「裁ほう上手」とは?

工作感覚でバッグ作りや裾上げ可能な布用ボンド

手作りアイテム,裁縫上手,

裁ほう上手とは、針や糸がなくても、袋やかばんの作成、ズボンやスカートの裾上げができる優れた布用接着剤です。

これまでミシンや手縫いが必要だった場合でも、裁ほう上手を使えば、短時間に外出先でも対応ができます。

昔から手芸や裁縫は苦手というママも、裁ほう上手を使えば入園・入学グッズ準備も手軽に始められますよ。

子ども手作りグッズや名札付けにも大活躍します。しかも、速乾性が高いので、外出時に用意しておくと、いざという時にも使えて便利ですね。

強度は?本当にくっつくの?

裁ほう上手は、接着面の上からアイロンをかけることで、さらに強度は増します。

製造販売しているコニシ(株)では、裁ほう上手で接着した布を、上下に引っ張り強度を測るテストが行われています。200kg以上の荷重に耐えられるそうです。

また、洗濯やドライクリーニングにも対応しています。耐水テストを実施し、水に強いことが実証されているので、常に衛生面に気をつけたい子どものグッズ作りにも安心して使用できますね。

目的に合わせて選べる2種類の裁ほう上手

【1】裁ほう上手 45g|コニシ

入園入学グッズや細かい装飾付けも安心なチューブタイプ

コニシ ボンド 裁ほう上手 45g #05371,裁縫上手,出典:www.amazon.co.jp

細口ノズルが特徴のチューブタイプは、バッグなどの入園入学グッズ作り以外にも、洋服や小物にリボンやレースといった細かい装飾付けに便利です。

アイロンを使えばより速く強力に接着できますよ。

また、付属のヘラを使えば、接着したい部分に裁ほう上手を均等に伸ばすことができるので、失敗せずに確実に貼り付けることができます。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥780
*メーカー:コニシ(KONISHI)
*サイズ:45g

商品の特徴
*品番:#05371
*色調:透明
*種類:水性形接着剤
*成分:シリル化ウレタン樹脂35%、水65%

口コミ

・強度もあり仕上がりもきれいです。

・速乾性で洋服は、付けてすぐに着用できました。

・ワッペンや、フェルトのアップリケも上手に付けられました。

・ミシンで縫いにくい小さいものを付けたい時に便利です。

・付属のヘラが付いているので、ボンドを伸ばしやすい。

【2】裁ほう上手 スティック 6ml 2本セット|コニシ

裾上げや外出先の修繕に心強いスティックタイプ

コニシ ボンド 裁ほう上手 スティック 6ml 2本セット #05748,裁縫上手,出典:www.amazon.co.jp

スティックタイプの特徴は、手が汚れにくく、塗りやすく扱いが簡単というところです。

ズボンやスカートなどの裾上げや修復、布同士の接着はもちろん、ポーチなどの小物作りにも大活躍してくれます。

アイロン不要で、チューブタイプに劣らず接着力も強力なので、外出先でも重宝しますよ。スティックのりと似たサイズなので携帯に便利です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥776
*メーカー:コニシ(KONISHI)
*サイズ:6ml×2

商品の特徴
*品番:#05748
*仕様:布用接着剤
*正味量:6ml
*種類:水性ウレタン系接着剤
*成分:ウレタン樹脂52%、水47%、有機溶剤1%未満、アセトン

口コミ

・手が汚れず気軽に裾上げできるので愛用しています。

・アイロンワッペンの補強に便利です。

・スティックのり感覚で塗りやすく、表面にも染み出ることなく重宝しています。

・仕事着のほつれや修復に使用しています。1本持っていると安心です。不器用な方でも使いやすいです。

「裁ほう上手」の使い方

材料・道具

裁ほう上手とイチゴ柄の生地,裁縫上手,

・好きな生地
・裁断ばさみ
・「裁ほう上手」
・アイロンと、アイロン台
・当て布(綿100%のもの※ボンドが接着する場合があるので、いらない布にしてください)

ランチョンマット作りの使い方

イチゴ柄の生地,裁縫上手,

1、指定のサイズに布(ぬいしろ含む)を切り、端っこを三つ折りにします。 このときにスチームアイロンで折り跡をつけておくと後でやりやすいです。

接着面に布用ボンドをポンポンと絞り出し、それを付属のヘラでまんべんなく伸ばします。

2、布と布がくっつくように軽く手で押さえた後、当て布をした上からアイロン(ドライ・中)をかけます。 アイロンをかけた後は冷めるまで動かさないようにします。

3、それをすべての面で繰り返します。上の写真は布を三つ折りにしてボンドで接着した状態です。

使用感とポイント

イチゴ柄とキキララの生地,裁縫上手,

ランチョンマットを4枚作成するのに、布を裁つ時間を含めなければ、1時間もかからずに完成します。

小さいチューブを使うと、減りが早いので、手さげバッグなど大きい物を作る場合は、大きいサイズの購入がおすすめです。

布と布が厚く重なり合っているところは、少しくっつきにくい場合があるので、厚めの布にはしっかりとボンドを塗りましょう。

フェルトで作ったアップリケや装飾用リボンなどを接着する際にも、活用できます。

洗濯可能ですが、何度もくりかえし洗う物は、ボンドで接着した上から縫うとより安心ですね。

ミシンで縫う際の仮留めに使うのも便利ですよ。

ホームページでは、手提げバッグなどの作り方を紹介!

動画で詳しく紹介されています

出典:youtu.be

「裁ほう上手」を製造販売しているコニシ(株)のホームページには、使い方の詳細がわかる動画が豊富にあります。

いろいろなグッズのレシピ動画もあるので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

いかがでしたか?針と糸がなくても裁縫ができてしまう布用ボンドは簡単で、忙しいママの時短にもなるので便利ですね。

通園・通学グッズ作りだけでなく、市販のものにワンポイントを付ける時にも役立ちますし、家族のズボンの裾上げなど、幅広い用途に使えます。

また、針を使わないので、親子一緒に手芸を楽しむ際にも活躍してくれそうです。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。