春の味覚といえば皆さんは何を思い浮かべますか?魚介にスイーツにおいしいものがならぶ季節ですが、その中でも山の幸を代表する「たけのこ」は、まさに春のこの季節でないと味わえない逸品です。
春の旬の時期を逃すと新鮮な国産の天然のものを手に入れるのが難しく、お料理するのにも今が一番おいしい時期になっています。せっかくの旬を逃さないうちに家族でたけのこ掘りができるスポットをまとめました。今回は静岡県、愛知県、岐阜県のスポットをご紹介いたします。

【1】南伊豆一条竹の子村|静岡県

春のたけのこ狩りのほか季節の味覚を収穫


たけのこ掘り旬一条の画像出典:http://www.minami-izu.net/takenoko/
静岡県の南伊豆一条竹の子村は、下田駅よりタクシーで10分のところにあるスポットです。東京からは特急踊り子号直通で3.5時間と、都心の方でも訪れやすいスポットになっています。春のたけのこをはじめ、甘夏みかんやしいたけなど季節ごとにさまざまな味覚狩りを楽しむことができます。
ここでは4/1~5/5をたけのこ掘りの期間としていて、その間は無休で営業しています。四季の入園料金は、大人が650円、子どもが300円、幼児は無料で、収穫したものを買い上げるシステムです。竹林に竹の子堀りの鍬は置いてあるそうなので、手ぶらで行けるのも良いですね。

住所や電話番号など詳細はこちら


南伊豆一条竹の子村


【2】大高緑地|名古屋市緑区

都会の身近なオアシスに眠るたけのこ探し!


たけのこ掘り旬名古屋の画像出典:http://aichi-koen.com/odaka/odaka-shisetsu/
愛知県一の繁華街、名古屋にてたけのこを掘ることができる場所があるのをご存知ですか?名古屋市緑区に「都会の中の身近なオアシス」として存在する大高緑地では、4/4、4/11、4/18、4/25の毎週土曜日に、指定エリア内で終日たけのこ掘りを行うことができます。
それぞれのファミリーのご予定に合わせて好きな時間にたけのこ掘りをすることができますが、開催日以外のたけのこ掘りと指定エリア以外でのたけのこ掘りはNGです。竹林入口に注意看板がありますので、それらをよく読んだうえでマナーを守って譲り合ってご利用ください。駐車場利用時間は7時~19時。

住所や電話番号など詳細はこちら


大高緑地


【3】五宝平自然園|岐阜県

たけのこ、くり、まつたけなどの味覚狩り


岐阜県加茂郡にある五宝平自然園は、たけのこ、栗、まつたけなどを狩ることができるスポットです。秋には自然の中で育った国産のまつたけをぜひ味わいたいという観光客が多く集まるそうです。味覚狩りのスケジュールは午前中に山に入り、山小屋で昼食をとったのち、味覚狩りを行います。
普段見慣れない山小屋での時間に子どもたちもワクワクしてしまうかも。料金は大人4,000円子ども3,500円でたけのこ3本のお土産つきです。また、バーベキュー可能なキャンプ場もあり、アウトドアを一日みっちり楽しみたいというファミリーにはぜひおすすめしたいスポットです。

住所や電話番号など詳細はこちら


五宝平自然園


まとめ


いかがでしたか?春の味覚、たけのこを探しに行くことのできるスポットをご紹介いたしましたが、いかがだったでしょうか。今は一年中どんな食材でも手に入れることができ、昔ほど旬というものを感じづらくなったとは聞きますが、それでもやはり旬の味覚というのはほかの季節にはない特別な味わいを感じるものです。
またお子さんたちに実際に食べるためのものを収穫する体験をさせることで、食べ物を手に入れることの大変さやや感謝の心を知ることにつながるかもしれません。おいしさ以外にもさまざまなものを感じることのできる春のたけのこ狩り、旬を逃さないうちにぜひ楽しんできてくださいね。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】南伊豆一条竹の子村


【2】大高緑地


【3】五宝平自然園


「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ



・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。