「芸術の秋」という言葉が昔からあるように、秋は芸術に触れる機会が増えるシーズンです。

各地の文化施設でさまざまな芸術に関するイベントも行われるので、親子で芸術の世界に触れるのにとても良い時期ですよ。

今回は、三重県へ旅行に行った時にもおすすめの、芸術の中でも絵画や彫刻などを鑑賞できる美術館についてご紹介いたします。

【1】伊勢現代美術館|度会郡南伊勢町

現代美術を専門に扱った美術館

伊勢現代美術館,三重県,旅行,おすすめ 出典:www.ise-muse.com

「伊勢現代美術館」は「現代美術とはなにか」ということを考える機会の場として開かれており、学校では習わない、教科書にも載っていないような、最先端の芸術の世界を親子で感じることができる美術館です。

1Fのガーデンには常設の彫刻展示があり、若手作家を中心とした陶器・ガラスなどの作品をカフェ&ショップで買うことができるのでおみやげにも良さそうですね。

2015年7月2日(木)~2015年9月28日(月)の期間は「ミコライ・ポリンスキー展」、2015年8月6日(木)~2015年9月27日(日)は「Fresh2015 木全由華展」が行われます。

秋の展覧会、ぜひ足を運んでみてくださいね。

住所や電話番号など詳細はこちら

【2】マコンデ美術館|伊勢市

アフリカの文化をより身近に感じる美術館

三重観光協会 マコンデ美術館,三重県,旅行,おすすめ 出典:www.kankomie.or.jp

「マコンデ美術館」は、タンザニアのマコンデ族によって作られた彫刻たちを集めた、ちょっと珍しい趣の美術館です。

黒くつやのある黒檀を削って創られたマコンデ族の彫刻美術からは、アフリカの大地の力強い生命力が伝わってくるようです。

彫刻だけではなく「ティンガティンガ・アート」と呼ばれる色彩豊かなアクリルペイント画や、マコンデ族に関する民俗資料も数多く展示されています。

伊勢志摩リゾートゾーンの一角、二見町にあるだけあって、周辺の観光施設にも恵まれています。

美術館からは伊勢志摩の池の裏を見下ろすことができ、更には二見浦の夫婦岩、伊勢神宮など、見どころ充実のスポットです。

住所や電話番号など詳細はこちら

【3】パラミタミュージアム|菰野町

鈴鹿高原を背景に四季の自然に囲まれた美術館

パラミタミュージアム,三重県,旅行,おすすめ 出典:www.paramitamuseum.com

「パラミタミュージアム」は、鈴鹿山脈を背景にした、美しい自然に囲まれた中で芸術鑑賞ができるスポットです。

「パラミタ」とは、般若心経の中にも出てくる言葉「波羅蜜多」に由来しています。

ここでのメインとなる展示、池田満寿夫氏の陶彫「般若心経シリーズ」からつけられた名前なんだそうです。

池田満寿夫氏の般若心経シリーズをはじめ、陶芸、絵画、石彫など、多彩なコレクションを展示しています。

そして自然の中でこそ出会いたいアートの場としての「パラミタガーデン」。

樹齢200年のけやきの木や、鈴鹿山脈原生の山野草。

その中に数々の石彫作品が点在し、自然とアートの見事な調和を見せています。

住所や電話番号など詳細はこちら

まとめ

今回は芸術の秋ということで、三重県の美術館を3つご紹介いたしました。

普段、子どもたちにとって、芸術の世界というのはあまり身近ではないものかもしれません。

せっかくの芸術のシーズンですから、親子であまり構えずに、ちょっとしたお散歩の延長として足を運んでもいいと思いますよ。

もちろん、これから真剣に芸術家への道を目指したいというお子さんにもおすすめですよ。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。