いのに段差がのぼれる。安定感もあるし小回りもスゴイ!片手で押せる。”
“抱っこひもの素材がやわらかいし、軽いからつけ心地がいいし、服がゴワゴワしないのもいい。”

おでかけマリンアートの撮影会!

ベビーカーも赤ちゃんも海のいきものに大変身!

お出かけマリンアート,アップリカ,海遊館,赤ちゃん

体験会のあとは、普段は入ることができない特別ルームで、大水槽をバックにプロカメラマンによる「おでかけマリンアート」の撮影会。

赤ちゃんたちは、ペンギン、カクレクマノミ、ゴマフアザラシに変身。そして、なんと、ベビーカーもサメ、ヤドカリ、クラゲに大変身!テーマは、「海の音楽会」!

海遊館には、ジンベエザメが2匹います。「海(かい )くん」と「遊(ゆう)ちゃん」です。「おでかけマリンアート」でも、両端にサメが2匹、こちらを見ているのがわかりますか?

そして、いよいよ、キャリートラベルシステム(CTS)で回遊。
海遊館では、入り口すぐのサービスカウンターで、ベビーカーを預けることもできます。

入ってすぐのサービスカウンターで受付。

サービスカウンターでベビーカーを預ける様子,アップリカ,海遊館,赤ちゃん

サッと抱っこ!新生児用はヨコ抱っこも対応!

キャリートラベルシステムで乗せ替えている様子,アップリカ,海遊館,赤ちゃん

“こういうときこそ、このベビーカーと抱っこひもっていいですね。大体、いつもモゴモゴして時間がかかるので、サッとできると子どもがグズらないので助かりますね。”

サッと抱っこ完了!ベビーカー、お願いします!

サービスカウンターでベビーカーを預ける様子,アップリカ,海遊館,赤ちゃん

サービスカウンターを経て、最初に通る場所がトンネル型の水槽。
海遊館に入って、最初にいきものに出会える場所です。

最初からトンネル水槽の登場で、子ども達も大興奮!ベビーカーに乗った赤ちゃんも普段と違う海の世界にキョロキョロ。

抱っこしたいときにサッと抱っこできる!

エントランスのドーム型水槽の回遊の様子,アップリカ,海遊館,赤ちゃん

“頻繁に抱っこするのも大変だけれど、これだと、子どもがせがんでもすぐに抱っこできるのがいいですね。いつもなら、まず、抱っこひもをバッグから出して、というところからなので、すごくラクです”

海遊館アザラシのドーム型水槽,アップリカ,海遊館,赤ちゃん

写真は、海遊館の新体感エリアにあるワモンアザラシの水槽。このドーム型水槽も世界最大級なんですって。なんとも幻想的な空間ですね。

赤ちゃんは、このイベント中も寝たり起きたりを繰り返していましたが、そんなときもキャリートラベルシステム(CTS)の実力を発揮。

赤ちゃんはペンギンに変身!

ペンギン着ぐるみでの記念撮影,アップリカ,海遊館,赤ちゃん

屋内ということもあり、子ども連れのおでかけに人気が高い海遊館。

今回が初めての水族館デビューの親子もいましたが、状況に応じてサッと安心して乗せかえができるキャリートラベルシステム(CTS)だから、ママも赤ちゃんもゆったりした気持ちで海遊館を楽しめました。

まとめ

赤ちゃんとのおでかけにつきものの、ベビーカーと抱っこひもの乗せかえ

今回、イベントに参加したママ達も出かける前に考えたと教えてくれました。“このイベントにもベビーカーか抱っこひもで来ようか迷ったんですー” みんな、考えることは同じ。だからこそ、その悩みを解決するキャリートラベルシステム(CTS)対応製品が便利。

ベビーカーや抱っこひもをどうしようか考えているママには、セットで使える「キャリートラベルシステム(CTS)」がおすすめです!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。