【1】土用丑の日の由来って何?

2015年の丑の日は2回ある!

うなぎ生,土用丑の日,うなぎ,由来出典:PIXTA *写真はイメージです

2015年の土用丑の日は2回。7月24日と8月5日です。なぜ2回あるのでしょうか。まずはその前に土用丑の日の由来についてお勉強していきたいと思います。

まず「土用」とは何のことでしょうか。それは四立(立春、立夏、立秋、立冬)の前、約18日の期間。五行で定められた暦の事です。それぞれに季節の象徴にもなっていると伝えられています。

丑の日はおおよそ検討が付いている方もいらっしゃるかもしれませんが、十二支の中の丑。十二支は我々の年を数えるにも使われますが、月や日も数える事が出来ると言われています。

土用と呼ばれる18日の期間のうち、丑の日にぶつかるところが、土用丑の日と言われています。昔の暦の読み方からくるものだったのですね。だからそのぶつかる日が2回あったため、今年は2回丑の日を迎える事になったのです。

【2】なぜ鰻を食べるの?

江戸時代からの歴史があった!

ウナギ焼き,土用丑の日,うなぎ,由来出典:PIXTA *写真はイメージです

諸説あると言われるうなぎを食べる由来。一番有名なものはエレキテルで有名な平賀源内が売れないで困っていたうなぎ屋さんの悩みに応えてあげた事から始まったそうです。

丑の「う」がつく食べ物が夏に負けないと言われていたことから、「本日土用丑の日」と書いた張り紙を見た庶民が、うなぎをこぞって食べた事からうなぎを食べるようになったと言われています。

なんとまあ簡単なと思いがちですが、由来というものは人々を元気にしたり、健康にしたりと快適な生活を願って作られるものが多いことがわかります。

まとめ

たしかに、土用丑の日あたりは気温も高くなり、体力の消耗が激しくなってくる頃。そんなときは、スタミナ満点のうなぎを食べて元気いっぱいになったんですね。

小さなお子さんだと、うなぎの皮が噛み切れなかったりしますので、うな丼だけでなく、うなたまなどにアレンジしてみてもいいですね。

旬の時期に旬のものを食べる日本の習慣を大事にすることも食育につながるかと思いますので、ぜひお試しくださいね。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード