埼玉県加須市にある「むさしの村」は、緑の中のファミリーランドをコンセプトにした複合レジャー施設です。
 
牧場や遊園地の他、収穫体験ができます。これからの季節なら、夏野菜がおすすめ。じゃがいもやトマトなど、子どもが好きな野菜を摂れたて新鮮で食べられるチャンスです。
 
今回は「むさしの村」の収穫体験と、小さな子どもにおすすめなスポットを4つご紹介します!
 
むさしの村イベントのイメージ画像*写真はイメージです

むさしの村

① その場でパクパクつまめるブルーベリー狩り

むさしの村イベントブルーベリーの画像*写真はイメージです

7月中旬〜8月中旬は、ブルーベリー狩りがおすすめです。30分食べ放題で1人350円で体験できます。「生のブルーベリーは初めて」というパパやママも、その甘酸っぱさについつい手が止まらなくなりそう。
 
ブルーベリーの樹は背丈がそれほど高くないので、小さな子どもでも、簡単につまめますよ。ただし、枝や幹を傷つけたり、熟していない実を摘んでしまわないように、事前に教えてあげましょう。
 
ルールを守って、気持ちよく食べたいですね。果汁で手や服が汚れる可能性があるので、汚れても良い服を着用の上、ウェットティッシュなどがあると便利ですよ。


② ニガテが克服できるかも!キャベツ収穫体験

むさしの村イベントキャベツの画像*写真はイメージです

6月上旬〜7月上旬は、1個200円でキャベツの収穫体験ができます。みずみずしいキャベツは柔らかく、小さな子どももきっと好きになってくれるはず!いつもスーパーで見かけるキャベツが、畑に植えられている様子を知る機会はあまりないので、子どもの勉強にもなりそうですね。
 
土で汚れる可能性があるので、長靴や着替えなどを準備しておくと安心です。また、当日の申込制になります。休日は希望者が多いので、早めに申し込むことをおすすめします。

③ 迷路の中のなぞなぞを解いて景品ゲット!

むさしの村イベントカード迷路の画像出典:http://www.musashinomura.co.jp/guide/attraction1.html

農園だけでなく、遊園地エリアも充実している「むさしの村」。中でも人気のアトラクションは「カード迷路ぐるり森大冒険」。迷路を進みながらなぞなぞを解いていくゲームです。
 
集めたカードを使ったバトルに勝ったらプレゼントがもらえます!なぞなぞのルールがまだ難しいお子さんも、スタンプを押したり迷路を歩くだけでも十分楽しめますよ。夏休み中などは混雑が予想されるので、本当の迷子にならないようにお子さんの手はしっかりつないでおきましょう!

④ ベビーも遊べる屋外プール!

むさしの村イベントプールの画像*写真はイメージです

「むさしの村」には2つのプールがあります。ちびっこプールは水深0.4~0.6m、もう1つのプールは0.8~0.95mなので、赤ちゃんから小学生まで楽しめます。少し大きいお子さんはパパとスライダーを滑るのもおすすめです!
 
それほど広いプールではありませんが、あくまでも水遊びですから事故のないようにお子さんからは目を離さないように注意しましょうね。また、オムツが取れていないお子さんは水遊び用オムツの上に水着を着せるのがルールです。オムツだけでプールに入ることは禁止されているのでご注意ください! 

まとめ


いかがでしたか?「むさしの村」は、遊園地の乗り物を楽しむエリア、土に触って収穫を楽しむエリア、動物と触れ合うエリアなど、いろいろな体験ができる場所です。
 
車なら東北自動車道・加須ICから約20分。電車の場合は、東武伊勢崎線加須駅からタクシーで10分または無料シャトルバスを利用するとスムーズですよ。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


むさしの村



「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。