ビルが沢山ある東京都ですが、実は梅の名所が多く存在します。是非、沢山ある名所を回っていち早く春を感じてみたいですね。
 
梅の花名所、花見東京、梅の画像出典:weheartit.com/※ 写真はイメージです
 
 

【1】湯島天神|2月上旬〜3月上旬


新東京100景と梅のコントラスト


梅の花名所、花見東京、湯島天神の画像出典:http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/ume/
 
 
湯島天神は、新東京100景に選ばれるほど景色が素晴らしい事で有名です。合格祈願などで、行った事がある方もいるのではないでしょうか。
 
湯島天神は、梅の名所としても知られています。約300本の白梅が、香り豊かに咲き誇っています。2月8日(日)〜3月7日(土)まで毎週梅祭りが行われています。
 
パフォーマンスショーや太鼓の奉納、茶会に奉納演芸など多くのイベントが開催されます。特に、2月22日(日)の日曜日はゆるきゃらで人気があるくまもんが遊びにきてくれるそうです。
 
小さな子ども連れでも、ご家族揃って楽しめるイベントになっています。ベビーカーでの散歩も良いかもしれません。
 
また、2月14日(土)から始まる物産展は、時期ごとに開催される県が変わっていくので、梅の見ごろに合わせながら、数回行って見るのも楽しいと思います。
 
駐車場2か所用意されていますが、混雑が予想されます。ご来場の際には、電車か近くのエリアに駐車し、歩いて行くことをおすすめします。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


湯島天神


 
 

【2】小石川後楽園|2月中旬〜3月中旬


水戸徳川家ゆかりの回遊式築山泉水庭園


梅の花名所、花見東京、<br>小石川後楽園の画像出典:By 江戸村のとくぞう (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
 
 
小石川後楽園は、水戸徳川家ゆかりの回遊式築山泉水庭園です。TVの水戸黄門でおなじみの2代光圀が完成させたとして知られています。
 
7万㎡以上の広大な園内には、約90本の紅梅・白梅の梅林が植えられています。花の見頃には、辺り一面に梅の甘い香りが広がり、春を感じることができますよ。
 
梅祭りが平成27年2月7日(土)~3月1日(日)で開催され、イベントも多く開催されています。特に2月22日(日)の大江戸玉すだれは、小さな子どもでも楽しめる大道芸です。
 
水戸の物産展や植木の販売は毎日行われているので、お散歩がてら遊びに行くのも良いかもしれませんね。ただし、駐車場や休憩所が無いので、赤ちゃん連れの際はご注意ください。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


小石川後楽園


 
 

【3】亀戸天神社|2月上旬〜3月上旬


多くの和歌が生まれた土地で、梅を楽しむ


梅の花名所、花見東京、亀戸天神社の画像出典:http://kameidotenjin.or.jp/events/
 
 
亀戸天神社は、歴史の中でも有名な、菅原道真公の子孫である菅原大鳥居信祐公が建立した建物です。当時から梅の季節には、沢山の花が咲き誇り梅の名所として有名だそうです。
 
現在も、約250本の梅が植えられており、早い物は正月ごろから咲き始めるので、長い期間花を楽しむことができます。梅まつりの最中は様々なイベントがあります。
 
また、おむつ替えのスペースがあり、参拝のお客さんが少ない場合には部屋を貸して頂き、授乳する事も可能です。駐車場はありますが、無料のため、大変込み合います。ご来場の際には、公共の交通機関を利用する事をおすすめします。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


亀戸天神社


 
 

【4】向島百花園|2月上旬〜3月上旬


梅と一緒に江戸の大道芸を楽しむ


梅の花名所、花見東京、向島百花園の画像出典:"Mukoujima-Hyakkaen-Fukurokujusondou" by Tokyo-Walk - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.
 
 
向島百花園は江戸時代後期、開園された庭園です。百花園とは「四季百花の乱れ咲く園」と言う意味で、沢山の花々が植えられています。
 
当初から約360本のウメが植えられ梅の名所として「新梅屋敷」と呼ばれ親しまれていたそうです。現在も、沢山の梅が残っており20種類近くの梅を楽しむことができます。
 
特に、梅の開花時期に合わせて行われる梅まつりには毎年多くのお客さんが参加しています。江戸の大道芸などの伝統芸能を楽しむこともできます。
 
2月28日(土)に開かれる『梅を味わう』というイベントでは、自分で作った和菓子を梅を見ながら食べることができます。
 
和菓子作りは、珍しい体験なので、参加されると良い思い出になりそうですね。FAXやメールで事前申し込み制(定員は25名)になっていますのでご注意ください。
 
 

住所や電話番号など詳細はこちら


向島百花園


 
 

まとめ


いかがでしたでしょうか? 一見、自然が少なく感じる東京ですが、多くの梅の名所が存在します。多くの場所で梅まつりが開かれており、沢山のイベントが開催されています。
 
まだ花を見るだけでは満足できない子供たちも、多くの楽しいイベントを体験する事により飽きる事無く時間を過ごせるのではないでしょうか。是非、家族皆で梅を楽しんでみましょう!
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


1. 湯島天神


 

2. 小石川後楽園


 

3. 亀戸天神社


 

4. 向島百花園


 
 

「【特集】これだけは押さえたい!"今が旬"の子連れスポットまとめ」へ

・掲載内容や連絡先等は、現在と異なる場合があります。
・表示価格は、改正前の消費税率で掲載されている場合があります。ご了承ください。

関連するキーワード