季節が冬から春、そして春から徐々に夏へ変わるにつれて、夜空の星座もだんだんと様変わりしていきます。しかし夜でも明るい東京の街並みの中では、なかなか思うように天体観測もできないかもしれません。
 
なかには学校の理科の授業で天体のことを勉強しているけれど、夜空の星を実際にほとんど見たことがないので、なかなか実感が分からず理解しづらいというお子さんもいるかもしれません。
 
今回はそんな東京都内の親子におすすめ、プラネタリウムなど天文のことに親しむことができるスポットをご紹介いたします。
 
東京プラネタリウムおすすめのイメージ画像*写真はイメージです
 
 

【1】葛飾区郷土と天文の博物館


葛飾の歴史と天文に関する資料がいっぱい


東京プラネタリウムおすすめ葛飾区郷土と天文の博物館の画像出典:http://www.museum.city.katsushika.lg.jp/index.php
 
 
葛飾区郷土と天文の博物館には、江戸川など周囲の河川とともに発展してきた葛飾の歴史を示す郷土資料や、プラネタリウムや16世紀ごろに用いられていた大型天体望遠鏡などの展示を行っています。
 
屋上に設置された太陽望遠鏡からは今現在空に輝いている太陽の姿に大接近、太陽の表面(光球)や大気(彩層)に至るまでを観察することができます。
 
プラネタリウムはレンズを使って星を映す「光学式プラネタリウム」と、CGで宇宙を表現する最新の「デジタルプラネタリウム」の2つを融合したものになっています。
 
地上や太陽系など比較的身近な星たちから、宇宙の果てまでを冒険できる世界でも最先端のプラネタリウムです。また既存の番組を購入して投影するのではなく、ここではオリジナルの番組を企画・制作し、まさにここでしか見られない番組を見ることができるのです。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


葛飾区郷土と天文の博物館


 
 

【2】板橋区立教育科学館


身近な日常生活の中の科学を体感できる


東京プラネタリウム板橋区立教育科学館おすすめの画像http://www.itbs-sem.jp/
 
 
板橋区教育科学館では、身近な日常生活の中の科学を体感できる施設として、数々の科学展示物や科学教室をそろえ、またサイエンスショーなども行っている体感型の施設です。
 
プラネタリウムは小学5年生以上を対象とした一般向けの投影と、幼稚園、保育園~小学生の子ども向けの「ほしぞらであそぼ」などの無料の投影があります。
 
星座の元となった神話のお話と星空をプラネタリウムで眺めた後は、実際に望遠鏡を使って天体観測を行う「星を見る会(小学生向け)」に参加するのもおすすめです。
 
プラネタリウムの中という独特の雰囲気の中で行うコンサートイベントもあり、様々な形でプラネタリウムを楽しみつくすことができるスポットです。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


板橋区立教育科学館


 
 

【3】ベネッセ・スター・ドーム


初めての、特別なプラネタリウム


東京ベネッセ・スター・ドームプラネタリウムおすすめの画像出典:http://star-dome.com/about/
 
 
ベネッセ・スター・ドームは東京都多摩市にある、(株)ベネッセコーポレーション東京本部内にあるプラネタリウム。多摩市の地域貢献事業の一つとして生まれた施設です。
 
学校など教育団体の利用は無料で行うことができ、一般の個人やファミリーは土日、休祝日、学校の春夏休み期間に有料で利用することができます。
 

プラネタリウムにはベネッセの教材の人気者「しまじろう」たちも登場します。子どもたちにも大人気のキャラクターたちのおかげで、まだ小さなお子さんにも星や天体のお話をアニメ番組感覚で楽しんでくれること間違いなし。
 
もちろん小学校高学年から一般向けの番組も充実していますよ。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


ベネッセ・スター・ドーム


 
 

【4】なかのZEROプラネタリウム


直径15mのドームに広がる満点の星空


東京なかのZEROプラネタリウムおすすめの画像出典:http://nicesacademia.jp/planetarium/index.html
 
 
中野区のなかのZEROプラネタリウムの大きな特徴は、なんといってもドームの大きさ。直径15mの巨大なドームに映し出された満点の星空を眺めていると、まるで東京にいるのではなくて、星空が一面に広がるどこかの町や国に旅しているかのような気分に浸れそうです。
 
季節に応じた様々な天文の解説と星や惑星を見ることのできる一般投影のほか、幼児~小学校中学年までは年齢に合わせた子ども向けプログラムが用意されています。
 
幼児~小学校低学年向けの「ちびっこプラネ」では、お星さまのお話を聞いたり星座を結んでお絵描きなどが楽しめます。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


なかのZEROプラネタリウム


 
 

まとめ


いかがでしたか?今回は東京都内でプラネタリウムをはじめとして天文のことを楽しく知ることができるスポットをご紹介いたしましたが、いかがだったでしょうか?
 
学校の教科書や本で空の星座を見てみても、実際にこの目で見たわけでないから、実感が持てないというお子さんも多いかもしれません。プラネタリウムなら、そんな実際の星空の姿を限りなくリアルに見ることができるうえに、専門の解説員さんのお話も聞けるのでぐっと興味が深まりそうです。
 
もっといろんな星が見てみたいといわれたら、今度は親子で星の見える場所にキャンプなどアウトドアに行ってみるのも楽しそうですね。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】葛飾区郷土と天文の博物館


 

【2】板橋区立教育科学館


 

【3】ベネッセ・スター・ドーム


 

【4】なかのZEROプラネタリウム


 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。

関連するキーワード