【1】セントラルスポーツ 親子スイミングスクール

一人が不安なお子さんでも大丈夫、親子で参加できるレッスンです

セントラルスポーツ,スイミング,スクール,キッズ出典:www.central.co.jp

「子どもに水泳を習わせたいけど、普段の水の怖がり方を見ていると、ちゃんとレッスンについていけるかが不安になる」
「まだ子どもが小さいので、一人でレッスンに参加させるのが心配だ」

そんな不安を抱えている親子でも安心して参加できるのが、セントラルスポーツの親子スイミングスクールです。

親子スイミングスクールは、お子さんと一緒に保護者も実際にプールに入り、そばで見守りながら参加できるレッスンです。

ただ練習を見ているというだけではなく、お子さんのレッスンのサポートをすることもあります


間近でお子さんの上達を見られるので、お子さんと一緒に達成感や喜びを分かち合えますね。
お子さんの成長と同時に、大人にとっては運動不足の解消やストレス発散になります。

体の健やかな成長はもちろんですが、集団行動に欠かせない礼儀やマナーを身につけ、社会性を養うアドバイスも行われます。お子さんの内面の成長も望めます。

参加できるのは、3歳~6歳以下の幼児及び、保護者の方。
ママ以外の保護者も参加ができるので、パパやおじいちゃん、おばあちゃんにも参加してもらえますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】ブリヂストンスポーツアリーナ 幼児学童コース

きめ細やかな指導が魅力、独自の32段階カリキュラム

ブリヂストンスポーツアリーナ,スイミング,スクール,キッズ出典:www.bssa.co.jp

ブリヂストンスポーツアリーナのスイミングスクールは、32段階の指導カリキュラムでレッスンが行われています。

きめ細やかな指導で、お子さんそれぞれのレベルに合わせて無理なく練習できます。ステップが上がる度に、1つずつワッペンがもらえます。更に進級すると、帽子のカラーが変わっていきます。

上達が目に見えて実感できるので、お子さんのやる気につながりますよ。進級のステップは「練習への参加」からスタートします。

そして、「水中歩行」や「顔付け」など、小さな成功体験を重ねていき、次第に様々な泳法を覚えていきます。

このようなゆるやかなステップアップなら、水を怖がる子どもでも少しずつ自信をつけていけそうですね!

最終的には、選手育成コースを目指すことも可能です。お子さんの一生の特技として、水泳が身についたら素敵ですよね。

幼児・学童コースは、3歳から受け入れを行っています。またこちらのスクールでは、近年注目を集めているベビースイミングのコースも開講中です。

【3】イトマンスイミングスクール 子ども向けクラス

健やかな成長を支える「スイ育」をスタートしよう!

イトマンスイミングスクール,スイミング,スクール,キッズ出典:www.itoman.com

スイミングを通して身につくのは、泳ぎの上手さだけではありません。教室に行って一人でお着替えしたり、トイレに行ったり。きちんとあいさつをする習慣も身につきます。

それがイトマンスイミングスクールの「スイ育」です。イトマンスイミングスクールは、教育業界では定評のある東進ハイスクールや四谷大塚と同じナガセグループの一員。

だからこそ泳ぎだけでなく、子どもの年齢にあった心とからだの成長を大切にしています。

こちらのスクールでは水泳初心者のお子さんも参加しやすい、「はじめての体験教室」を随時開催しています。一緒にプールに入るのは、全員おなじ初心者のお友だちです。

いきなり泳ぎの方法を教えるのではなく、まずはプールでの基本動作を丁寧に教えていきます。
できることから少しずつ始めて、水嫌いにさせないレッスンを行っています。

体験教室は2日間かけて行われるので、実際にスクールに通う感覚で参加できます。

参加対象は2歳6ヶ月のお子さんから、中学生まで。体験教室の参加料は無料となっています。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

水泳の意外な効果ってご存じですか?たとえば、喘息の改善。そして免疫力の向上など。医学的な側面からも、水泳はその効果が注目されているといいます。

お子さんの体力づくりとともに、自信に繋がる特技を身につけさせる、良いきっかけになるかと思います。

今回ご紹介したスクールは、水に慣れるところからはじめて、大会を目指すコースまで幅ひろくレッスンを行っているところばかりです。

キッズ向け、大人向けとそれぞれコースがあるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。