子どもの写真を撮る機会って多いですよね?


www.itmedia.co.jp





もっとうまく写真を撮れたらなぁ、、、撮った写真を何かできないかなぁ、、、と思ったことはありませんか?
今回は、そんな悩みを解消し、子どもも自分も写真が入ったオリジナルグッズが作れて大満足な、キヤノンプラザ、キヤノンデジタルハウスをご紹介します。


 


キヤノンプラザ、キヤノンデジタルハウス






www.ginza.info


 

製品を展示するショールームと、製品を利用したワークショップの会場とが一体化したのが、このキヤノンプラザとキヤノンデジタルハウスです。

銀座、品川、名古屋、梅田の全国4か所にあります。

時期によっては新製品を先行展示している場合もあるので、カメラ好きのパパはご存知かもしれませんね。

ただ、子連れママにおススメは、なんといってもワークショップです!

ワークショップには、予約が必要なもの、不要なものがあります。

以下、いくつかピックアップしてご紹介しますね。


 

予約が必要なワークショップ

 

予約が必要なワークショップの中でおススメは、「EOS Kissでかわいく撮ってね」「ベイビーキッズ!スクラップブッキング」。




http://cweb.canon.jp/


 

「EOS Kissでかわいく撮ってね」は、子どもをかわいく撮るコツを教えてもらえるワークショップ。

実際の撮影体験をしながらポイントが学べます!




http://cweb.canon.jp/


 

「ベイビーキッズ!スクラップブッキング」は、A4サイズのスクラップブッキング(写真をきれいに飾ってレイアウトした写真集)作成するワークショップ。

子どもの写真をきれいに本にまとめる方法を学べます!


 

予約が不要なワークショップ

 

予約が不要なワークショップでは、所要時間10分という短時間で、自分で撮影した写真を利用したオリジナルグッズを作成できます。

例えば、5月まではスケジュール帳、6月以降は「うちわ」など、時期によって作成できるグッズが違うので、何度訪れても楽しめちゃいます。




http://cweb.canon.jp/


 

また、5月7日(水)~5月10日(土)は期間限定で母の日メッセージカードを作るワークショップも開催される予定。

まだ、母の日のプレゼントを決めていないという方は必見のイベントですね。




http://cweb.canon.jp/


 
ワークショップは、支店によって開催しているコースが異なります。
また、コースによっては、事前の予約や写真データを持参する必要もあります。
公式HPで事前にしっかり情報を収集してくださいね。
キヤノンプラザ・キヤノンデジタルハウスで、写真撮影を上達し、撮影した写真で子どものオリジナルグッズを作ってみてください!
きっと子どもも喜んでくれますよ!


 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


キヤノンプラザS(品川)




キヤノンデジタルハウス銀座




※名古屋・梅田のキヤノンデジタルハウスについては公式HPをご確認ください
・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。