ボーイズは、やっぱりクルマが大好き!自動車の製造はオートメーション化されている工程が見られるとあって、小学校で社会科見学コースにされることもあります。日本の工業技術の粋を見られる見学スポットです。
 
でも自動車工場では、「見学は5人以上から」「年齢○才以上」とかの制限がかけられているところが多いって知ってました?人気の高い見学先だけに、予約は2~3か月前、というところが大多数です。やっぱり人気もスゴイんですね。ファミリーで見学ができる自動車工場を、主に東日本を中心にピックアップしてみました。
 
自動車工場見学のイメージ画像出典:http://weheartit.com/*写真はイメージです
 
 

【1】HONDA 埼玉製作所|埼玉県


自動車工場見学ホンダの画像出典:http://www.honda.co.jp/saitama/index.html
 
 
オートレースの世界でも活躍している本田技研工業株式会社の工場は、全国5つの工場で見学を受け入れています(現在休止中の工場もあり)。埼玉製作所の申し込みは、見学希望日の2か月前からで、その後抽選が行われます。当選すると申し込み月の25日前後に連絡が届きます。かなり競争が激しそうです。
 
こちらでは、ステップワゴンやオデッセイなどの、ファミリーに馴染み深い車種の製造過程が見られるので、もしも自家用車と同じなら、子どもだけではなく、親も興奮してしまうかも!ホンダの公式HPでは、車とバイクの組み立て過程を、「バーチャル工場見学」と題して画像で公開していますので、工場見学前に予習して行くと、さらに楽しめるかもしれませんね。
 
 

ご紹介した工場はこちら


HONDA 埼玉製作所


 
 

【2】NISSAN 追浜工場|神奈川県


自動車工場見学日産の画像出典:http://www.nissan-global.com/JP/PLANT/OPPAMA/
 
 
1961年に操業開始した、日本初の本格的自動車工場が、日産自動車株式会社の追浜工場です。追浜工場では、1日に計3回の見学を受付ており、各回ともに約90分の見学時間です。申し込みは、見学希望日の3か月前からメールで可能で、抽選ではなく先着順です。見学者の年齢制限はなく、12歳以下のお子さんは保護者の引率が必須で、見学の最低人数は2人から40人まで。
 
こちらでは、今話題の100%電気自動車「リーフ」や、かわいらしくて乗りやすい「キューブ」などの生産過程が見られます。環境に配慮された工場での、環境にやさしい車作りに、いろいろと思いを馳せてみてくださいね!こちらの公式サイトでも、自動車組み立ての手順を画像と簡単な説明で公開しています。
 
 

ご紹介した工場はこちら


NISSAN 追浜工場


 
 

【3】SUZUKI スズキ歴史館|静岡県


自動車工場見学スズキの画像出典:https://www.suzuki-rekishikan.jp/index.html
 
 
静岡県にあるスズキ株式会社のミュージアムです。スズキ自動車の誕生から、近年までの歴史をたどりながら、自動車の製造に関する様々なトリビアがいっぱい詰まった展示が楽しめます。実際の工場の見学ではありませんが、工場の様子をリアルに再現した3Dシアターと展示で工場内の様子も分かるような工夫がされています。
 
申し込みは予約制で、個人の見学は希望日2か月前から受け付けています。当日でも電話して予約に余裕があれば見学ができるそうですよ!
 
 

ご紹介した工場はこちら


SUZUKI スズキ歴史館


 
 

【4】SUBARU スバルビジターセンター|群馬県


自動車工場見学スバルの画像出典:http://www.subaru.jp/about/showroom/vc/index.html
 
 
スバルファンなら一度は訪れてみたい富士重工業株式会社のビジターセンターは、群馬製作所矢島工場に併設されていますので、工場とビジターセンターの両方が見学可能です。こちらは、一般の見学は10名からとなっているので、仲のいいお友だち家族と一緒に申し込むのがよさそうですね。
 
時期によってはイベントなども開催されることもあるようです。熱狂的なスバルファンを意味する「スバリスト」または「スービー」を自認するパパ・ママは一度検討してみてはいかがでしょう?
 
 

ご紹介した工場はこちら


SUBARU スバルビジターセンター


 
 

まとめ


いかがでしたか?自動車工場の見学は、大きく分けて「ミュージアム型」と、「実働工場内案内型」の2通りがあります。実際に稼働している工場の中を歩いてみると、迫力が違います。産業ロボットの稼働している様子は、一度は見て損はないです。
 
工場内で気を付けたいのは、大きな音や溶接のスパーク。もちろん、見学コースは安全を第一に考えられ、機器のすぐそばには行きませんが、大きな音や花火などを苦手にしているお子さんの場合は、怖い思いをするかもしれませんので、事前にお子さんの様子を十分観察して、大丈夫かどうかも検討しましょう。
 
メーカー公式ホームページには、「バーチャル工場見学」等のコンテンツで、工場の中身をざっくり見ることもできるようになっていますから、お出かけ前に「予告編」として見せてあげると、より興味も深まって、良い見学ができることでしょう。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】HONDA 埼玉製作所


 

【2】NISSAN 追浜工場


 

【3】SUZUKI スズキ歴史館


 

【4】SUBARU スバルビジターセンター


 

 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード