忙しいママでもおうちで簡単にできるDIY写真撮影!

写真撮影に使うフォトプロップスはママの愛情手作りで

PIXTA *写真はイメージです,赤ちゃん,撮影,フォトプロップ

赤ちゃんとの写真撮影用に可愛いフォトプロップスを作ってみませんか?
材料はほとんど100円ショップで揃います!作業時間も15分程と、とても簡単です!

まず私は娘の名前の頭文字のオブジェを作ってみました。名前の頭文字を赤ちゃんの隣に置いて撮るとオリジナリティのある素敵な写真が撮れます!

お宮参りやお食い初めの時など特別なイベント事の際にぜひやってみるといいですよ!

手作りフォトプロップスその1 名前オブジェの作り方

名前オブジェ,赤ちゃん,撮影,フォトプロップ

材料(すべて100円ショップ):
・激落ちくん(ミニキューブ)
・造花(お好みの色)*量はオブジェの仕上げサイズで異なります。
・フェルト(何色でもOK)
・グルーガン

作り方:
1) 激落ちくんのミニキューブを作りたい文字の形に並べます。
2) ベースにするフェルトにその形のままミニキューブをグルーガンで固定していきます。
3) フェルトの上でミニキューブが作りたい文字の形に固定されたら、フェルトをその形に添って余分なところは切り落としておきます。
4) 造花は花を茎の部分から切り離しておきます。
5) 造花の花の部分をお好きなバランスで、文字の形に並んだミニキューブの上にグルーガンで固定していきます。
*この時、下のミニキューブが見えなくなるようになるべく隙間を開けずに花を敷き詰めて下さい。
6) グルーガンのノリが固まれば出来上がりです

手作りフォトプロップスその2 ペーパーポンポン

私はいつもはにかむペーパーを買わずに、100円ショップで色の付いた紙ナプキンを買ってきてポンポンを作ります♡

ちょっとした写真を撮る時にポンポンを散らばせるだけでも写真が一気に華やかになるのでおすすめです!

材料(すべて100円ショップ):
・紙ナプキン
・輪ゴム
・はさみ

作り方:
1) 紙ナプキンを20cm x 20cmに切ります。
2) 正しいサイズに切った紙ナプキンを7枚重ねてハリセンの様に2cm幅ぐらいの山折りにしていきます。
3) 最後まで山折りにしたら、棒状になった紙ナプキンの真ん中を輪ゴムできつくとめておきます。
4) 紙ナプキンの両端を丸く切ります。
5) 最後に紙ナプキンを一枚ずつ破れない様に丁寧に折り上げていきます。
6) 折り上げた紙ナプキンのバランスを調整すればペーパーポンポンの出来上がりです!

写真のバックドロップも家にあるものを活用♡

PIXTA *写真はイメージです,赤ちゃん,撮影,フォトプロップ

写真のバックドロップには赤ちゃんの可愛いブランケットやお包みを使ってみて下さい。

私はいつも娘の写真を撮る時には、ベッドに寝転がせたりソファーで座らせたりしますが、必ず先にお気に入りのブランケットやお包みを敷いておきます。

普通の家具のままで撮るとどうしても生活感が出てしまいがちなのですが、こうすれば可愛い世界観が作れますよ。

まとめ

ママのちょっとした工夫でおうちでもスタジオに行ったみたいな素敵なベビー写真が撮れちゃいます!グルーガンなど赤ちゃんには危険なものもありますので、赤ちゃんが寝ている間に作るといいですね。

オリジナルのフォトプロップスを作るのも、なんだかワクワクしますね。赤ちゃんの毎月の記念日やお食い初め、ハーフバースデーなど特別なイベント事の際にはぜひ試してみて下さいね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。