子どもとまだ行ったことがないスポットに行ってみたい方は、博物館に行かれてはいかがでしょうか。今回は、東京都にある分野特化型のユニークな博物館を4ヶ所ご紹介します。親子で楽しんで学べるおすすめの施設ですよ!
 
博物館を見学する子どもの画像* 写真はイメージです
 
 

【1】地下鉄博物館


シミュレーターで運転体験ができる。


丸ノ内線第1号車の画像出典:http://www.chikahaku.jp/contents/facilities/learn.html#rekishi
 
 
地下鉄博物館は、東京メトロ東西線葛西駅の高架下にあります。雨の日のお出かけにも濡れずに行けるスポットです。
 
切符を自動改札機に通して入館するので、子どもが喜ぶでしょう。館内には日本初の地下車両が展示されていて、中に入ることもできます。また、小学生以上ならシミュレーターで運転体験をすることができます。揺れまで体験できて楽しいですよ。
 
館内は一部の施設以外はバリアフリーとなっていますので、ベビーカーを使いやすいです。オムツ替えベッドは女性用トイレと男性用トイレの両方に設置されていて、授乳室もありますので、乳幼児をお連れの方も安心です。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


地下鉄博物館


 
 

【2】国立科学博物館


国立の総合科学博物館はここだけです。


国立科学博物館の画像* 写真はイメージです
 
 
上野公園内にある国立科学博物館は、日本で最も歴史のある博物館の1つです。子どもが小さい頃から本格的な科学博物館に連れて行くと、自然や科学に興味を持つきっかけとなるでしょう。
 
常設展は日本館、地球館がありますが、地球館は現在一部リニューアル工事中なので平成27年7月14日にリニューアルオープンの予定です。
 
特別展は、平成27年6月14日までは「大アマゾン展」が開催され、貴重な資料が展示されています。
 
授乳室やオムツ交換ベッドの設置がありますので、乳幼児をお連れでも安心です。ベビーカーの貸し出しもあり、入口の総合案内所で借りることができます。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


国立科学博物館


 
 

【3】東京都水の科学館


水について楽しく学べる。


水の科学館の画像出典:http://www.mizunokagaku.jp/guidance/aqualab.html
 
 
東京都水の科学館は、水について学ぶことができるスポットです。子どもたちが飽きないように楽しみながら学ぶ工夫がされているので、小さい子どもも楽しめるでしょう。
 
学ぶだけでなく、実際に水に触れて水遊びをする玩具もあり、水鉄砲でおもいっきり遊ぶこともできますよ。
 
地下には有明給水所という本物の給水所があり、ガイドさんと一緒に探検するツアーもあります。
 
入館料は無料なので、お金をかけずに楽しむことができます。一般の駐車場はありませんので、公共交通機関を利用して行きましょう。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


東京都水の科学館


 
 

【4】消防博物館


珍しい消防車も見られる。


pic-kannai-3f_henshin出典:http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/mus/mus-kannai-3f.html
 
 
四谷消防署と同じ建物内にある消防博物館は、アニメや模型で消防について楽しく学ぶことができるスポットです。東京メトロ丸の内線四谷三丁目駅の2番出口に直結していますので、雨の日でも濡れずに行くことができて便利です。
 
子どもが大好きな消防車の展示があり、中には大正時代のものもあって珍しいです。消防車以外には、消防ヘリコプターや二輪消防車、救急車の展示もありますよ。
 
入館料は無料ですが、豊富な資料で消防の歴史を学ぶことができ、消火服を着て記念撮影もできます。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


消防博物館


 
 

まとめ


いかがでしたか?東京都にはスケールが大きな国立の総合科学博物館もあれば、1つの分野に特化したユニークな博物館もありますので、子どもと一緒に行ったらいろいろなことに興味を持ちそうですね。ぜひ親子で博物館に行って楽しく学んでください。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】地下鉄博物館


 

【2】国立科学博物館


 

【3】東京都水の科学館


 

【4】消防博物館


 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

※掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。