千葉市後援「チャレンジングSHIRASE2015」SHIRASEで体感する「五象・五季・五感」

そもそもSHIRASEって何?

南極,夏休み,自由研究,しらせ出典:PIXTA *写真はイメージです

SHIRASEという船をご存知の方はそう多くはないですよね。

南極地域観測隊の南極観測の任務に利用されていた船で、現在は気象観測船と言われています。

ウェザーニュース社に文部省が売却した後、一般財団法人WNI気象文化創造センターに所有権が移りました。

ウェザーニュース社にあったころは一般見学もしていたのですが、今では公益性の高い取組に参加する為に一般公開をしておらず、このイベントでしか見学することが出来ません。

そう聞くと貴重さが良くわかりますよね。

開催回数は年5回。あと3回のチャンスです!

shirase5002,夏休み,自由研究,しらせ出典:www.city.chiba.jp

イベントは合計5回、テーマによって変化しています。

1回目と2回目は終了してしまいましたが、3回目のテーマ「海象」の開催日時は、平成27年7月20日月曜日・祝日10時から16時。

4回目のテーマは「宙象」で、平成27年10月18日日曜日10時から16時。

5回目のテーマは「気象」で、平成27年12月20日日曜日10時から16時。

会場は、船橋京葉食品コンビナート南岸壁で、JR京葉線新習志野駅からシャトルバスも運行されています。

料金は、大人(中学生以上)500円、小学生200円、未就学児無料、申込も不要なので、この機会にお見逃しなく!

食事の販売などもあります!

ペンギン南極,夏休み,自由研究,しらせ出典:PIXTA *写真はイメージです

地元に密着したイベントなので、地元の特産品の食事の提供や、地域の小中学生の音楽演奏会も開催されます。

お祭りムードなので、いるだけで楽しいですよね。

ちょっと行くだけでもはまってしまうこと間違いなしのイベントです。

お子さんに楽しい思い出を残してあげられる親子の体験教室になっています。

まとめ

南極観測船に乗る機会なんて、滅多にありません。

気象についても知る事が出来るイベントなので、子どもにもわかりやすいですよね。

古い船ですが長年の歴史を感じさせるので、眺めるだけでも圧巻です。

お子様は机の上やテレビで何かを学ぶより、実際に見て触って体験する事が一番記憶に残りやすいと言われています。

様々な用途に使われてきた船なので、簡単にわかりやすくお子さんに教えてあげてもよいですよね。

夏休みの自由研究にもなりますので、是非行ってみましょう。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード