東京都で行われる花火大会、そして全国の花火大会の中でも特に人気が高い「神宮外苑花火大会」。

花火だけではなく、多くのアーティストが歌ったり踊ったりするイベントとしても人気です。

神宮球場という場所柄、大人の花火大会というイメージが強いかもしれませんね。穴場会場なら、子連れでの花火鑑賞もゆったり楽しめますよ!

【1】2015神宮外苑花火大会

4つの会場で楽しめる花火とライブ!

神宮外苑花火大会,穴場,スポット,神宮花火大会 出典:www.jinguhanabi.com

神宮外苑花火大会の見どころといえば、約10,000発の花火とライブ。今年も多くのライブが開催されます。

2015年の開催日時は8月11日(火)の19時半から20時半。平日ですが、お盆時期なので多くの方でにぎわいます。例年の人出はなんと約100万人!!

混雑を覚悟して行きましょう。神宮外苑花火大会は、メイン会場である「神宮球場」をはじめ、「秩父宮ラグビー場」「神宮軟式球場」「東京体育館敷地内」という4つの会場で観覧することができます。

打ち上げ会場が近く、ライブが行われる神宮球場がメイン会場となり、一番混雑します。

次にイベント感が楽しめるのは、神宮軟式球場。出店やイベント要素たっぷりなので、ただ居るだけでも楽しめますよ。

神宮球場と、神宮軟式球場の2会場は、やはり若者にも人気のため、ファミリー向きとは言い切れません。

住所や電話番号など詳細はこちら

【2】会場選びのポイント

会場の様子,穴場,スポット,神宮花火大会 出典:www.jinguhanabi.com

神宮外苑花火大会の会場で、子連れに特におすすめなのは「秩父宮ラグビー場」です。

外苑前駅から徒歩5分、青山一丁目駅から徒歩10分と、駅に近いので、移動が楽です。

ライブやイベント的なことも行われないので、神宮球場や神宮軟式球場に比べると観覧人数も少ないため、一番の穴場と言えます。

チケットも、全席スタンドで2,500円。メイン会場である神宮球場は6,500円なので半分以下です。

家族分のチケットを買うとなると、かなりの額になってしまいますので、その点でもやっぱり秩父宮ラグビー場がおすすめです。

穴場会場といえども、予定観覧者数は約15,000人です。人気の神宮外苑花火大会ゆえ、相当混雑が予想されますので、来場もトイレも早めの行動を心がけましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】チケット情報

ライト,穴場,スポット,神宮花火大会 出典:www.jinguhanabi.com

神宮外苑花火大会を会場で観覧するためには、事前にチケットの購入が必要です。

神宮軟式球場のみ当日券が販売されますが、神宮軟式球場はすべて自由席。席取りの問題がありますので、子連れの場合は指定席を入手しておくと安心です。

神宮軟式球場は避けた方が無難ですね。チケットの料金は、会場によって異なります。

チケットぴあで購入できますので、詳しくはサイトで確認してみてください。

いずれの会場も4歳以上は席が必要となり、大人と同じ料金がかかってしまいます。

3歳以下の場合は、保護者の膝上での観覧は無料です。長時間会場にいる場合は疲れてしまいますよね…。

動きが活発になって、自分で座りたい2歳ぐらいのお子さんの場合は、席を取っておいた方が、親子共にゆっくり花火鑑賞ができるでしょう。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

お祭り的要素が高い、神宮外苑花火大会。「日本を元気にする花火」ということで、入場料の一部は東日本大震災の復興義援金に充てられるそうです。

テーマの通り、日本も大人も子どもも元気になれる楽しい花火大会であることは間違いないでしょう!

ベビーカーも混雑の中の走行は難しいと思います。他の方達とのトラブルの元にもなりかねませんので避けた方が無難でしょう。

駅から会場までの道も混雑し時間がかかります。子どもがグッタリしてしまう前に、帰り時間も意識して早く会場を出るなど、工夫しましょう。

帰りの切符の用意や、ICカードのチャージも事前に忘れずにしておきましょう!

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード