神戸の山といえば、六甲山!夏は山歩き、冬はスキー場と、兵庫県民をはじめ、特に神戸市近郊の人にはおなじみのスポットです。観光スポットとしても歴史が古く、市街地の中心部からも近い上、新幹線の新神戸駅から電車で小一時間と、交通アクセスも抜群です。
そんな六甲山で2月にスタートする冬イベント、六甲山ウィンターフェスティバルと六甲山のおすすめスポットをご紹介します。

【1】六甲山ウィンターフェスティバル

六甲山ケーブルが贈る2月の冬イベント


六甲山の観光スポットの告知画像出典:http://www.rokkosan.com/ski/
阪神タイガースの応援歌「六甲おろし」でおなじみの六甲山、神戸市民なら毎日見ているおなじみの山です。ハイキングコースとして、夏はたくさんの人が訪れます。神戸市街からもアクセスが良く、車なら30から40分、電車でも1時間を見ておけばケーブルカーの六甲山上駅まで登ることができます。
早くから観光スポットとして整備が進んできたエリアですから、見所や遊び場所がたくさんあるのも魅力です。そんな六甲山で行われる冬イベントのひとつが、「六甲山ウィンターフェスティバル」六甲山を取り巻く観光スポットが協賛して行われるベントです。
2月19日(木)から3月1日(日)までの期間中、メイン会場の展覧台、サブ会場の六甲ガーデンテラスを中心に、4ヶ所のサテライト会場と連携して様々な催し物が開かれます。もちろん、子ども向けのイベントもばっちりです!

プレイベントには氷の鬼登場!バレンタインにはハート像も!


六甲山の観光におすすめな展覧台の画像出典:http://www.rokkosan.com/cable/cable_view/
まずは、2月1日(日)に行われる、六甲スノーパークのプレイベントをチェック!節分にちなんで、スノーパークに鬼の氷像が登場!雪玉を投げつけることができるイベントが開催されます。六甲スノーパークは人工降雪で作るスキー場ですから、積雪量に心配ないのもポイントですね!
子どもはソリ遊びや雪遊び、パパ、ママはスキーやスノボが楽しめます。スノーボードビギナーやルーキーのために、レッスンつきのプログラムも用意されていて、初心者でも楽しめます。お腹が空いたら、併設されているレストランで、美味しい神戸牛を使ったメニューをぜひ!
そして、2月14日(土)には、もう一つのプレイベント、バレンタインデーにちなんで、ハート型の氷のモニュメントが、フェスティバルのメイン会場である展覧台に登場です!神戸市街を見下ろす「100万ドルの夜景」をバックに、氷のハートと家族で記念撮影ができます。

六甲枝垂れで体感する自然


六甲山の観光におすすめな六甲枝垂れの画像出典:http://www.rokkosan.com/view/about/
六甲山の新しい展望台、「六甲枝垂れ」も、ぜひのぞいてみたいスポットのひとつです。こちらは、六甲山の山頂に立つ一本の大木をイメージした、檜のフレームを持つドームつきの展望台。正式な名称が「自然体感展望台 六甲枝垂れ」と言います。
吹き抜けのドームになったフレームには自然の風が通り、春夏秋冬の気温の変化を上手に活用して、自然エネルギーを利用した空調や四季の気象の変化を体感できるように作られています。
冬は太陽光線だけで温められる「陽室」で、陽の光の恵みを満喫!

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


六甲山スノーパーク


六甲山ウィンターフェスティバル


自然体感展望台 六甲枝垂れ


【2】六甲オルゴールミュージアム・六甲ケーブル

期間限定!からくり人形展示開催中


六甲山の観光におすすめなミュージアムの画像出展:http://www.rokkosan.com/museum/
アクティブ派じゃないお子さんや、ロマンチックなアンティーク大好きなガールズ、ちょっと年齢が上がって、機械や歴史に興味を持っている年代なら、六甲オルゴールミュージアムがおすすめです。
六甲オルゴールミュージアムでは、常設展に加えて、企画展として3月18日(水)まで、「からくり人形 西洋と日本 ~不思議や魅力~」を開催しています。
19世紀にヨーロッパで発展した自動人形(オートマタ)と、江戸時代に日本で独自の発展を遂げた「江戸からくり人形」の両者を比較展示。からくり人形の代表作である「茶運び人形」など、写真でしか見ることのなかった作品も実物を目にすることができます。
六甲山の観光におすすめなオルゴールイベントの画像出典:http://www.rokkosan.com/museum/event/20141114_7419/
小学校3年生以上を対象にした、オルゴール組立体験なども行われています。子どもと一緒に、旅の思い出に1曲オルゴールを組み立ててみる、なんていうのも素敵な体験になりそうですね。

レトロ感一杯な六甲ケーブルでラクラク山頂観光


出典:http://www.youtube.com/embed/fD7v6X0tzW8
六甲山観光で、ぜひ乗って欲しいのが、昭和7年開業の「六甲ケーブル」です。古い歴史を持つ路線だけあって、レトロなデザインの車両がとってもおしゃれです。
山頂にある「六甲山上駅」は開業当時のものが大切に保管されており、経済産業省から「近代化遺産」として認定された、歴史的価値の高い建物なんだそうです。
車両は、赤と深緑色の「クラッシックタイプ」と、緑と薄茶色の「レトロタイプ」の2種類。それぞれ、阪神・阪急の両鉄道会社創業時の車両カラーをイメージしたものなんだそうです。
どちらも山側は展望車両になっていて、登りながら美しい山並みを見渡すことができます。山頂から見る神戸の街並みも、最高です!
夜景も美しいことで有名なので、子どもがもうちょっと大きくなってから、夜に見に来ても素敵かもしれません。六甲山頂から、六甲有馬ロープウェーを使って、有馬温泉まで移動することもできます。六甲山の空中散歩も、なかなか楽しそうですね。

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


六甲オルゴールミュージアム


六甲ケーブル


まとめ


関西近郊の人には、そこそこ良く知られているスポットです。交通のアクセスが良いポイントですから、ぜひ、気楽にお出かけしてみてください。おしゃれなスポットが多い場所ですから、往復のルートにはママが楽しめそうなスポットを組み入れると、なお、楽しいですね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


六甲山ウィンターフェスティバル


六甲山スノーパーク


自然体感展望台 六甲枝垂れ


六甲オルゴールミュージアム


六甲ケーブル


「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。