子育て中にあった!笑えるエピソード

笑える,

「だから子どもは可愛い!」、「だから子育てって面白い!」と思える子育て中にあった笑えるエピソードを大公開!爆笑必須です!

また、子育て中にあった失敗談エピソードも別の記事でご紹介しています。下記も必見です!

癒し編

寝落ち,

日常の子どもの行動にほっこり癒されること、ありますよね!まずは癒しエピソードからご紹介します!

・「子供が食べながら寝る。うちの子は食欲が旺盛で、食べることへの執着が強く、眠くて目は閉じているのに食べたい欲も強いのか、眠くてすでに目は閉じていても、コックリコックリしながら絶対お皿にあるものは全部食べ切ります(笑)そして終いには、全部食べきった後にもっとちょーだいと泣きぐずりながら眠りにつきます(笑)。その時の動画はいつ見ても笑えます。」(おつぶママさん)

・「昼寝の寝起きの顔がすごいおじさんになっていて、すごく笑えた。」(あやねる0122さん)

・「子供達がDAPUMPのUSAを全力で踊っている時」(くるみこさん)

・「毎日散歩に行ってます。旦那さんが居る時は、抱っこは旦那さんが担当。たまたま電車に乗ったとき揺れで赤ちゃんが寝ていて。ふと見ると旦那さんと全く同じ姿勢で向きも一緒で、思わずホッコリしました。」(明太子もちさん)

・「授乳中に寝てしまい、これが生後3ヶ月の子供がかくイビキかい!っとツッコミたくなるような大きなイビキをかいて寝ていた時です!その様子を動画に取りたくて夫婦で頑張って撮影したのですが、お互い笑いが抑えられなくて今見てる笑える動画が宝物です!」(REOmama21さん)

可愛い仕草編

バナナでもしもし,

大人の想像を超える可愛い子どもの仕草。くすりと笑ってしまうエピソードばかりです。

・「バナナを電話に見立てて「もしもし」していたこと」(ragi-p!coさん)

・「タンポポの綿毛を吹いて飛ばしているお兄ちゃんの姿を見た妹が、耳掻きの上の綿をタンポポだと勘違いして一生懸命吹いていたけど飛ばなくてイライラして耳掻きを投げて怒っていました!」(けえええさん)

・「節分の豆まきをしていて上の子は元気いっぱい豆まきをしている中、下の子は豆をなかなか投げられず投げるそぶりをしながらお口にパクッといれてもぐもぐしていたのを目撃したとき。」(まろPさん)

おなら・おしっこ・うんち編

くさい,

子育てをしていると、子どものおなら・おしっこ・うんちにまつわる笑い話が沢山ありませんか?臭い・汚いを通り越して笑えてくるのが不思議です。赤ちゃんのおならが夫婦喧嘩の仲裁に一役買ったというエピソードも寄せられました!

・「ご飯を食べさせている時に、主人と少し喧嘩になり、お互いブスっとしながら食事していたのですが、嫌な空気のなか息子が「ブッ!」と大きなおならをして、二人で息子のことを見たら「ヘヘッ!」っとニコニコ笑っていたので、ブハーッ!っと吹き出してしまいました。夫婦喧嘩の仲裁おなら担当です。笑」( y_a_k_aさん)

・「赤ちゃんのオナラ。大人顔負けの音量でするのと抱っこしてる手にも振動がする。さらに寝てるときにオナラするときはオヤジみたいに可愛いお尻をあげてプーー!とする。誰かやってるのを見たわけじゃないのにそんなことやるんだ!と思いました。」(のんたん625さん)

・「育児現在進行中です。出産祝いに友だちが来て抱っこしてくれますが、赤ちゃんは見えてか見えていないのか、ジーッと来てくれた方を見るだけみて、ブリブリブリっとやってくれました。初めて会う人みんなにかましてます(笑)大きくなったら思い出話でみんなに言われちゃいそうです。」(@jujuさん)

・「子供が夜なかなか寝なくて寝かしつけに時間がかかった。やっと寝たと思い夫婦で小声で『やっと寝たね。』と話していたら、息子がブーっと大きなおならをした。寝ながらおならをしたことと、音の大きさに笑いがこみ上げてきたが、笑い声でせっかく寝た息子を起こすわけにはいかなかったので、夫婦2人で声を殺して笑った。」(葡萄さん)

・「うんちボンバーやおしっこ射撃!笑 話には聞いていたけれど、実際やられた時は思わず笑ってしまいました。あとは授乳しながら大きなオナラをぶーっ!!とよくすることも、今だに笑ってしまいます!笑」(udyiさん)

・「赤ちゃんのオナラが全然可愛くないこと。まるでオッサン。ある時抱っこしていたら、盛大にぶぶぶ!!!ぶり!ぶほっ!!!私がしたかのように、怪訝な顔で見てくる家族…!私じゃないよ、赤ちゃんだよ!と弁明すればするほど、怪しまれました。その後、家族が抱っこしている時にも同様のことがあり、みんなで笑いました。」(まるるぴよよさん)

・「出産前の想像では、産まれた瞬間には感動して涙が出るんだろうなと思っていたが、実際には出産の痛みに堪えた時間が終わったことで感動どころか放心状態だった。そんな中私の元に運ばれてきた息子は、私のお腹の上に到着するとすぐに、あったかいうんちをお見舞いしてくれた時には思わず笑ってしまった。」(kumi.tさん)

可愛い&面白い言葉編

抱きしめている,

子どもが言葉を話し始めると親の口癖がうつっていたり、どこで覚えたの?という言葉が出てきたりしてビックリすることも。子どもと会話をすることで赤ちゃんの時期とはまた違った可愛さを発見したエピソードが沢山寄せられました!

・「旦那の帰りが遅い日に、部屋の奥で物音が!!「こわいよー」と演技すると、「大丈夫!まってて!」とかっこよく言い奥の部屋の様子を見に行ってくれました。そして戻って来たら「ぎゅっしたげる」とぎゅーしてくれました。普段おばけが嫌いなのになぜかイケメン風で笑ってしまいました(笑)」(めぐちゃさん)

・「喋れるようになってから、言い訳をするのがかわいいです。爪を噛んでいるのを指摘すると、昆布を食べていると答えたり、ウンチが出たからオムツを替えようと言うと、いちごとバナナが出たと言ったり…」(はな1744さん)

・「おままごとをしていて、ホットケーキどーぞーと言われたので、食べてもぐもぐおいしいですねーと伝えると、それ甘くないですよーといわれたこと」(ぷにゃたろうさん)

・「笑っちゃうという意味で可笑しかったね!って息子に言ったら、お菓子買ってないよ!って言われた事!可愛いくて幸せになりました!」(ゆー88さん)

・「寝言がすごくはっきりしている子なのですが、すごく大きい声で「にゅうよくざいわすれた!」と叫んだあとムクッと起き出し泣き始めました。起こすと入浴剤とは全く関係ない夢を見たらしく、謎だったのですが面白かったです。」(こはなママさん)

・「寝言で、うんちでるー!うんちでるー!うんちでたー!と、大声で叫んでいたとき」(cocoさん)

・「長男が3歳の頃、保育園の節分に鬼(こどもたちにバレないように先生が変装している)が来て、それはそれは怖がったそうです。泣きながら『ママァ』と叫んでいたようで、まだまだ赤ちゃんなところがあるんだなと思っていたのですが、『ママを呼んだの?』と聞くと、真顔で『ママなら鬼をぶっ飛ばせるから!』ですって。笑」(男三兄弟ママさん)

大人顔負け編

大人顔負け編,

時に大人よりも大人な言葉を返してくる子ども達。逆に子どもに叱られたり、子どものちょっとしたひと言にハッとさせられたりすることもありますよね。

・「私と夫が喧嘩してしまった時に、『ママとパパうるさい!もう◯◯(自分の名前)がっかりだよ!!』って言われて、喧嘩していたのについ夫婦で笑ってしまいました。」(miparun322さん)

・「3歳になり言葉が一丁前になってきたので、返事が一々正論で面白い。コーンやポテトが好きで食べたいものを聞くと大抵その二択なのだが、ある日いつもと違うファミレスに車で行った際、チャイルドシートのベルトを外しながら『何食べたい?』と聞くと、『えー?お店に入ってからじゃないと、わからないわ』と言われた。いつものお店じゃないからメニューがわからないということだと思うけど、なんて大人な回答!と面白かった。」(ハナコママさん)

・「3歳の娘が休日の夜パパに『眠いんだったら先に寝なよ』って言ったこと!私が前に言った事覚えててマネしたみたい笑」(ゆー1031さん)

・「息子が3才頃のことです。実家に遊びに行った時、部屋の隠れてなにやらコソコソとやっているなーと思ったら、水色の水性ペンと祖母の使いかけの口紅を、顔中に塗りたくっていました。イタズラが見つかった時のその顔も面白いことになっていましたが、息子に「どうしてこんなことしたの?」と聞いたら、『ま、魔がさした…!』と。前日に見ていたアニメの影響でしたが、3才でこんな難しい言葉を覚えて、ぴったりな状況で使えたことにビックリして思わず笑ってしまいました。」(はっち7654321さん)

可愛い質問編

可愛い質問編,

子どもからの質問は「なぜそんな質問を?」と大人がドキッとするものも。子どもならではの感性が見えてきますよね。

・「一番上の子が3歳頃、夕飯にししゃもを焼こうとキッチンに出しておいたのを見ていたらしく、後日水族館に行った時に「なんでここのおさかなはストローくわえてないの?」と聞かれた時は笑いました!」(01rico 22さん)

・「『ナンパってなに?』って聞かれたり、学校で鬼ごっこしてて女の子捕まえる時に抱きついたら怒られたらしく、『なんでパパはママに抱きついても怒られない?』って聞かれたり、ママと間違えて買い物中に知らない女の人に『ママ』って言って手を繋いでびっくりされてたり!毎日が楽しい出来事です。」(ぽにょぽにょんさん)

兄弟姉妹編

兄弟姉妹編,

時にはケンカをしたり、嫉妬をしたりすることもあるけれど、兄弟姉妹ならではのやりとりにほっこり癒されているママパパも多いのではないでしょうか。子どもが増えるということは大変なことも増える一方、幸せも増えるんだなと思えるエピソードが沢山ありました!

・「姉弟で寝相が全く一緒。毎日笑わせてもらってます。」(華菜昇太朗さん)

・「下の子が産まれてオムツを替えている時、後ろのソファーで上の子が、おきにいりのメロンパンナちゃんの両足をあげて一緒にオムツ変えをしているのを見たとき。」(メロンぱんさん)

・「3歳の子供が泣いている妹を見て「大丈夫だよ〜お兄ちゃんがいるよ」って声をかけて頭なでなでする姿には、感動と同時になんだか笑えます。」(yamasaさん)

・「先日第二子が誕生して、2歳のお姉ちゃんが私がミルクやる!と言いながら洋服を全部脱いでオムツ一丁になってオッパイを弟にやろうとしてました。」(いちごタルトさん)

・「4歳の頃の長女はプリキュア大好きだったので自分でオリジナルのプリキュアを考えてポーズをつけて名乗っていました。自分のことはキュアドレスと言って張り切って名乗っていて、一歳の妹のことはキュアパジャマねって言っていて、差がすごいなぁと思いました。」(ちゅりねさん)

・「下の子が泣いている時に上の子が着替えておらず、ただ妹を眺めていると思い声をかけると、首元から顔のみ出して、ぼくドラえもん。と妹を笑わせようとしていた時は思わず笑ってしまった。」(myb112さん)

・「兄弟二人で仲良く絵の具でお絵描きをしていた時、いつもはすぐに喧嘩をしてしまう二人ですが、その時はお互いが好きな物を描いて、それを相手に見せキャッキャと笑いながら楽しく遊んでいました。しばらくしてから子供達を見ると、画用紙から自分の顔にお絵描きの場所を移していました。鼻が黒くなっていたり、ヒゲができたり…子供達の情けない顔が可笑しくてみんなで大笑いしました。」(ひろかじゅさん)

いたずら編

いたずら編,

・「ご飯を作ってる時なんか静かだな〜っとおもい、ふと娘の方をみるとティッシュを一枚一枚ひたすら無心で出してました。そして私に気付いた瞬間、びっくりした顔をした後に、寝たふりをしだしたことです。」(ままさきさん)

・「一歳半を過ぎた頃私が化粧をしていた時にふと近寄った来てパフを取って顔にパフパフ。そして眉ペンをもって眉毛を描くフリ。(キャップをしたまま)そのあとその眉ペンを持ってパパのところへ行きパパにも書き書き…。子どもは親のする事よくみてるんだなと思っているとパパの顔が茶色の線でいっぱいに。自分の時はキャップして眉毛を書いていたのにパパにはキャップを外して容赦ない子供に笑いました」( りちゃまろさん)

・「上3歳の娘、下が1ヶ月の弟を育てています。今年の夏、まだ下の子が1ヶ月前で外出出来なかったので家で上の子がクレヨンでお絵描きしていました。私は下の子の育児で手一杯の時、上の子の遊びに付き合ってあげられなくて1人で遊ばせていた時です。娘が黒のクレヨンを持って鏡の前に行ってモゾモゾ…。何をしているのだろうか?と思い、見てみると顔にクレヨンを塗りたくってるではありませんか!!!!(笑)私はビックリ!!娘はニコッと笑って「みてみてー!メイクしてるのー!」って。。ママのメイクの真似です。黒のクレヨンだからシャドウしてるみたいでその顔に私は爆笑(笑)ずっと見てるとデー〇ン閣〇です(笑)その後もヒートアップ。まっくろくろすけですよ…!!流石にヤバいなと思って途中でやめさせて洗いに行ったら全然落ちないの(笑)仕事から帰ってきたパパと義母にも見せて爆笑。その日は一日笑いが絶えませんでした!下で手一杯になって疲れていた時の事なのでとても和みました。やんちゃで手がかかる娘ではありますが、笑いをくれる優しい娘で嬉しいです。」(しいたけの末裔さん)

面白い出来事編

面白い出来事,

子育てをしていると「なぜこんなことが?」という珍事も発生!それも含めて子育てって面白いと思えるエピソードが沢山ありました。

・「一人でトイレができるようになった頃、急にトイレからごめんなさいごめんなさいと泣き叫ぶ声が聞こえて、かけつけたら便器の前でウォシュレットの水を浴びまくっていた」(かかお豆さん)

・「娘が3歳のとき、ハムスターを飼っていたのですが、いつもわたしが野菜室からキャベツなど野菜を千切ってあげていました。ある日、洗濯そうじをして、ふとハムスターのゲージを見ると、野菜室にあった野菜達が全部ゲージの中に入ってました。ミニトマトは滑り台で渋滞をおこし、ねぎ、キャベツ、レタス、セロリ、きゅうりが散乱し、ハムスターはビビって端っこの方に避難し怯えてました。笑 一瞬何が起こっているのか分からず、無言で写真を撮って主人に送りました。主人は爆笑。野菜は勿体ないので綺麗に洗って、サラダにして主人に出しました。笑 今思い出しても面白いし、ママの真似してやったんだなーと愛おしいです。」(さとあや424さん)

ちょっと恥ずかしい笑い話編

ちょっと恥ずかしい笑い話編,

ちょっと恥ずかしいけど笑ってしまったエピソードをご紹介!読んでいると思わずニヤニヤしてしまいます!

・「2歳で保育園も慣れた頃、お迎えに行くと、満面の笑みでマーマー!と駆け寄ってくれ、こちらもニコニコ!と、娘が「今日ママのパンツあるよー」と、先生がカバンに隠してくれた私のパンツを取り出して振り回す・・・先生慌てて、娘から取り返そうと走り回る!私、「ぎゃーやめてーいつの間にー!しかもだいぶん使い古してるやーつー」もぅ爆笑するしかありませんでした!!」(皓二朗さん)

・「実母が洗濯物を干していた時に上の子が母の後ろをついていき、何かにつまづきコケそうになりました。その時たまたま母のズボンを掴んでコケたので母のズボンがずり落ちてパンツ一丁の姿になり、その光景を私の主人が見ていたことです。」(みらままさん)

・「上の子が3歳になったばかりの頃、子育て支援センターでいきなり、「うちのパパはちんちんがありません!」と先生に言ったことがあり笑えたけど、恥ずかしかった。」(はるりん211さん)

まとめ

いかがでしたでしょうか?子どもが産まれてから子ども中心の生活にガラリと変わり、子どもに振り回される毎日を送っているママパパも多いと思います。でも幸せは日常のふとした瞬間にあるということを感じるエピソードが沢山あり、私自身も今日は子どもに少し優しくなれそうな気がしています!これを機に、ぜひお子さんやパートナー、家族と一緒に「こんな面白いことあったよね」という思い出話をしてみてくださいね。
そして、これからママパパになるという方へ。子育ては大変なことがある一方で、楽しいことも沢山あるということが少しでも伝われば幸いです。

また、子育て中にあった失敗談エピソードも面白いエピソードが沢山寄せられましたので、ぜひチェックしてください!

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード