【1】県立紫雲寺記念公園|新発田市

温泉まである極楽公園でポピーを愛でよう!

県立紫雲寺記念公園,新潟県,ポピー,いくとぴあ出典:www.greenery-niigata.or.jp

「紫雲寺記念公園」では6月になると、チューリップ広場にポピーの花が咲き誇ります。オレンジ、赤、ピンクなど、様々な色彩のポピーを見ることができるそうですよ!

紫雲寺記念公園は、お花以外にも一日中遊べそうな楽しみがいっぱい!自然観察・研究ゾーンでは野鳥観察ができます。よーく観察してみてください。名前は知っていたけれどまだ見たことがなかった鳥や、姿形は見たことがあったけど名前が分からなかった鳥などに出会えるかもしれませんよ!「紫雲寺さえずりの里」では、野鳥のジオラマやスライドなどの設備があります。2階ではいろいろな特別展も開催していますので、来演の際には是非訪れてみてくださいね!

ほかにも、「健康運動ゾーン」、「文化交流と憩いのゾーン」、「バーベキュー広場」 などがあります。大自然の中で体を動かして、たっぷりと遊んだら、最後は「紫雲の郷」 の深層湯温泉にゆっくりと浸かってリフレッシュしてくださいな。温泉は21時まで営業しています(受付は20時まで)。露天風呂もありますよ!

小旅行感覚でお出かけされたい方は、1泊2食付きで9000円(小学生5600円)とリーズナブルな宿泊プランもありますので、ご家族でご利用されてみてはいかがでしょうか?また、アウトドアが好き!というご家族にはオートキャンプ場もあります。トイレや温水シャワーなどがある棟はどの区画からも近い場所に位置しているので、夜間も安心して利用できますよ!

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2】いくとぴあ食花|新潟市

アイスランドポピーがたくさん

いくとぴあ食花,新潟県,ポピー,いくとぴあ出典:www.ikutopia.com

新潟市にある農業体験型アミューズメント施設「いくとぴあ食花」内にある食育・花育センターでは、6月ごろからアイスランドポピーが見ごろを迎えます。一面のポピー畑は圧巻の一言。蜜をすいにくるミツバチや、周りに咲く花々も一緒に楽しむことができます。

いくとぴあ食花内は、屋内アスレチックや、アルパカ、羊とのふれあい、地場の食材の販売コーナーなど、一日あってもまわりきれないくらい充実した施設がたくさんあります。ぜひお出かけのたびに新しいスポットに出かけるもの楽しいですね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

新潟県にはたくさんの公園がありますがその中でも6月ごろからポピーの楽しめるスポットをご紹介させていただきました。いかがでしたか?

どちらの施設もお花だけでなく、遊びや食の施設も充実していますので、ぜひ次回のお出かけ先の候補に選んでみてはいかがでしょうか。いずれも子どものためのサービスも充実しており、お子さま連れでも安心ですね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード