SENDAI 光のページェント|宮城県仙台市

SENDAI 光のページェントとは?

,仙台,光のページェント,SENDAI

仙台市の都心部、定禅寺通の東二番丁通~市民会館前のケヤキ並木は、クリスマスシーズンの2015年12月6日~12月31日の期間中17時30分~23時までイルミネーションで輝きます!

それが今回ご紹介する「SENDAI 光のページェント」です。2015年SENDAI光のページェント30周年のアニバーサリーイヤー。

街中で行われるイルミネーションなので、お買い物や遊びがてらそのまま気軽に楽しめるイルミネーションです。また17時の点灯する瞬間を体験することができそうです。

また「SENDAI 光のページェント」の特徴は、その電飾方法にあります。

ケヤキに電飾するときに、暖かい地域では12月でもまだ完全に落葉していないため、木の幹から大きな枝沿いに豆電球やLEDの電飾コードをくくりつけます。

ところが、仙台は寒い場所なので、12月にはケヤキの落葉はほとんど終わっており、枝と枝の間にも電飾コードを渡すことができるのです。

葉っぱにさえぎられることなく、密集して電飾を渡すことができる「SENDAI 光のページェント」は、電球がまるで葉のように見え、どこから見てもとても美しく輝いているのが特徴です。

このような特長もあり、眺めの良いレストランでのプランや、ヘリコプターによるナイトフライトなど上からイルミネーションを見られるようなサービスもあります。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

SENDAI 光のページェント 点灯式

,仙台,光のページェント,SENDAI

SENDAI 光のページェントの点灯式は、12月6日(日)の17時10分から始まります!会場はせんだいメディアテーク前の緑道で、華やかにイルミネーションがスタートします。

1ヶ月弱という短い期間のイルミネーションイベントですので、おでかけがてらその始まりを親子で見届けてみてはいかがでしょうか?

一斉に輝きだすイルミネーションの光景は、お子さんにとっても印象深いものになることでしょう。

この記事に関連するリンクはこちら

付近の公共施設「せんだいメディアテーク」を活用!

,仙台,光のページェント,SENDAI

子連れでSENDAI 光のページェントを体感したいときに、ぜひ利用したい場所が、点灯式の会場にもなっている「せんだいメディアテーク」という公共施設です。

せんだいメディアテーク内には、仙台市図書館があり、休館日である月曜を除く平日は午後8時まで開館しています。

土日祝日でも午後6時まで開館していますので、点灯時間までのんびり絵本を読んで過ごすこともできますよ。なお、貸出には、利用者カードが必要となります。

また、せんだいメディアテークには、簡易ベッド付の多目的トイレが各フロアについています。授乳室もありますので、乳児連れでも安心!

せんだいメディアテークの施設を把握しておけば、オムツ交換や子どもの突然の「トイレ!」、赤ちゃんの授乳タイムにも対応でき、安心してイルミネーションにでかけられますよ。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

子どもと見たいイルミネーション車や公式グッズ

,仙台,光のページェント,SENDAI

光のページェントのメインは、ケヤキ並木の電飾ですが、公園にはクリスマスらしい形のイルミネーションも!

中でも勾当台公園のヒマラヤ杉は、光のページェントのシンボルツリーで、とても大きいので、子どもたちもびっくり、大喜びすることでしょう。

また、光のページェントの期間中はページェントカーが運行します。乗り物好きの子どもに、ぜひ輝くページェントカーを見せてあげたいですね。

電飾をまとったページェントカーが、キラキラ輝きながら仙台の街を走る姿をお見逃しなく!サンタさんが乗っているときもありますので、運が良ければあえるかもしれません。

その他の光のページェントの楽しみ方として、グッズを購入するのもおすすめです。売上は光のページェントの開催資金となりますよ!

まとめ

今年30周年を迎える、仙台市冬の風物詩「SENDAI光のページェント」についてご紹介して参りました。

地元の実行委員会や学生ボランティアさんに支えられ、開催を重ねてきた地元密着型のイルミネーションならではのあたたかみと、楽しいイベント盛りだくさんのSENDAI光のページェント。

一見の価値ありですので、ぜひ仙台名物のイルミネーションをご自身の目でご覧になってみてくださいね!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。