そもそもチャイルド&ジュニアシートって?

車でお出かけイメージ,ジュニアシート,

チャイルドシートは、何歳まで必要なの?

チャイルドシートは、法律で6歳未満の幼児に使用が義務づけられています。でも、6歳になったからといってシートベルトで安全にドライブができるとは限りません。ご存知でしたか?

JAF(日本自動車連盟)では、身長が約140cmに達するまでチャイルドシートを使用し、子どもの安全を確保することを推奨しています。

シートベルトは大人の身長に合わせたものなので、身長が140cm以下だとフィットしないため有効に機能せず、安全を守ることができません。

つまり、6歳以上でも身体が小さな子どもの安全を守るためには、チャイルドシートやジュニアシートが必要なのです。

チャイルドシートとジュニアシートの違いは?

チャイルドシートは子ども用のカーシートの総称です。寝かせて使うことができる乳児用から、1歳~4歳くらいの幼児用がチャイルドシートと呼ばれ、小学校の終わり頃まで使える学童用がジュニアシートという名称で呼ばれています。

一般的には、最初にチャイルドシートを購入。その後、ジュニアシートに買い替えることが多いようです。

さらに、チャイルドシートとジュニアシートの両方の機能を備えたチャイルド&ジュニアシートと呼ばれる製品もあります。

成長に合わせたシート選び図,ジュニアシート,

結局、いつ買い替えたらいいの?

悩むママイメージ,ジュニアシート,

嫌がる、窮屈そう、抜け出してしまう。子どもの不満のサインが買い替えのタイミング!

ジュニアシートへの買い替えタイミングは、子どもたちの成長に合わせての判断が重要。乗っているときの様子や、嫌がり始めたときなどが不満・不快のサインです。

ここで、コズレ読者の先輩ママたちが体験したチャイルドシートでの子どもたちのサインを参考にしてみましょう。

「肩用のベルトが充分に引き出せず、かなり強く締まってしまうため、子どもが嫌がってすぐに両腕を抜いてしまいます。」

「子どもの体型とベルトの長さが合わず、窮屈そうだったり、緩くて腕が抜けてしまうので困りました。」

「ある程度成長してくると、シートベルトから自分で腕を抜いてしまうようになりました。腰しかとまっていないのが不安でした。」

「ベルトがねじれて固定できていなかったり、キツくて泣くことも多いので困ります。」

不満・不快のサインは色々ありますが、こうした様子が少しでも見られたら買い替えを検討しましょう。

子どもたちの不満はミスユースの可能性も。

ミスユースって、どれくらいあるものなの?

JAFミスユースデータ,ジュニアシート,

※データ引用元:JAFチャイルドシート着座調査http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/data/childsit2017.htm

先輩ママの口コミにあるような、チャイルドシートの不満・不快のサインに、ミスユース(誤使用)の可能性もあるといわれています。

事実、JAFが実施した調査結果によると、シート取り付け時のミスユース発生割合は幼児で63%。さらにシートに正しく座ることができていない着座時のミスユース発生割合は、幼児で約64%、学童では約41%が確認されました。

幼児では半数を超える方が取り付け、座らせ方を誤っている、というのは驚きです。

幼児ミスユース,ジュニアシート,

※ミスユース数は、1台のチャイルドシートに対し複数計上される場合がある。

では、座らせ方のミスユースとは、具体的にどんなケースが多いのでしょう?

幼児では、上図の通り、ハーネスの締め付けの不適正が50%近くあり、次いでハーネスの高さ調節の間違いが約26%となっています。

学童ミスユース,ジュニアシート,

※ミスユース数は、1台のチャイルドシートに対し複数計上される場合がある。

続いて、学童では、体格不適合が約35%、他にベルトの通し方の間違い、ベルトのよじれ・ねじれなどがありました。

先輩ママたちからも、窮屈そうで緩めると抜けやすいなどのコメントがあったように、ミスユースは子どもの体にきちんとフィットしていない、ハーネスベルトの締めつけや高さの調節があっていないということが、主な要因になっているようです。

「運転中に、肩からきているベルトを両方外しているのを見て、ヒヤっとしました。」

「気づくとベルトを外して立ち上がっていました。運転中だったので押さえることも注意することもできず、かなり怖かったです。」

運転中にヒヤッとしたり、不安を感じたりした経験のある先輩ママからのコメントも寄せられています。

子どもの不快や体のストレスは、安全性の低下にもつながります。こうしたミスユースを減らすためにも、日々成長する子どもの体に合っているのかをチェックするのが大切ですね。

あらゆる問題を解決!最新のチャイルド&ジュニアシートはここまで進化している。

このようにチャイルドシートからジュニアシートへの買い替えは、子どもの不満・不快のサインが出る前が理想的。でも、なかなかそのタイミングを見極めることは大変。

おすすめなのは、子どもが小さく早い時期から使え、どんどん成長していく子どもの体にしっかりとフィットして守ってくれるチャイルド&ジュニアシートを選ぶこと。

それを叶えたアップリカの最新のチャイルド&ジュニアシートの特長について、ここからご紹介していきましょう。

成長するからだに、ぴったりフィット。だから安全※、しっかりガード。

成長する体にフィット,ジュニアシート,

※子どもの成長に合わせて調節できるため。UN-R44/04適合。モデル年齢/1歳

1.1歳から11歳頃※まで使えるロングユースで、しっかりと子どもの安全を守る。

11歳頃まで使える図,ジュニアシート,

※モデル年齢/1歳、4歳、7歳

フォームフィットは成長に合わせてヘッドサポートの位置や、背もたれの高さだけでなく横の幅も変えられる構造です。シートベルトが使える身長になるまで安全に快適に子どもを守ってくれます。

また、1歳から11歳頃まで長く使えるので、乳児用として購入したチャイルドシートから、早めに買い替える対象の製品として選べることも魅力のひとつですね。
※体重9~36kgまで。年齢は目安となりますので、お子さまの体重に合わせてご使用ください。

2.ひとつのレバーで片手でらくらく調節、ぴったりフィット

背もたれシート,ジュニアシート,

片手でカンタンにワンタッチで調節できる機能は、ひとつのレバーで高さだけでなく、横幅とハーネスベルトの位置も調整可能。子どもの成長に合わせてぴったりと自在にフィットし、体に合わないという心配がなくドライブも安心です。

3.初めて※のISOFIX固定タイプ、取り付けも確実で安心。

ISOFIX取り付け,ジュニアシート,

車への取り付け方法は、確実・カンタン・より安全な、ISOFIXの固定タイプです。成長に合わせて高さと横幅が調節できるUN-R44/04適合のチャイルド&ジュニアシートでISOFIX対応は日本で初めて
※ひとつのレバーで成長に合わせて高さと横幅が調節できるUN-R44/04適合のチャイルド&ジュニアシートにおいて。2017年8月現在、アップリカ調べ。

何よりも安全性を大切に!成長する子どもを守り、快適さも充実した「フォームフィット」。

ローズ&グレー,ジュニアシート,

ここまで挙げた3つの安全性のためのポイントのほか、子どもの快適さを考えた機能も充実しています。

・リクライニング可能なシートが快適な姿勢を保つ。
・1~3歳頃までの小さな体によりフィットするクッション付。
・通気性の良い素材を使用した座面、シートカバーは手洗いも可能。

さらに、シックでデザイン性が高いことも魅力的です。黒を基調としたローズ×グレーに加え、ブルー×グレーの2種類のカラーバリエーションがあります。

「フォームフィット」の魅力を動画でチェック!

出典:youtu.be

まとめ

子どもとの快適なドライブのために、成長するからだにフィットして安全に守るシートを選びたいママ・パパには、アップリカの新製品「フォームフィット」がおすすめ。

1歳から使えるロングユースタイプなので、子どもの不満サインが出る前の、早めの買い替えがポイントですよ!操作性や座り心地など、店頭でも体験してください!きっとそのフィット感に驚くはずです。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード