休みの日、雨が降ったときお子さんを遊ばせるのに行き先に困ったことはありませんか?
 
地下鉄博物館は、雨の日にお子さん連れでおでかけするにするには絶好のスポットです。
 
しかも入場料が大人210円、子ども100円という安さで楽しめます。そんな、大人にとっても子どもにとっても素敵なスポットをご紹介します!
 
東京の地下鉄博物館に子連れでおでかけのイメージ画像* 写真はイメージです
 
 

地下鉄博物館


駅直結の博物館!


東京の地下鉄博物館の画像01出典:http://www.chikahaku.jp/contents/recommendation/rainyday.html
 
 
お子さん連れで大変なのが移動です。荷物も多いし、ベビーカー押して、お子さんの手を引いて、、、という状態なので少しの距離でも、一人で歩いているときとは全くわけが違います。
 
それがまた雨の日ともなると、倍以上に大変です。そういった面では、この地下鉄博物館は駅からの移動距離が本当に少なくて済みます。
 
最寄り駅である、東京メトロ東西線葛西駅の高架下部分に地下鉄博物館はあるので駅から降りてほとんど歩かずして、着いてしまいます。
 
 

実際に動くメトロパノラマ!


東京の地下鉄博物館の画像02出典:http://www.chikahaku.jp/contents/facilities/enjoy.html
 
 
お子さんが喜ぶ電車といえば、やはり電車模型ではないでしょうか?ここには、東京の地下鉄を再現した、メトロパノラマがあります。決まった時間に、1日4回実施されています。
 
朝の始発から始まり、終電までの地下鉄の1日の動きがよくわかるようになっています。地下のそれぞれのメトロがどのような位置関係で走っているのか、とてもよくわかるようになっていますs。見ているうちに、子どもだけでなく、大人もいつの間にか夢中に見入ってしまいます。
 
 

ビデオ・映画上映会


東京の地下鉄博物館の画像03出典:http://www.chikahaku.jp/contents/facilities/enjoy.html#hall
 
 
平日はまんが映画、休日は地下鉄映画、そして時々イベントコンサートをしたりと多目的に使われているホールがあります。いつ行っても、必ず何か上映なり、催しがあるので、お子さんたちに人気のコーナーです。
 
ここのすばらしいところは、なんといっても入場料のみで追加料金を支払うことがないということ。入場料だけで映画やコンサートまで楽しめてしまいます。ゆっくり座りながら見られるので、休憩もできるということで大人にとってありがたいコーナーのひとつです。
 
 

まとめ


いかがでしたか?電車好きなお子さんをお持ちのご家庭でしたら、特に楽しんでもらえるスポットです。
 
今回ご紹介した特徴だけでなく、ほかにももっと楽しい展示やコーナーがあるので、ぜひ家族皆さんで遊びにいってみてください。1日中、十分楽しめると思うので、おすすめです!
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


地下鉄博物館


 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード