(16)オヤバカ その1

,親ばか,オカン,劇場

特にこの時期になると、年賀状を意識して、写真の数が増える。

一番カワイイ我が子の成長を、ぜひとも親類や友人たちに見てもらいたい!

でも、子どもの写真ってとても難しい。

いっちょうらを着せ、子らの名前を叫びながら、あの手この手で撮影に勤しむ親。

カメラをじっと見てくれることなんてなかなか。

まして兄弟がいると、代わる代わるカメラは見るものの、皆の目線がカメラにあって笑顔でキレイに収まる…なんてことは奇蹟に近い。

そこで、子どもの写真撮影の時に、試していることを3つ。

(1)連写
 とにかく撮る。1枚でもいいのがあればと祈るような気持ちである・・・

(2)HDR(ハイダイナミックレンジ)
 写真の明るさを調整してくれる機能らしい。
 私の下手な写真をだいぶカバーしてもらっている。   

(3)ビデオカメラより、画像を切り出す。
 確実にシーンが網羅されているが、作業に手間がかかるのが難点・・・

********************************
それでも、毎年写真選びには頭を悩ませる。来年の年賀状、どれにしようか…!?

子どもが寝入った後、夫婦で写真を眺めながら子どもの1年を回顧する。
・・・これもまたいい時間なのかもしれない。

まとめ

それでも、「コレ!」っていう写真はなかなか難しいものです。

やっぱり「心のアルバム」に焼き付けておかないといけませんね~!

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。