東北地方は春が遅いので、つい梅を見過ごしてしまいますが、仙台市内やその近郊にも梅の名所があります。今回は、梅を観賞できるおすすめスポットを4ヶ所ご紹介いたします。

【1】仙台市農業園芸センター|見頃:例年3月下旬~4月上旬頃

仙台市民の憩いの場所で梅を楽しむ

仙台市郊外にある仙台市農業園芸センターでは、60品種200本の梅の花が楽しめます。「高砂枝垂」等のしだれ梅や、枝が地を這う「臥龍梅」など、花の形、形状の異なる淡いピンク色に梅園が染まります。
センター内では、毎年恒例の「梅を観る会」が3月下旬から4月上旬の間催され茶会が行われたり、いろいろな庭木・花苗などを販売しています。子供が楽しむイベントは少ないかもしれませんが、広大な敷地なので、ベビーカーでお散歩しながら梅を見るのも良いのではないでしょうか。
なお、食堂・売店は休止中ですので、特にお子様連れの方は食事の準備をして訪問することをおすすめします。

住所や電話番号など詳細はこちら


仙台市農業園芸センター


【2】国営みちのく杜の湖畔公園|見頃:例年3月末~4月中旬頃

みちのく湖畔で梅を楽しむ


梅の花、仙台の国営みちのく杜の湖畔公園の画像出展:http://www.michinoku-park.info/area/furusato/photo_g/index.html
仙台市内から車で約1時間、釜房ダム湖畔に建設された、地元では「みちのく公園」の愛称で親しまれている東北唯一の国営公園になります。とにかく広くて綺麗に整備されている公園です。
梅の本数は約330本です。園内は梅だけでなく、時期によってはバンジーなども楽しめます。
また、昔遊び体験などのイベントも随時予定されているので、花を見るだけではすぐ飽きてしまう子どもたちも十分楽しむ事が出来ます。授乳室や貸出し用ベビーカーも用意されているので、小さな子供連れでも安心ですね。

住所や電話番号など詳細はこちら


国営みちのく杜の湖畔公園


【3】榴岡天満宮|見頃:例年3月中旬~3月下旬頃】

仙台の中心で梅を愛でる


梅の花、仙台榴岡天満宮の画像出展:https://www.facebook.com/tutujigaokatenmanguu
仙台駅の東口、楽天イーグルスの本拠地近くにある、学問の神様菅原道真を祭った神社です。
桜の名所として人気がありますが、梅も負けていません。太宰府天満宮から分けられた約100本の紅梅・白梅を楽しむことができます。境内には筆塚をはじめ歌碑、句碑が多く建てられ、風情があります。また、すぐ隣の榴ヶ岡公園は、家族連れにおすすめです。
こちらは梅や桜をはじめとしたおよそ2,700本の花木が溢れる緑豊かな憩いの場所となっていますので、ベビーカーを使ってのお散歩もゆったりと楽しむことができます。遊具が充実しているので遊び盛りの子供たちも十分楽しむ事が出来ます。

住所や電話番号など詳細はこちら


榴岡天満宮)


【4】瑞巌寺|見頃:例年4月上旬~4月中旬頃

伊達家ゆかりの寺で梅を楽しむ>


梅の花、仙台瑞巌寺の画像出展:http://www.zuiganji.or.jp/html/midokoro.html
日本三景松島にある瑞巌寺は、伊達家ゆかりの菩提寺です。境内には「臥龍梅」と呼ばれる梅の木があります。この紅梅白梅がそろって咲き誇る様は一度ならずとも訪れる人の心を奪うこと請け合いです。静寂と紅白のコントラストをぜひご堪能ください。
厳かな空間ですので、赤ちゃんが泣きだしてしまったときはいったん外に出た方がよいかもしれません。またミルクをあげる際は遊覧船乗り場付近の「松島海岸レストハウス」の休憩所が便利です。専用駐車場はありませんので、電車の利用をお勧めします。拝観券も電子マネーSuicaで購入できます。

住所や電話番号など詳細はこちら


瑞巌寺


まとめ


いかがでしたか?花といえば桜ばかりが注目されますが、梅の花は万葉集でも数多く歌われている雅な花です。特に仙台市内及びその近郊は混雑しない場所が多く、ゆっくり梅を楽しむことができます。たまには、ご家族揃って観梅というのはいかがですか。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】仙台市農業園芸センター


【2】国営みちのく杜の湖畔公園


【3】榴岡天満宮(榴ヶ岡公園)


【4】瑞巌寺


「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード