寒い日が続くと、春が待ち遠しいですね。春には、いちご狩りを楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。
いちご狩りといえば、少し遠出するイメージがありますが、横浜や川崎でもいちご狩りが楽しめちゃいます。すでに、いちご狩りの営業を開始している農園もありますので、ぜひ、チェックしてみて下さいね。

【1】ひでくんちのいちご畑&やさい畑

ベビーカーでも安心のバリアフリー!


いちご狩り、神奈川、<br>ひでくんちの画像出典:http://www.hidekunchi.com/
横浜市都筑区池辺町にある、ひでくんちのいちご畑&やさい畑は、地面から1m ほどの高さでイチゴが摘める「高設栽培」です。立ったままいちごの摘み取りができるので楽ですね。
車イスやベビーカーも安心のバリアフリーで、通路の幅も広くゆったりとした空間でいちご狩りが楽しめます。
地下鉄グリーンライン「都筑ふれあいの丘」駅から徒歩10分。電車でのアクセスも良さそうですね。

住所や電話番号など詳細はこちら


ひでくんちのいちご畑&やさい畑


【2】徳江農園


4種類の苺が楽しめる!


いちご狩り、神奈川、<br>徳江農園の画像出典:http://tokuenouen.jp/point.html
横浜市青葉区下谷本町にある徳江農園は、紅ほっぺ、さちのか、あきひめ、あすかルビーの4種類の苺の味が楽しめます。
中でもおすすめは、あすかルビー。「赤い宝石」と言われ大粒で糖度たっぷり果実に適度な酸味と甘くジューシーな味わいだそうですよ。食べ比べも楽しめますね。

住所や電話番号など詳細はこちら


徳江農園


【3】ゆめが丘農園

420坪の広々とした園内!


いちご狩り、神奈川、<br>ゆめが丘の画像出典:http://yumegaokanoen.com//
横浜市泉区下飯田町にあるゆめが丘農園は、420坪の広々空間です。こだわりの農法で育てたおいしい苺を味わってみたいですね。無料駐車場が70台あるのも安心ですね。
相鉄線ゆめが丘駅より徒歩5分なので、電車でもアクセスもよし。泉区ファーマーズマーケット(ハマっ子)の直売所があるので、立ち寄ってもいいですね。

住所や電話番号など詳細はこちら


ゆめが丘農園


【4】小泉農園

川崎でもこだわりの苺が食べられます!

川崎市宮前区平にある小泉農園は、畑では野菜・いちご・ハーブを、環境保全・減農薬型の農法で作っている農園です。
農園で育った野菜を使った漬物、お酢、焼き菓子など、加工品も手作りしていて購入できるようです。お土産にもいいですね。

住所や電話番号など詳細はこちら


小泉農園


まとめ


苺狩りといえば、昔は盛り土の上に黒いシートをかぶせたところから苺を探していましたね。今では、どちらの農園も高設栽培なので、驚きました!
苺は、ヘタ側より先端が甘くなっているので、ヘタを最初にとってヘタ側から食べると、甘みを堪能できて美味しく食べれますよ。ハウスの中は、暖かいので重ね着などで温度調整しやすい洋服がよいかもしれませんね。
いちごの発育状況によっては、いちご狩りができない日もあるので、事前にHPや電話で確認してからおでかけしましょう。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


1. ひでくんちのいちご畑&やさい畑


2. 徳江農園


3. ゆめが丘農園


4. 小泉農園


「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード