鬼太郎茶屋のおすすめメニュー

キャラクターモチーフのメニューがあります

鬼太郎茶屋,鬼太郎茶屋,出典:www.youkai.co.jp

鬼太郎茶屋の妖怪喫茶では、「目玉おやじの栗ぜんざい」や「ぬり壁のみそおでん」、「妖怪抹茶せっと」など、ゲゲゲの鬼太郎で、お馴染みのキャラクター達をモチーフにしたメニューがおすすめです。

その他にも、季節限定メニューや、「二十世紀梨ソフトクリーム」、水木しげる先生の故郷である鳥取県の名物もそろっています。

食べ物だけでなく、「妖怪酒」や「鬼太郎ビール」などの飲み物もおすすめです。また、抹茶もありますよ。

イベントも行われていて、その時期の限定メニューがあります。webサイトに、イベント情報が記載されていますので、おでかけの前にチェックしてみてくださいね。

鬼太郎茶屋に併設されている、妖怪ショップの「ゲゲゲの森」には、ゲゲゲの鬼太郎グッズに加え、水木しげる先生の著作本・関連書籍などがあります。

この記事に関連するリンクはこちら

子連れで行きやすいポイント

豊かな自然に囲まれてくつろげる&散策もおすすめ!

癒しのデッキ(2階),鬼太郎茶屋,出典:www.youkai.co.jp

鬼太郎茶屋の妖怪喫茶のメニューのかわいさはもちろん、キャラクターの等身大フィギュアが席の片隅に座っていたり、遊び心満載のお店です。小さい子どもも喜んで過ごせる空間になっています。

また、鬼太郎茶屋は、東京都内とは思えないほど自然豊かな地域にあります。2階にある「癒しのデッキ」では、深大寺から広がる木々の優しい空間になっています。広々とした木製デッキで、ゆっくり過ごしてくださいね。

「妖怪ギャラリー」では、水木しげる先生の紹介コーナーや貴重な妖怪画、妖怪フィギュアなどが並んでいます。またこちらでは「妖怪日本地図」を見ることができます。

不定期で展示内容が変わるので、いつ訪れても楽しめる場所になっています。境港市にある、「水木しげるロード」や水木しげる先生のふるさとの紹介コーナーもありますよ。

最寄り駅からの鬼太郎茶屋への行き方

アクセスは、JR中央線の三鷹駅・吉祥寺駅の南口から出る、京王バス・小田急バスの調布駅北口行を利用し、「深大寺入口」または「深大寺小学校」のバス停で降車後、徒歩約5分のところにあります。

車での利用の際は、中央高速の調布インターを下り、国道20号から武蔵境通りを左折してください。駐車スペースは有料になります。鬼太郎茶屋の定休日は月曜日(祝祭日の場合はその翌日)です。

鬼太郎茶屋 調布市深大寺の住所、TEL、営業時間、アクセス、等の基本情報

【住所】
東京都調布市深大寺元町5-12-8

【アクセス】
京王線 調布駅から1740m
京王相模原線 調布駅から1740m
京王線 布田駅から1910m
京王線 国領駅から2030m

【営業時間】
10:00~17:00(飲食のL.O.) 10:00~16:30(ギャラリーの最終入場は16:45まで)

【定休日】
月曜日(※ 月曜が祝祭日の場合は翌日に振替)

【お問い合わせ】
042-482-4059

【赤ちゃんデータ】
雨の日 ◯
ベビーカー ◯
レストラン施設 ◯
売店 ◯

【おでかけヒント】
・おむつ交換台はお店横のトイレにあります
・お店、横のトイレには子ども用便座もあります

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

いかがでしたか?鬼太郎茶屋はゲゲゲの鬼太郎ファンだけでなく、鬼太郎を知らないお子様も楽しめると思います。

ぜひお子様を連れて、鬼太郎茶屋を訪れてみてください。時間に余裕があったら、ほかのお店や深大寺の境内、神代植物公園なども散策すると、きっと素敵な休日になりますよ。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。