青森ねぶた祭り、弘前ねぷた祭りなど、青森初め東北ではこの時期各地で賑やかに夏のお祭りが行われます。

青森県五所川原市で開かれる、五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)祭りは、平成10年に約80年ぶりに復活した夏祭りです。

五所川原立佞武多祭りの特徴は、なんといっても20メートルを超す高さの山車です。この迫力は実際に見てみないとわかりません!

今回は夏休みの旅行にもおすすめ!五所川原立佞武多祭りを紹介します。

五所川原立佞武多祭り

どんなお祭り?

巨大な山車,青森,ねぶた,祭り 出典:www.aptinet.jp

五所川原立佞武多祭りは、毎年8月4日から8日の19時から21時まで行われます。

立佞武多祭りの見所は、高さが20メートル以上、重さが約19トンもある大きな山車で、ヤッテマレ!ヤッテマレ!と威勢のいい掛け声とともに街中を練り歩く姿は圧巻です。

子どもにもぜひ見せてあげたい五所川原の夏の風景です。

いい場所で見たいという場合は、早めの場所取りが必要!

しかし、子連れだと暑さや長時間の待ち時間は不安がありますよね。

そこでおすすめなのが有料観覧席です。

開催時間に合わせていけばいいですし、何より人ごみを気にせずゆっくり鑑賞できるのが魅力です。

また旅行会社が企画する、観覧席付きツアーというのも選択の一つです。会場は大変混雑するので、迷子には十分気を付けましょう。

子連れが気になる混雑・トイレ情報

浴衣女の子,青森,ねぶた,祭り 出典:PIXTA *写真はイメージです

開催期間中は大変混雑するので、ベビーカーでの移動は避けた方が良さそうです。

交通規制も行われますので、会場までは公共交通機関の利用がおすすめです。

最寄りは五所川原駅で、立佞武多祭りも駅周辺で行われます。

臨時駐車場もあり、そこからシャトルバスも出ていますが、早めに行かないと満車の可能性が高いです。

また子連れで出かける時に気になるのはトイレ。仮設トイレもありますが、混雑するので事前に済ませてからお祭りへ向かう方が安心です。

五所川原立佞武多祭りをもっと知ろう!

立佞武多の館,青森,ねぶた,祭り 出典:www.tachineputa.jp

五所川原へ観光に行った際におすすめしたいのが、五所川原駅から徒歩5分の『立佞武多の館』です。

子どもと一緒に、五所川原立佞武多祭りや地域について学んでみるのはいかがでしょうか。

館内には立佞武多が展示されていたり、スクリーンで立佞武多や地域の魅力について紹介する映像が流れています。

津軽平野を一望できるラウンジで食事をするのもおすすめですよ。

注意しなければならないのは、8月4日から8日までの立佞武多祭り期間中は休館になります。

8月3日に花火大会もありますし、早めに五所川原へ行く旅行計画を立てて、知識を得てから立佞武多を見るとより一層楽しめますよ。

まとめ

実際の立佞武多を見れば圧倒される事間違いなし!迫力と美しさに感動します。

子どもにとっても最高の夏の思い出になるのではないでしょうか。

立佞武多の前夜に行われる花火大会も、お祭りの気分を盛り上げてくれます。

子どもの目線からもお祭りを楽しめるように交通手段や観覧スポットなど事前に計画を立ててでかけましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード