【1】伊豆四季の花公園|静岡県

230種以上の日本原種のあじさい

伊豆四季の花公園,静岡,愛知,あじさい出典:izushikinohana.com

四季折々の花々が来園者を一年中出迎えてくれるのが伊豆四季の花公園です。あじさい苑には230種(3,000株)以上の日本原種のあじさいが揃っています。

西洋産のものと比べると小ぶりな日本のあじさいですが、清楚で可憐な印象は見る人の心を毎年とらえています。多くの日本原種のあじさいを見ることができます。

2015年5月30日(土)~6月28日(日)まで「城ケ崎あじさい祭り」が行われます。期間中、10時~16時まで来園者には甘茶がサービスでふるまわれます。日曜日限定で三味線・和太鼓・スチールパンの音楽イベント(雨天中止)も行われます。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2】花の奥山高原|静岡県

約1万株のあじさいが奥山公園を染め上げる

花の奥山高原,静岡,愛知,あじさい出典:okuhamanako.com

奥山高原のヒノキの林の中に包まれた、静かな観光植物園。2015年5月30日(土)から7月上旬まで、あじさいササユリまつりが開催されます。70種約1万株のあじさいたちが咲き誇り、奥山高原の初夏の景色を色とりどりに染め上げます。

6月中旬には、ササユリが見頃を迎えます。あじさいと一緒に鑑賞でき、訪れる人たちの目を楽しませてくれます。7月中旬~9月末までは鮎のシーズンを迎え、竜ヶ岩洞 あゆ狩り園では鮎のつかみ取りができますよ。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【3】本光寺|愛知県

三河のあじさい寺

本光寺,静岡,愛知,あじさい出典:www.town.kota.lg.jp

本光寺(ほんこうじ)は、深溝松平家(ふこうず まつだいらけ)の菩提寺で、別名「三河のあじさい寺」とも呼ばれています。あじさいの見ごろになると15種約1万本のあじさいが参拝客を囲むように参道から境内に向かって咲き誇り、訪れた人の心を癒してくれます。

2015年6月1日(月)~30日(火)は、あじさい祭りが開かれています。一番の見ごろを迎えたあじさいたちの姿を楽しみましょう。

普段は通常公開していない、本光寺宝物館の一般公開(10時~15時、月曜休みです。観覧料300円(20歳以下無料))を行っています。地元農産物の即売会もあるそうです。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【4】形原温泉あじさいの里|愛知県

あじさいと一緒に蛍が見られるかも?

形原温泉あじさいの里,静岡,愛知,あじさい出典:www.katahara-spa.jp

形原(かたはら)温泉あじさいの里では、2015年6月1日(月)~6月30日(火)8時~21時30分、5万株のあじさいに囲まれた中で「あじさい祭り」を行っています。毎年約10万人が訪れる人気のイベントです。

期間中は、夜間ライトアップ(日没~21時30分)され、一味違ったあじさいを鑑賞することができますよ。ゲンジボタルのの翔ぶ「ホタルの宿」もあります。運が良ければあじさいと一緒に蛍の舞を見ることができるかもしれません。

まとめ

梅雨時というとなんとなく子連れでのおでかけに後ろ向きになってしまうかもしれません。あじさいの姿は、そんな雨の日のおでかけも楽しくしてくれること間違いなしです。

あじさいは品種によって姿を変えるだけでなく、日によって色合いも変わる不思議な花です。そんな不思議な魅力のあるあじさいを親子でじっくり観察しましょう。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード