スポーツゾーン、アドベンチャーゾーンなど、5つの体験ゾーンやわくわく工房、科学ひろばなど、子どもが遊ぶため、学ぶためにつくられた子どもが主人公の、まさに「こどもの国」。四季を感じられる自然いっぱいの見どころをご紹介します。
毎月日替わりのイベントも開催しています。イベントは事前申し込みが必要なのでホームページなどでチェックしてからおでかけしてみてくださいね。

子どものためにつくられた、愛知こどもの国


愛知こどもの国は愛知県西尾市に1974年10月に開園した、子どもが主役の児童総合公園です。なんといっても、愛知こどもの国は入園無料である点と園内の面積が東京ドームおよそ21個分と広大な敷地に子どもが主役で遊べる施設が充実していることで人気です。
>

コミュニティゾーンで目いっぱい遊ぶ

t出典:http://www.kodomo-aichi.jp/zone/community/#prettyPhoto[107]/0/
コミュニティゾーンでは、ゴーカートやこども汽車など本格的な乗り物デビューができます。蒸気機関車の展示もあって、歴史にも触れることができます。こども汽車は、本当の蒸気機関車で白い煙が吹き出します。他にも4つのゾーンがあってテーマ別に楽しむことができますよ。

トンネルが燃えてる!?


愛知こどもの国でトンネルを見ようのイメージ画像出典:http://www.kodomo-aichi.jp/recommend/entry-105.htmlテレビでも放送されたことのある、燃えるトンネル。冬の時期はトンネルの穴から夕日を見ることができ、ちょうどトンネルの穴に重なって燃えているように見えるんです。不思議な光景ですよ。

キャンプ場で自然を体験


愛知こどもの国でキャンプを楽しもうの画像出典:http://www.kodomo-aichi.jp/zone/adventure/
キャンプ場も併設されているので、遊んだ後は家族で料理をつくって宿泊することもできます。幼いうちにそんな生活も体験するのは大事ですよね。備品も一部はレンタルで利用することができます。キャンプ場は要事前申し込みです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?子どもが主役になって目いっぱい楽しめるまさに「こどもの国」。敷地の中には、ほかにも屋内では科学実験や、工作、ドミノの体験ができたり、屋外には大きな遊具や公園があって幅広い年代の子どもがしっかり遊べます。参加型のイベントが多くて子どもも飽きないと思いますよ。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


愛知こどもの国のスポットの基本情報、口コミへのリンク


「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード