こんにちは。おちょこもちです!

本日もコメ太(4歳長男)とパンちゃん(次男2歳)のたわいなくも、衝撃的な日常の一部をマンガでお送りしますっ!

この話はまだパンちゃんが1歳児のときのこと。まだ上手く話すことも出来ず、それがまたもどかしいようで、、、よく泣いていました。この時は積み木を一人でしてて

怒り1,,,

積み上げた積み木が倒壊

怒り2,,,

怒りを積み木にぶつけ・・・

怒り3,,, 怒り4,,,

・・そりゃ。。。痛いわな。

さも「誰かに痛い目に遭わされた〜〜!!!」的な感じで駆け寄ってきて、ぎゃあぎゃあ泣き喚いてきて、、、

わたしも表面上は「痛かったね〜」よしよししながら、でも心の中では「でも・・・それ・・・自分でやったやん。」ってつぶやいてました。

でも大人でもありそうだな〜。イラッとして、そのイライラを何かにぶつけたくて机の足や壁をドンっって蹴ったら思いのほか痛くて、さらにイラッとする、、、みたいな。

でもなんだか、それをこんな小さい子が一人でやっててコロコロ表情が変わって。「おいおい・・・」って思いながらも、おもろい生物だな〜〜と観察してました。



「VS怪獣兄弟~コメタパン育児絵日記~」|バックナンバー



【ご報告】

遂にコメタパンLINEスタンプ出来ました! コメタパンラインスタンプ,育児マンガ,マンガ,あるある

コメタパンで検索しても出てくるよ♪

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。