【1】おしどりミルクケーキ|日本製乳

山形県民に愛され続ける、懐かしい味

ミルクケーキ,山形県,お土産,名産品出典:www.nihonseinyu.co.jp

ちょっとレトロなパッケージの「おしどりミルクケーキ」。山形県に行ったことがある人なら、一度は見たことがあるのではないでしょうか。

こちらは、練乳にカルシウムを加えてバー状にした、パキパキとした堅い食感と、濃厚で優しいミルクの味わいが癖になるお菓子です。

地元・山形県では、子どもから大人まで幅広い世代に愛され続けており、県内のスーパーやコンビニなど至るところで買うことができます。

1袋9本入りで216円(日本製乳オンラインショップ価格)というお得さに加え、賞味期限が10ヶ月と長く、1個づつ個包装されているので、子どもへのお土産にぴったりです。

プレーンな「ミルク」のほか、山形の名産品の佐藤錦をブレンドした「さくらんぼ」や「ラ・フランス」など、多くの種類があるのも嬉しいですね。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【2】からからせんべい|宇佐美煎餅店

庄内地方に伝わる、楽しいお煎餅

からから,山形県,お土産,名産品出典:www.karakara.co.jp

「からからせんべい」は、沖縄産の黒糖を使った厚めの生地を焼いたものを、三角形に折りたたんだお煎餅で、パリパリした食感と優しい黒糖の味わいが美味しいお煎餅です。

振るとカラカラと音を立てるところから、その名がついた「からからせんべい」。実はお煎餅の中に、小さなおもちゃが入っているんです。

こちらの「からからせんべい」は、大人が楽しめる昔懐かしい「民芸」と、小さい子どもが喜ぶ「おもちゃ」の2種類があり、何が出てくるかは食べてのお楽しみ!

鶴岡駅など県内各地のおみやげ店のほか、ネット通販でも購入することができます。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【3】山形サブレ|杵屋本店

老舗和菓子店がつくる、“お菓子な”サブレ

サブレ,山形県,お土産,名産品出典:www.kineya.co.jp

これぞまさに山形土産!というパッケージの「山形サブレ」。山形県を地図で見ると、口を開けて笑う人の横顔の形に見えることから、そのユニークさを活かしてつくられたというサブレ。

パッケージには、山形県の各地がイラストになっており、ひとつの県内を流れる河川としては国内最長の長さを誇る最上川が、まるで笑う人の目のようになっています。

地図として使えるお菓子として、お友達に渡したあとも、山形旅行の話題で盛り上がること間違いなしですね。

こちらを作っている杵屋本店は、ゆべしやふうきまめといった和菓子をはじめ、洋菓子、創作菓子などさまざまなお菓子が楽しめる、まさにスイーツ大国・山形を代表する老舗菓子店です。

県内各地に店舗を展開しているので、山形に旅行に行った時にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。子どもだけでなく、スイーツ大好きママも楽しめるスイーツ大国・山形。

山形県は、温泉や歴史的建造物が多く、アトラクションがいっぱいの「リナワールド」や、クラゲ展示種数世界一の「鶴岡市立加茂水族館」など、子どもが楽しめるスポットも充実しています。

今年の夏は、大人も子どもも楽しめる街・山形県に行ってみませんか?

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード