そろそろ寒い季節も終わりをつげ、気が付けば春の足音が聞こえてくるころとなりました。春に親子で楽しみたいイベントといえば「お花見」ですよね。手作りのお弁当を持って桜の花を楽しむのもよし、あるいは屋台で普段は食べられないおいしいものを買って食べるのもまた楽しみですよね。
今回はそんな「花も団子も」楽しみたい派のファミリーのために、愛知県内で桜が楽しめるイベント&スポットをまとめてみました。

【1】亀城公園|刈谷市

“於大の方”ゆかりの亀城を囲む桜の名所


桜の花見におすすめな亀城公園の画像出典:http://www.kariya-guide.com/festival/?Mode=detail&code=1
2016年3月25日(金)~2016年4月10日(日)に開催予定の刈谷の桜まつり。刈谷市駅より徒歩15分の所にある亀城公園で毎年行われている人気イベントで、刈谷市の中でも桜の名所として例年5万人以上が訪れています。
公園内には約35店の露店が立ち並び、珍しいお祭り気分の風景にお子様も大はしゃぎ。4月2日(土)~3日(日)には「わくわくゲームランド」、4月3日には「市民茶会」の催しがあり、大人も子供も楽しめる内容となっています。
日が落ちるころにはぼんぼりの点灯を行い、約400本の桜が淡い照明に照らされる幻想的な光景を見ることができます。

住所や電話番号など詳細はこちら


亀城公園


刈谷市 亀城公園桜まつり



【2】水源公園(豊田市)|例年の開催日:3月下旬〜4月中旬


お花見、夜桜のライトアップ、火縄銃の実演まで楽しめる!


桜の花見の水源公園の画像
出典:http://www.citytoyota-kankou-jp.org/spot/132/
豊田市の水源公園内を流れる矢作川。その川岸には約500本の桜が植えられています。堤防に沿うように立ち並ぶ「桜のトンネル」を潜り抜けた先には、のんびりとお弁当やお花見を楽しむことのできる芝生が広がっています。ちょっとしたピクニック気分でお花見を楽しみたいなというファミリーの方に特におすすめのスポットです。
「矢作川舟遊び」では矢作川の流れから桜を臨むことができ、また一風違った表情を見せる桜の美しさを感じることもできます。
3月下旬から4月中旬にかけて行われる「水源桜まつり」。期間中は夜桜のライトアップが行われます。ライトに照らし出された桜がぼんやりと川面に映る姿はとっても幻想的。
また郷土芸能や野点、フリーマーケットなどのイベントも行われており、中でも目を惹くのは火縄銃の実演です。歴史の教科書やドラマの世界のアイテムと思っていた火縄銃が目の前で動かされる様は、お子様はもちろん親子で大興奮してしまうかもしれません。

住所や電話番号など詳細はこちら


水源公園



【3】五条川沿い(清須市)|例年の見頃:3月中旬〜4月上旬

五条川沿いは桜の名所が盛りだくさん


清須市の五条川沿いは毎年桜の名所として地元の方に親しまれてきました。清洲城周辺もその一つです。桜吹雪の中清洲城遊歩道を散策する人々もいれば、清洲城の天守閣より見頃の桜を一望する人もいます。
春爛漫の風景に包まれた清洲城の姿は雄大な美しさをたたえ、見る人の心を離さないことでしょう。
織田信長公の銅像でおなじみの清洲公園。こちらの桜は3月下旬から桜が咲きはじめ、4月上旬には多くの人がお花見に訪れるそうです。
散策の後は公園のベンチでほっと一休み。日ごろの喧騒を忘れ、お茶を片手に桜の枝を見上げて和んでしまいそうなスポットです。
五条川のほとりのはるひ夢の森公園では、五条川両岸にかかる桜の花を眺めることができます。遊歩道が整備されており子どもからお年寄りまで多くの人たちがお花見に訪れるなか、公園内のはるひ美術館も憩いの場として人気を集めています。
はるひ夢の森公園の桜は3月中旬から早咲きの桜が見ごろを迎えます。すべての桜が一斉に見頃を迎える4月上旬には「春日五条川さくらまつり」が開催され、地元住人の春の風物詩として親しまれています。
>

住所や電話番号など詳細はこちら


清洲城


清洲公園


はるひ夢の森公園


清須市の桜



【4】豊川市桜まつり|例年の見頃:3月下旬〜4月中旬

諏訪の“桜トンネル”


桜の花見におすすめな豊川市桜まつりの画像01出典:http://www.toyokawa-map.net/festival/sakura.php
全長1090mに約280本もの桜が並ぶ「諏訪の桜トンネル」。周りから頭上まですっかり桜の花に包まれたのかのような、まさに桜色のトンネルをくぐり抜けていくような光景が続く場所です。
3月下旬から4月中旬まで桜の開花に合わせて、毎年夜桜照明が行われています。青空の下に晴れやかに咲く桜の姿と夜空の下に浮かび上がる姿、趣の異なる二つの風景が人々の目を楽しませています。

桜と菜の花のコントラストが目に鮮やかなスポット


桜の花見におすすめな豊川市桜まつりの画像02出典:http://www.toyokawa-map.net/festival/sakura.php
桜と同じく春になると毎年私たちの目を楽しませてくれるお花・菜の花もここで楽しめますよ。桜トンネルを中心に佐奈川の両岸8kmに及ぶ堤の桜は東三河の名所として有名ですが、その桜の下には時を同じくして鮮やかな黄色の菜の花が花開いています。春を代表する二つの花のコントラストはとても印象的な風景です。

桜まつりでは桜トンネルの下に露店が立ち並ぶ


桜の花見におすすめな豊川市桜まつりの画像03出典:http://www.toyokawa-map.net/festival/sakura.php
豊川桜まつりでは、桜トンネルの下に並ぶ露店の姿を見ることができます。一番の見ごろを迎えた桜の木々の下にたくさんのお店がずらっと並んでいるさまは、まさに「お祭り気分」に親子を引き込んでしまうほどの活気であふれています。こんな雰囲気の中だと、屋台で買った食べ物もより一層おいしいと感じられそうですね。

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


豊川市桜まつり



まとめ


いかがでしたか?愛知県各地の桜に関するイベント・スポットを集めてみましたがいかがだったでしょうか。
桜って意外と咲いている時期が短いですよね。春を迎えてから、いつか近いうちに家族でお花見に行こう…と思っているといつの間にか見頃が終わってしまったり、そんな経験がおありではないでしょうか。
家族全員で楽しめる春のイベントが各地で次々開催が予定されているので、今のうちから計画を立てておくと見ごろを逃さずに済みそうですね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


亀城公園


刈谷市 亀城公園桜まつり


水源公園


清洲城


清洲公園


はるひ夢の森公園


清須市の桜


豊川市桜まつり


【特集】2016年版 子連れで行きたいお花見!全国の桜の名所・穴場まとめへ

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。