今もなおレトロな外観が人気のSL。ちょっと懐かしさを感じる大人も、絵本などでSLに憧れを感じている子どもまで。
 
幅広い層にSLは、昔から大人気ですよね。そのSLに実際に乗ることができるのが静岡県の大井川鉄道です。
 
SLに乗って車窓から緑あふれる風景を眺めるだけでもワクワクしますが、周辺にも魅力的な楽しいスポットがあるんですよ。親子で大井川鉄道へおでかけしませんか。
 
SL、大井川鉄道、SLの画像※ 写真はイメージです

【1】大井川鉄道

大井川に一斉にかかるこいのぼり!

SL、大井川鉄道、陸橋のSLの画像※ 写真はイメージです

大井川鉄道のSLに乗るには、JR金谷駅から大井川鉄道に乗り換え、SLの始発駅である「新金谷」で下車します。新金谷~千頭がSLの走行区間になります。
 
大井川鉄道を走るSLはすべて昭和初期のもので、自動車でいえばいわば「クラシックカー」の部類に入ります。今もなお現役で走る歴史の生き証人のようなSLに乗り込むと、古き良き時代へタイムスリップ。
 
なんだかロマンを感じてしまいそうです。5月の端午の節句、すなわちこどもの日前後は大井川の対岸をつなぐように多くの鯉のぼりがかけられ、まさに絶景です。

住所や電話番号など詳細はこちら

大井川鉄道



【2】2015年6月~ きかんしゃトーマスに乗ろう!

今年は「ジェームス」も仲間入り

SL、大井川鉄道、パーシーとヒロの画像出典:http://www.oigawa-railway.co.jp/index.htm

2014年夏、大反響だった「きかんしゃトーマス」たちが今年も大井川鉄道にやってきます!
 
去年は「トーマス」と「ヒロ」が大井川鉄道で乗客たちを迎えました。2015年は、新たに「ジェームス」が仲間入りします。その分、運行本数も多くなりそうですね。
 
今年はトーマスたちに親子で出会えるチャンスが増えますよ。2015年6月7日~10月12日の運行予定です。乗車の際は、メールフォームからのご予約が必要です。
 
なお7月11日(土)、12日(日)、8月27日(木)、28日(金)の4日間は、ジェームス号に普通客車のほか展望車とお座敷車が設けられています。
 
追加料金で乗車が可能です。親子で大井川を走るひと時、ちょっと奮発してみてもいいかもしれません。

きかんしゃトーマスについて



【3】プラザロコ

どこか懐かしいいこいの広場

SL、大井川鉄道、いずもとC1・2の画像出典:http://www.oigawa-railway.co.jp/s-alps/plazaloco_shoukai.html

大井川鉄道のSL始発駅、新金谷駅にあるのがプラザロコ。ちょっと懐かしい雰囲気の憩いの施設なんです。
 
プラザロコ内にあるロコミュージアムは、昭和30~40年ごろの駅舎を再現した一角。当時の映画のポスターなども展示されており、親子でノスタルジックな雰囲気に浸れるコーナーです。
 
かつて日本で大活躍した機関車と鉄道車両、「いずも」と「C1・2」の姿もあります。「いずも」は一畑軽便鉄道 住友セメント七尾工場で活用されていた1921年製の機関車です。
 
「C1・2」は井川線専用の定員16名のミニ列車。来賓車として使われた1953年製の列車です。

住所や電話番号など詳細はこちら

プラザロコ



【4】川根温泉ふれあいの泉

露天風呂からSLが見える

SL、大井川鉄道、川根温泉露天風呂の画像出典:http://kawaneonsen.jp/spa/top/index.php

大井川鉄道のあたりは温泉でも有名な場所です。川根温泉の湯を楽しみながら大井川鉄道をSLが走る姿を眺めることができるのが「川根温泉ふれあいの泉」です。
 
川根温泉は、静岡県内でも有数の湧出量を誇り、ゆえに全浴槽原泉かけ流しという贅沢な温泉です。
 
気軽な日帰り温泉としても、宿泊での利用でもどちらでも楽しめる場所です。宿泊の場合は貸別荘型の宿泊施設「ふれあいコテージ」に泊まることができ、バーベキューも楽しめます(要予約)。
 
時間を合わせれば露天風呂からSL機関車の姿を臨み、汽笛を耳にすることもできるので、ぜひ、チャレンジしてみては。乗ったSLの雄姿をまた違う角度から楽しむことができますよ。

住所や電話番号など詳細はこちら

川根温泉ふれあいの泉



まとめ


いかがでしたか?大井川鉄道のSLについての魅力とその周辺施設についてまとめてみました。
 
大井川鉄道の魅力は、レトロなロマンを感じさせ、また子ども達にも今なお強い人気を誇るSLの存在、そしてそこから望む絶景に、川根温泉…。
 
まさに一家で楽しむべき魅力がいっぱいに詰まったスポットといえるのではないでしょうか。親子だけでなく、おじいちゃん・あばあちゃん世代を含めた3世代でもより楽しくおでかけできますね。
 
大人たちには懐かしく、子どもたちには新鮮なSLの姿に家族みんなでワクワクしてしまう大井川鉄道へ。これからの季節にいかがでしょうか。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】大井川鉄道


 

【2】きかんしゃトーマスについて


 

【3】プラザロコ


 

【4】川根温泉ふれあいの泉



「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード