子どもってフライドポテトが大好きですよね!ファーストフードやファミレスのサイドメニューとして大人気のフライドポテトですが、最近はそのフライドポテトをメインメニューとする専門店が話題です。
 
専門店だと、どんな種類のフライドポテトがあるの?どんなフレーバーがあるの?オーダーの仕方は?などとギモンがいっぱい!そこで、今回は全国にあるフライドポテト専門店の中から人気の2ショップをピックアップしてご紹介します。
 
子連れでおでかけ* 写真はイメージです
 
 

【1】AND THE FRIET(アンド・ザ・フリット)広尾本店|渋谷区


バラエティ豊かなイモの種類・カットスタイル・ディップソースをお好みで!


アンドザフリット外観出典:https://www.facebook.com/andthefriet
 
 
海外のようなオシャレな外観が印象的なお店です。芋の種類は季節によって異なる6種類(国産・ベルギー産のジャガイモやサツマイモなど)。カットスタイルもストレートからカールまで6種類。その中からお好みの芋とカットスタイルを選んで注文。貯蔵方法にこだわった芋の味は格別で、カットスタイルによって食感が変化するのも楽しいです。
 
オーダーが入ってから2度揚げされた出来立てアツアツのフライドポテトにはお好きなトッピングやディップをどうぞ!ディップは10種類。自家製マヨネーズやケチャップといった基本からシーズン限定フレーバーまであるので「どれにしようかなー」と子どもと一緒に楽しんでくださいね。
 
 

英国式フライドフィッシュなど、サイドメニューにもこだわりを感じます!


アンドザフリットおかずメニュー出典:http://www.andthefriet.com/
 
 
メニューはフライドポテトだけではありません。イギリスの伝統的な製法で作られるフライドフィッシュや、ポテトとの相性抜群のソーセージ、ヘルシーなひよこ豆を使ったコロッケ、チリチーズビーンズ、スパイスにこだわった特製フライドチキンなどサイドメニューも充実。
 
他のお店だとフライドポテトがサイドメニューですが、ここでは逆になるのがちょっと面白い感じですよね。メインのフライドポテトと併せて楽しみたいメニューばかりです。もちろん、ドリンクもコーヒーやオレンジジュース、自家製ジンジャーエールなどが取り揃えられています。
 
また、自家製マヨネーズやベジタブルオイルなどは購入もOK!おウチでも美味しく使えます。他にもバッグやバッジなどオリジナルグッズもオシャレです。
 
 

このスポットの詳細などはこちら


AND THE FRIET(アンド・ザ・フリット) 広尾本店


 
 

【2】Robson Fries(ロブソンフライズ)下北沢店|世田谷区


チーズとグレイビーソースのかかったカナダスタイルが美味しい!


ロブドンフライ・フライドポテト出典:https://www.facebook.com/robsonfries
 
 
下北沢にあるロブソンフライズの代表メニューは「プーティン」と呼ばれるカナダ発祥のフライドポテト。アツアツトロ~リをフォークで食べるスタイルです。チーズとグレイビーソースのみで味わうプレーンの他に、ローストビーフやソーセージ、ミートボール、マッシュルームなどのアレンジメニューがあります。
 
ロブソンフライズもポテトは2度揚げ。出来立てを味わうため、しばしお待ちくださいね。サイズはレギュラー・ラージ・カナディアンサイズ(ラージの2倍)から選べます。ファミリーならカナディアンサイズをシェアするのがお得かも?でも、レギュラーサイズをいくつか注文して味見をするのも楽しいかもしれません。
 
各100円で、チーズやフライドオニオン、フライドガーリックのトッピングも可能です。ぜひ色々な味にチャレンジしてみてくださいね。
 
 

米油100%使用なので、とてもヘルシー!子どもにも安心です


ロブソンフライ外観出典:https://www.facebook.com/robsonfries
 
 
「芋」という看板が印象的な店構えのロブソンフライズでは「ジャンクに健康を」という信念のもと、全ての揚げ物には100%米油を使用しています。米油は熱や酸化に強いだけでなく様々な栄養素が含まれていてとってもヘルシー!マーガリンやショートニングは一切使用していないので、子どもにも安心です。
 
サイドメニューにはワタリ蟹のディップ、チキンウィング、シーザーサラダなどの本格派や、ベーコンバナナなどユニークなメニューも揃っています。下北沢に来たら一度は立ち寄ってみたいスポットです。
 
 

このスポットの詳細などはこちら


Robson Fries(ロブソンフライズ)下北沢店


 
 

まとめ


いかがでしたでしょうか?フライドポテトと言ってもショップごとに様々なスタイルやこだわりがあることがわかりました。どちらにも共通しているのは、熱々を楽しむためにオーダーが入ってから2度揚げすること。そのため他のファーストフード店より少々時間がかかってしまうかもしれませんが、美味しいフライドポテトを食べるためなので、ガマンガマン・・・。
 
フライドポテトはテイクアウトもできるので、ピクニックなどのおでかけのお伴としても便利ですよね。ランチでもオヤツでもファミリーみんなで気軽につまめるフライドポテト、これからは脇役ではなく主役として楽しんでみてくださいね。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】AND THE FRIET(アンド・ザ・フリット) 広尾本店


 

【2】Robson Fries(ロブソンフライズ)下北沢店


 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。