【1】ミュージアム「クツのオーツカ資料館」の見どころ

身長8メートルの人が履くジャンボシューズが見られる!

「クツのオーツカ資料館」のジャンボシューズ,靴,工場,見学出典:www.otsuka-shoe.com

ミュージアム「クツのオーツカ資料館」には、色々な種類の靴が展示されているのですが、中でも見どころなのは全長が145センチもある「ジャンボシューズ」です。身長8メートルの人が実際に履くとこんな大きな靴になるそうです!これだけでもびっくりですね。

これは長さだけでなく重さも一流で1足当たり65キロもあるのです。展示用ではありますが、高級な牛革で作られていて1足で4頭の牛革が使われています。

そしてこれまた驚きなのが、普通の靴を作るのと同じ工程で作られていて全部が手縫いになっています。手縫いと言うことは日数もそれだけかかって、1足作るのに90日かかっているのです。

これには驚きです。そんな時間と労力を使って作られた「ジャンボシューズ」は、ぜひご自分の目で確かめに行ってください。子どもも喜ぶことは間違いなしですね!

【2】ミュージアム「クツのオーツカ資料館」の特典

宇宙に行くときに履いた靴が見られる

「クツのオーツカ資料館」の「ルナブーツ」,靴,工場,見学出典:www.otsuka-shoe.com

ミュージアム「クツのオーツカ資料館」に出かけたら、ぜひここでしか見ることができない靴も見て行ってください。

中でもおすすめなのが、「ルナブーツ」と呼ばれる月面に着いた靴です。これは実際1969年にアポロ11号が月面に着陸した時に履かれていた靴のレプリカで、かなり貴重な1点です。

そもそもはNASAで開発されたものですし、これは子どもの自由研究のアイディアとしてはとてもおすすめです。他にも魅力的な展示は、世界中の民族靴にお目にかかれることです。

今はやりのモカシンの発祥なども勉強することができますし、靴なのに職業の道具になっていたものなど、聞いただけでも興味が湧きますよね?!世界中のあらゆる民族が、どのように靴を使っていたのか知るのにとてもいいと思いますよ。

【3】ミュージアム「クツのオーツカ資料館」の申込方法

入場料は無料

「クツのオーツカ資料館」,靴,工場,見学出典:www.otsuka-shoe.com

ミュージアム「クツのオーツカ資料館」は横浜の日吉にあるのですが、運営している大塚製靴が創業120年になったことを記念して作られました。

入場料は無料なので特に申し込みをする必要はありませんが、休館日が土日祝日なので注意が必要です。更に工場が休日に入っていると資料館もやっていないので、こちらも行く前に調べてみてください。

アクセスとしては、東急東横線の日吉駅東口からバスで10分程度です。開館している時間は、午前10時から午後4時までです。

歩き始めたらだれもが利用することになる靴の歴史!意外と知らないこともあり、大人でもびっくりすることもありますよ!ぜひぜひ子どもも一緒に見に行っていただきたいです。興味を持つことは間違いなしです!

クツのオーツカ資料館の住所、TEL等の基本情報

【住所】
神奈川県横浜市港北区日吉本町4-8-1

【アクセス】
グリーンライン 日吉本町駅から500m
グリーンライン 日吉駅から1120m
東急東横線 日吉駅から1120m
東急東横線 綱島駅から1190m

【営業時間】
10時00分~16時00分

【お問い合わせ】
045-561-2701

【赤ちゃんデータ】
雨の日 ◯

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

クツのオーツカ資料館のまとめ

今回はミュージアム「クツのオーツカ資料館」を紹介させていただきました。いかがでしたか?ミュージアム「クツのオーツカ資料館」では、「ジャンボシューズ」や「ルナシューズ」などおもしろい靴を見ることができます。

いろいろな靴を楽しみながら、歴史も勉強できるなんて最高ですよね。子どもも大人も楽しめると思いますので、ぜひ一度みなさんで訪れてみてください。

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。