2015年の母の日は5月10日。毎年花を送ったりする方も多いと思います。ぜひご主人やお子さんと一緒にいつもお世話になっているお母さん(義母、実母)に母の日のお花を贈りませんか。お子さんもおばあちゃんに何かプレゼントする喜びを味わえますね。
 
母の日の定番プレゼントを子どもと買うイメージ画像* 写真はイメージです
 
 

母の日の由来ご存知ですか?


母の日は、5月の第2日曜日とは限らない!?


母の日の由来と定番プレゼントを買うイメージ画像出典:https://pixta.jp/* 写真はイメージです
 
 
アンナ・ジャービスというアメリカ人の少女が自分の母の死をきっかけに、母親を敬う日を作った事がアメリカでは母の日の始まりと言われています。この働きかけがアメリカ中に広まったことから、5月の第2日曜日を母を敬う日「母の日」として浸透しました。亡くなったお母さんには白いカーネーション、そうでなければ、赤いカーネーションを送るのが世界中でも習慣になっています。
 
日本でも、戦後、アメリカに倣い、5月の第2日曜日が母の日としましたが、世界各国では春分に行われるところや、王妃の誕生日など様々なようです。日本ではカーネーションを贈るのが一般的ですが、オーストラリアでは菊の花をあげるんだとか。興味深いですね。
 
 

【1】日比谷花壇


アレンジメントが得意で高級感あふれるカーネーションがあります。


母の日の定番プレゼントを日比谷花壇で買うイメージ画像出典:http://www.hibiyakadan.com/mother/carnation/
 
 
ここからは、送りたい、もらいたい母の日のプレゼントのご紹介です。花好きの人はよく知っている日比谷花壇のカーネーションのアレンジメントです。種類豊富な花と丁寧なサービス、高級なイメージがあるお花屋さんで、お祝い事などにもよく利用されています。花器は再利用できるため、もらった後もうれしいですね。お子さんと連名でいつもお世話になっているお母様(おばあちゃん)に送ってはいかがでしょうか。通信販売も対応しています。
 
 

ご紹介のフラワーショップの詳細などはこちら


日比谷花壇


 
 

【2】青山フラワーマーケット


最先端のオシャレなアレンジメントに感動


母の日の定番プレゼントを青山で買うイメージ画像出典:http://eshop.aoyamaflowermarket.com/pc/?a=search&category=HT02
 
 
青山フラワーマーケットの今年の合言葉は「JE T’AIME MAMAN -ジュテーム ママン-!」(お母さん、大好き!)。最先端の流行を取り入れたアレンジメントが自慢のお店です。定番の赤いカーネーションだけではなく、ピンクや紫がかった珍しいカーネーションのアレンジが人気のようです。こちらもインターネットからも注文できるので、お子さんと色々選ぶのも良いですよね。「これどんなお花?」とお子さんも興味がわくアレンジメントです。
 
 

ご紹介のフラワーショップの詳細などはこちら


青山フラワーマーケット


 
 

【3】ニコライバーグマン


高級ですが、忘れられない個性的な花を送る事が出来ます。


母の日の定番プレゼントをニコライで買うイメージ画像出典:https://www.nicolaibergmann.com/shop/
 
 
箱一面に詰められた花のアレンジメント。箱を開けたらびっくりされるのではないでしょうか。テレビや雑誌などでも特集を組まれている有名なお店です。東京の青山や六本木などに店舗があり、訪れるだけで思わずうっとり。オンラインでも注文は可能ですが、できたら店舗に行って購入をおすすめします。見ているだけで本当に美的センスを磨くことが出来そうなお店です。
 
 

ご紹介のフラワーショップの詳細などはこちら


ニコライバーグマン


 
 

まとめ


近所のお花屋さんのブーケももちろん素敵ですが、たまには同じ花でも別のお店を選ぶのも楽しいですよね。お店ごとにアレンジや取り扱う花が違うので思い出にもなります。ぜひお子さんと一緒に選んでみてはいかがでしょうか。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】日比谷花壇


 

【2】青山フラワーマーケット


 

【3】ニコライバーグマン


 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。