【関東で蛍観賞できるスポット(1)】清和県民の森|千葉県君津市

清和ほたるの里で蛍観賞

清和ほたるの里,蛍,観賞,関東出典:www.chiba-forest.jp

清和県民の森の一角にあるほたるの里では、地域の人たちと共に自然環境を整えて蛍を守っており、ゲンジボタルやヘイケボタルが無数に飛ぶ様子が観賞できます。

5月下旬から6月下旬にかけてホタルまつりが開催され、その間は無料で自由に観賞できます。雨風の強い日を除いて、蒸し暑い時によく見られるそうです。

6月13日、20日、27日には、清和県民の森内にあるロッジ村宿泊者を対象にしたほたる観賞会が開催され、参加費は200円です。

【清和県民の森の基本情報】

・住所:千葉県君津市豊英660
・電話番号:0439-38-2222
・アクセス:JR久留里線 上総亀山駅から9830m
・定休日:無休
・営業時間:9:00~16:30

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【関東で蛍観賞できるスポット(2)】三溪園|神奈川県横浜市

蛍の夕べで生態観察

三溪園,蛍,観賞,関東出典:www.sankeien.or.jp

ライトアップされた三重塔と、花菖蒲の咲く庭園に蛍が飛ぶ、風情ある風景を楽しめる蛍の夕べは、6月6日から6月14日まで開催されます。

20時30分まで入園が可能(21時閉園)で、蛍がよく見える時間帯は19時30分~21時00分となっています。

6月6日、7日、12日、13日、14日の18時30分~20時45分までは、重要文化財である旧燈明寺本堂で「ホタルの観察コーナー」が設けられます。

こちらでは、かごに入ったホタルを間近で見ることができるほか、パネルや映像と併せてホタルの生態を知ることができます。

【三溪園の基本情報】

・住所:神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
・電話番号:045-621-0634
・アクセス:JR根岸駅 1番乗り場からバス乗車10分本牧下車、徒歩10分
・定休日:なし(年末29,30,31のみ)
・営業時間:9:00〜16:30

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【関東で蛍観賞できるスポット(3)】足立区生物園|東京都足立区

きらびやかな蛍観賞会

足立区生物園蛍,蛍,観賞,関東出典:www.seibutuen.jp

都市化が進み、蛍が生息する環境がなくなってしまった東京都。

足立区生物園では、園内でほたるを飼育しており、毎年6月上旬から蛍を観賞できるように夜間開園しています。

アクリルゲージ内を飛び交うほたるの様子を観賞できるほか、ホタルのガイドツアーが開催されています。

解説員がほたるの生態や歴史を解説したり、ほたる飼育施設の様子も紹介してくれます。


【足立区生物園の基本情報】

・住所:東京都足立区保木間2-17-1
・電話番号:03-3884-5577
・アクセス:東武バス 竹の塚駅東口より花畑団地行(保木間仲通り経由)、保木間仲通り下車徒歩5分
・定休日:月曜日(祝日の時は翌日)
・営業時間:9:30~17:00(11月~1月は~16:30)

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

蛍の飛び交う様子を観賞する特別な夜。幻想的な光は、プロポーズの合図だといわれています。

あまりの美しさに、つい手を伸ばして捕まえたくなりますが、蛍の寿命は短く決して持ち帰ることのないよう、子どもたちにも教えられると良いですね。

また、環境が汚れると蛍が住めなくなってしまいますので、ゴミなどは持ち帰り、草むらに立ち入らないよう気をつけましょう。

来年もまた、蛍の幻想的な光を楽しめるよう心がけを忘れずに!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード