1年の中で気温も湿度も一番低いこの時期、気になるのが空気の乾燥。

冬は特に、乾燥からお肌を守ることが大切な時期です。みなさんは、どのようにお肌の乾燥対策をされていますか?

加湿器を使ったり、水分をしっかり摂ったり、できることはいろいろ。スキンケア用品で、お肌のケアをしている方も多いと思います。

では、「家族」のお肌のケアはいかがでしょうか?ケア用品を使っているのは、意外とママだけなんてことも多いみたい。

家族で”ばしゃばしゃ”使えると評判!

たっぷり入っているから家族みんなで使える!

無印良品の敏感肌用化粧水,無印良品,敏感肌,化粧水

お肌の乾燥対策には、毎日のお手入れが大切です。

お手入れの基本はまず洗顔。洗顔の目的は汚れを落とすこと。肌に必要な成分まで落としてしまわないよう、ゴシゴシ洗わないことが大事です。洗顔が終わったら、すぐに保湿。

保湿の基本といえば「化粧水」と「乳液」。使う順番は、化粧水が”先”で乳液が”後”です。そして、順番以上に気をつけたいことが、使う量。

高価な商品を使っていると、どうしても使う量が少なくなってしまいがち。さらに、ママだけでなく、家族みんなで使うとなるとなおさら。しっかりと保湿するためには、たっぷり使って行き渡らせることが大切です。

敏感肌用というと高価なものが多いですが、無印良品の化粧水は価格も魅力的。そして、量がたっぷり入っているからばしゃばしゃ使える点が、何よりも魅力。やっぱり、ついつい、量は気になりますが大丈夫。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

無印良品らしいこだわりが嬉しい。

家族みんなで使える安心にもつながります。

敏感肌用化粧水のラインナップ,無印良品,敏感肌,化粧水

無印良品の敏感肌シリーズは、こだわりが詰まっています。家族で使うことを考えると、成分もしっかりと確認したいですね。

成分のこだわり!
敏感肌シリーズは、デリケートな肌にもやさしい低刺激性です。無香料、無着色、無鉱物油で、さらに、パラベンフリー、アルコールフリーです。また、うるおい成分のグレープフルーツ種子エキスと肌保護成分のスペリヒユエキスを配合した、天然植物成分を使っています。

肌に低刺激という点は、家族みんなで使うことを考えると使いやすい。

水へのこだわり!
敏感肌シリーズの水は、岩手県釜石の洞窟から汲み出される天然水。
粒子がとても細かく、ミネラル分も極めて少ない超軟水。この水は、飲んでもおいしい水でもあるのです。

涙と同じくらいの弱アルカリ性だから、肌に”すっと”なじみます。化粧水は「水」が約80%だからこそ、水へのこだわりは嬉しいですね。

ボトルのデザインも魅力!
無印良品の商品は、デザインがシンプルであることも特徴ですね。敏感肌シリーズのボトルも、無駄な装飾がない、シンプルなデザイン。

「化粧品」だけれど、お店ではパパも手に取りやすいデザインです。お家では、並べておいても綺麗です。

1年間で”211万本”も販売。

@cosmeのベストコスメアワード2014でも年間1位を獲得!

@cosme ベストコスメアワードのロゴ,無印良品,敏感肌,化粧水

化粧品は、1年間で200本売れれば大ヒットと言われています。

無印良品の敏感肌用の化粧水は、なんと!「1年間で211万本」も販売。アットコスメのベストコスメアワード2014でも年間第1位に選ばれています。

次は、是非、皆さんにも手にとって頂きたいです。

この記事に関連するリンクはこちら

敏感肌シリーズは3種類。

さっぱり、しっとり、高保湿から、自分にあったものを!

無印良品のフェイスパック用ローションシート,無印良品,敏感肌,化粧水

敏感肌シリーズの化粧水は3種類。
 ・さっぱりタイプ
 ・しっとりタイプ
 ・高保湿タイプ

基本的な成分は同じで、「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の違いは使用感。「さっぱりタイプ」は、スーッとする感じ。
「高保湿」は、ヒアルロン酸を配合して保湿性を高めています。

無印良品では、化粧水を浸すだけで簡単にフェイスパックができるローションシートもあります。敏感肌シリーズとあわせて使ってみて下さい。

まとめ

比較的あたたかいと言われる冬であっても、やっぱり空気は乾燥します。お肌にとって乾燥は大敵。ママだけではなく、パパも一緒にケアできると良いですよね。

無印良品の敏感肌シリーズは、「水」にこだわり、「成分」にこだわった商品です。たっぷり入っているのに、手に取りやすい価格も魅力。

この冬、家族みんなで、ばしゃばしゃ使って、しっかり保湿を楽しみましょう。

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。