こんちわー。おちょこもちです!

本日もコメ太(3歳長男)とパンちゃん(次男2歳)のたわいなくも、衝撃的な日常の一部をマンガでお送りしますっ!

今回はパンちゃんVS実家の愛犬ヤマト。

実家へ子供達を連れて遊びにいった時のこと

,マンガ,

行く手には・・

,マンガ,

実家の愛犬、柴犬のヤマト。もう人間でいうと60才ほど。貫禄が違います。ヤマトの性格はただただ穏やか。めったに怒ったり吠えることもなく、過去一度も人を噛んだこともありません。

そのヤマトに対してパンちゃん。

,マンガ, ,マンガ,

私「ちょっとちょっとっ!パンちゃん。ヤマトコロコロでツンツンされるのイヤってゆってるよ」
って言ってるのにも関わらず

,マンガ, ,マンガ, ,マンガ, ,マンガ,

さらに

,マンガ, ,マンガ,

・・・・まったく・・・。

聞こえてるくせにコロコロコロ〜〜〜
ヤマト「うううーーーー」
さらにコロコロコロ〜〜〜
ヤマト「うううーーーー」

コロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロコロ〜〜〜

遂には
ヤマト「うううううううううーーーーーーー・・・・・

,マンガ, ,マンガ, ,マンガ,

とまあ、一喝されました。
しばらくすると懲りずにこの後もやってましたけど・・・。

あくまでヤマトの性格を知っているので、ある程度許して様子を見てますっ。気が強かったり逆に臆病なワンちゃんは、急に噛んだりする子もいるので、興味本位でもいたずらは程々に。

にしてもなかなかいいコンピです。

ヤマトはヤマトでまだ、自分の方が上だと思ってるよう。

コメ太やパンちゃんが小さい赤ちゃんの時も、寝かす為にしいたお布団にドッカと座ったり、グググと背中で押したりしていました。

こんな感じ。

,マンガ,

顔は背けてますが、自然と近づいてきます。そして水面下でお尻と足でグイグイ押し合ってます。

さらにもう少し大きくなったとき

,マンガ,

やはり仲良し〜〜〜とはいかないけど、一定の距離感を保って一緒にいます。

でもパンちゃんが大泣きしてると、心配そうに様子を見に来るんですよね〜。
なんだかんだ言って、気にかけてるような感じ。

ただプライドもあるので素直に服従なぞできず、でも気になるから遠くから様子を心配してみてる・・・まるで、頑固者のおじいちゃんのよう・・・

色々、刺激を与え合ってる二人です。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード