【1】造幣局さいたま支局の工場見学

土日休み。平日のみですが一見の価値あり!

日本の硬貨,造幣局,見学,

見学は工場か稼働している月曜日から金曜日の平日のみ、見学通路から自由に見学をすることができます。通路のガラス越しに「プルーフ貨幣」という特殊な技術で表面を浮き上がらせて刻印された記念硬貨の製造過程や、職人さんによる勲章づくりなどを見学できますよ。

その職人技には思わず見入ってしまうほど。見学料や入場料は一切かからないので家族で社会科見学な1日におすすめです。

【2】造幣さいたま博物館

入場無料。写真撮影もOK!

記念貨幣,造幣局,見学,

造幣局さいたま支局では、博物館も併設されています。館内には貨幣の歴史や作り方のパネル展示、過去に日本国内で行われたオリンピックメダル、記念硬貨などがずらりと展示され、どれもその美しさに見とれてしまいますよ。

褒章メダル以外は写真撮影が可能なため、家に帰ってからもその硬貨の歴史などを再度学ぶことができそうですね。

体験コーナーもあり、中でもユニークなのがお金の健康診断をしてくれる機械です。実際に自分が持っている硬貨を装置の中に入れると、直径や厚さ、重さを測り、お金が「健康か」診断をします。摩耗などがひどい硬貨だと「働きすぎ」と診断をされることもあるそうですよ。

他にもコインを選別する機械や、100円玉のはめ込みパズルなど、小さな子どもでも楽しめる体験コーナーになっています。

【3】事前予約制のガイドツアー

より詳しく知りたい方はこちらがおすすめ

硬貨全種類,造幣局,見学,

自由見学ができる造幣局さいたま支局の工場見学ですが、ガイドによる見学ツアーも実施しています。事業紹介ビデオを観た後に、説明を受けながらの工場見学ができますよ。貨幣などの製造過程も詳しい説明を聞けば、より技術のすばらしさに触れることができるでしょう。

見学後は博物館も自由見学ができます。ツアーの開始時間は午前10時と午後2時で、所要時間はそれぞれ1時間30分ほどとなっています。予約は2ヶ月前から10日前まで、定員が100名ほどで、定員になり次第締め切りとなります。

【4】ミントショップ

記念硬貨をお土産に

29年度記念コインセット,造幣局,見学,出典:www.mint.go.jp

誰もが価値の分かっているお金ですが、1Fの売店「ミントショップ」では記念コインや新品コインがセット販売されていて、コレクターのみならずプレゼントなどにもおすすめです。

特別な年の記念コインセットや、都道府県ごとの記念セット、オリンピックや世界遺産認定など様々な記念コインに不思議な魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

結婚した年や子どもの生まれた年など、特別な記念をコインで綴るというのも素敵ですよね。年号を意識することで、その年の出来事や、日本の歴史に興味を持つ足がかりとなるかもしれません。

【5】住所、駐車場等の基本情報・周辺情報

駐車場は無いので、公共交通機関利用がおすすめ

さいたま新都心,造幣局,見学,

JR宇都宮線・高崎線・京浜東北線各線の「さいたま新都心」駅が最寄りで、徒歩で約12分ほどの場所にあります。施設内に駐輪場がありますが、普通乗用車の駐車場の用意は無いため、自家用車の場合は近隣のコインパーキングなどを利用する必要があります。

また駅からの道沿いにはショッピングモールの「コクーンシティ」があるので、買い物などと併せておでかけもできますよ。

住所、電話番号など

【住所】
埼玉県さいたま市大宮区北袋町一丁目190番地22

【アクセス】
JR上野東京ライン さいたま新都心駅から700m
JR宇都宮線 さいたま新都心駅から700m
JR高崎線 さいたま新都心駅から700m
JR京浜東北線 さいたま新都心駅から700m
JR京浜東北線 与野駅から1230m
JR埼京線 北与野駅から1260m

【営業時間】
午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

【定休日】
土日・祝日・年末年始(博物館は日曜日開館)

【お問い合わせ】
Tel.048-645-5899

【赤ちゃんデータ】
雨の日 ◯
売店 ◯

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

今回は造幣局さいたま支局の工場見学について紹介させていただきました。普段、当たり前のようにあって大事な、お金の仕組みや歴史などを楽しみながら学習できますよ。見学料も無料なので、ぜひ親子でおでかけしてみてくださいね。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。