本日も、子育て絵日記4コママンガをお送りします!
(今回は、4コマではなく8コママンガになります)
母乳育児を頑張ろうと思っていたものの、早くも失敗の予感…。
 
※私、hitomiは2014年5月に里帰り出産しており、現在は妊娠・出産・その後の育児を振り返るかたちで、妹megumiと2人でこのマンガを描いています。
 
母乳育児失敗の予感
 
 

55 母乳育児失敗の予感(0歳0ヶ月頃)


母乳育児失敗の予感
 
自分の怠慢を暴露することになるので、ネタとして描くかどうか迷ったのですが、これから育児をされる方が同じ失敗をしないように、正直に告白することにします…。
(まぁ、私と同じような失敗をする人は、そういないと思いますが…。)
 
退院後、母乳を吸わせようと頑張っていたものの、それだけでは満足してくなかったので、オッパイを飲ませたあとはミルクを足す毎日。
 
しかし、生後10日を過ぎた頃から「そんなんじゃ、足りねーよ!」と言わんばかりに、オッパイを飲ませようとすると足で蹴りを入れてくるように。
あぁ、今思い返しても、すでにこの時点で上手くいってない…(汗)
 
そんなとき、母が若かりし頃、育児の合間に読んでいたという育児本を貸してくれました。
本には、病院で指導されたとおり「最初は朝・昼・晩も欠かさず、2〜3時間毎にこまめにオッパイを吸わせること」と書いてありました。
それは分かっている。ちゃんとやるから。夜もちゃんと起きるから。
 
そう思っていたものの、つるちゃんは親思いの良い子で、新生児の頃も夜0時台に寝たら大きな泣き声を上げることなく、次に起きるのは朝の5時台。
よって、夜中の授乳をすっ飛ばし、5時間は間が空くことに。
多少お腹が空いていても、私がイビキをかいて寝ている横では、つるちゃんは手をしゃぶってじーっと見ていたとのこと(早朝に起きて様子を見ていた家族の証言より)
 
このように頻回授乳をせずにサボっていた時間帯もあり、最後まで完全母乳は実現しなかったのでした…。
私の周囲のママはみんな、完全母乳で育てている人たちばかりなのに…。
 
そういえば、育児本に「最初から哺乳瓶を使いすぎると、吸うと沢山出てくるから哺乳瓶の方が楽だと感じて、赤ちゃんがオッパイを嫌がるようになる(乳頭混同)」と書いてありました。
まさに、全部当てはまっとるやん…。
蹴り飛ばされても、ギャン泣きで嫌がられても、哺乳瓶を封印して、オッパイを吸わせるべきだったんでしょうねぇ…。
 
次の記事ボタン 前の記事ボタン
 


【子育て絵日記4コママンガ】つるちゃんの里帰り|バックナンバー



 
 
メッセージはFacebookファンページまで!
つるちゃんFacebookページ
 
 
LINEスタンプ『物申す赤ちゃん。』配信中!
o0220022013172810052
・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード